湖山風景図/wikipediaより引用

江戸

佐竹義敦が確立した秋田蘭画~精緻なデッサン力が江戸時代とは思えない!

天明五年(1785年)6月1日は、第八代秋田藩主・佐竹義敦(よしあつ)が亡くなった日です。

時代的には十代将軍・徳川家治の頃の秋田藩主ですね。

江戸中期の大名=苦労人というのがセオリーですが、ご多分に漏れず義敦も中々の苦労をしています。

同時に「秋田蘭画」という面白い絵も確立したりしていて、なかなか興味深い御方でもあります。

早速、見て参りましょう。

 

秋田騒動の余韻冷めやらぬうちに藩主となり

佐竹義敦は1758年、10歳のときに父親が亡くなり、藩主を継ぎました。

幼少期から江戸で過ごしており、その7年後の1765年、初めて国元入りした際、秋田藩の財布はまさにスカンピン。度重なる飢饉で藩の懐は寂しくなり、農民の数も激減しておりました。

半世紀ほど前のお家騒動の余波がまだ残っていたのです。

このお家騒動はそのまんま「秋田騒動」と呼ばれています。

ひとことで言うと「もともとトンデモなかった借金が、藩主の後継問題・政策の失敗・飢饉のトリプルコンボをくらって最悪になった」という感じ。

不幸コレクションのようで聞いてるほうがトゥライ……。

残念ながら、義敦はこの問題を解決することはできません。彼の名は、全く別の分野で特記されることになるのです。

佐竹義敦/wikipediaより引用

 

和洋の技術を取り込んだ「秋田蘭画」の技法を確立

その頃、秋田藩にはあの平賀源内がやってきていました。

鉱山開発のため、彼の知識が必要とされたのです。

平賀源内の最期は獄死だった?エレキテルは彼の発明じゃない!?

続きを見る

はるばる秋田までやって来た源内は、一人の秋田藩士と出会いました。

小田野直武(おだの なおたけ)という人で、源内は彼の絵心を見抜き、「試しに西洋のやり方で描いてごらん」と助言。

実際に、直武が源内の言う手法を取り入れて描いてみると、日本画と西洋画の技術がうまく融合した、全く違う絵ができあがったのです。

この変わった絵の話を聞いた義敦は、早速、直武を召し出しました。

元々義敦と直武は年も近く、その上興味のある分野も同じだったわけですから、打ち解けやすかったのかもしれません。

以降、義敦は直武を絵の師と仰ぐようになります。

小田野直武『東叡山不忍池』/wikipediaより引用

彼らの描く、日本と西洋の技術が融け合った絵は、「秋田蘭画」と呼ばれるほど高い評価を得るようになりました。

日本画をベースに陰影や立体感などが加わった手法で、義敦を通じてときの蘭癖大名(らんぺきだいみょう・オランダ西洋式を好む大名)にも広まっていきます。

有名どころでは、以前当コーナーでも取り上げた細川重賢などがいます。

神をも恐れぬスーパー合理主義者・細川重賢 「肥後の鳳凰」が藩財政を建て直す

続きを見る

熊本藩の財政改革に成功した人で、いかにも節倹に厳しそうな感じがしますが、芸術に理解があったというのは意外ですね。

蘭癖大名と言われていたからでしょうか。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.