水野忠辰と主君押込

江戸時代

これぞ老害~水野忠辰の足を引っ張り「主君押込」に追い込んだ重臣たち

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
水野忠辰
をクリックお願いします。

 

家格を問わない実力人事が重臣たちの反感を買い……

成果が出たことで安心した忠辰は、次のステップに進みます。

江戸で暮らしていたときの近習たちを含め、家格を問わず実力のある者を登用しました。目をかけられた彼らもよく働き、忠辰とともに領民から慕われるようになっていきます。

どこもかしこもビンボーな江戸時代に、年貢の減免ができたというのですから、いかに人材に恵まれていたかがわかるというものです。

しかし、これが面白くないのは、岡崎藩で代々お偉いさんを務めてきた家の人達です。

「殿はどこの馬の骨ともわからんやつらばかりを重用して、ワシらのことはないがしろにする!」

そういった妬みを爆発させ、改革の邪魔をしたのです。

まぁ、嫉妬は男女問わず起こるものですけれど、それにしたって、せっかくうまくいっているのに「ワシの出番が無いから」なんて理由で、主の邪魔をするとはおかしな話でしょう。

ただ、実務を一番良くわかっているのも、そうしたお偉いさんの面々。若手と家老の間で連携が取れなくなったことにより、忠辰の思い描く改革は頓挫してしまいました。

仕方なく忠辰は、若手の重役を罷免して家老のご機嫌を取りましたが、一度スネた家老たちはやっぱり言うことを聞きません。

忠辰自身がまだ20代の若者であったことも、おそらく理由の一つかもしれません。

要するに「若者がワシらより活躍するのは許せん」というわけです。

これぞ、ザ・老害!

 

ヤケクソで酒、女じゃあああああああ!

にっちもさっちもいかなくなってしまった忠辰は、ヤケになって酒色に溺れ始めました。

生母の順性院は我が子と藩の状況を憂いて、度々諫言をしましたが、効果なし。

ついに順性院は自らの命をもって諌めようとするも、かえって忠辰は遊女を身請けするなどして荒れつづけます。

こうなるともう誰にも止められず、宝暦二年のこの日、ついに強制隠居させられた……というわけです。

荒れた生活で体も弱っていたのか。

それから半年もせずに忠辰も亡くなってしまいました。

まだ28歳でした。

本来ならば長生きして立派に藩を立て直していただろう―ーそう思うと、残念でならない話です。

「手段と目的を間違えるとロクなことにならない」という類の話ですが、家老たちは一体何がしたかったんでしょうね。

みんなが読んでる関連記事

酒乱や暴力でお取り潰しになった大名たち
酒乱、暴力、乱心で取潰しになった12名の大名「藩主はつらいよ」

続きを見る

池田継政
江戸時代で最もフシギな離婚劇 なぜ池田継政は伊達の嫁を送り返した

続きを見る

仙石騒動
江戸三大お家騒動の一つ・仙石騒動~財政問題が幕府を巻き込み大騒動へ

続きを見る

本多政勝
忠勝が草葉の陰でブチギレ「九・六騒動」を起こした本多政勝と政利

続きを見る

越後騒動
越前松平家の越後騒動がメチャクチャだ 最後は綱吉も絡んで切腹だ!

続きを見る

於大の方(伝通院)
家康の母「於大の方」はなぜ出産後すぐに離縁となった?75年の生涯

続きを見る

水野勝成
家康の従兄弟・水野勝成は戦国最強武将か 全国流浪したリアル傾奇者

続きを見る

水野信元
家康の伯父・水野信元が織田徳川同盟のカギ 最期は信長に死を命じられ

続きを見る

松賀族之助と小姓騒動
ゲス侍・松賀族之助と小姓騒動~妊婦の妻を献上して御家乗っ取り画策

続きを見る

小笠原忠固と白黒騒動
幕府の老中になりたい!と家臣に無茶振り~小笠原忠固の白黒騒動

続きを見る

二の丸騒動・高島城
二の丸騒動(諏訪藩)は主君の諏訪忠厚がバカ殿だから起きたのか?

続きを見る

名張騒動
織田と豊臣の重臣末裔が起こした「名張騒動」悲劇の名張藤堂家邸跡へ

続きを見る

松平正容
女難が次々と降りかかる 会津・松平正容の『側室継室トラブル物語』

続きを見る

伊達綱宗
政宗の孫・伊達綱宗と伊達騒動!遊び呆けて東北の雄藩も危うく改易

続きを見る

お由羅騒動(お由羅の方)
幕末薩摩の内紛・お由羅騒動!狙われたお由羅の方は生き残れたか?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
水野忠辰/wikipedia

『江戸大名 (知れば知るほど)』(→amazon

TOPページへ

 



-江戸時代
-

×