細川宗孝

細川宗孝/wikipediaより引用

江戸時代

家紋が似ていて斬殺された細川宗孝~伊達宗村の機転が熊本藩を救う

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
細川宗孝
をクリックお願いします。

 

「まだ生きてる」と助け舟を出したのは伊達宗村

「これはとんだご災難、早く手当てをせねば命が危うい。さぁさぁ、細川の衆、早く主をお連れせよ」(※イメージです)

と、わざとらし……もとい、迫真の演技をしてくれた大名がいました。

それはかつて細川忠興と諸々の珍エピソードを生み出した伊達政宗……ではなく、その子孫・伊達宗村。

仙台藩の六代目藩主です。

伊達宗村/wikipediaより引用

しかし、この白々し……堂々とした言い回しに、細川家一同はハッと我に返ります。

「そうだ、今なら公方様にバレていない。まだ間に合う!」

そう思い直して宗村に頭を下げ拝みつつ(※イメージです)、慌てて熊本藩邸へ宗孝を”連れて”行きました。

こうして表向きは「江戸城内で殺人未遂事件が起き、宗孝は後日亡くなった」として処理され、丸く収まったのです。

「結局子供がいないんだからダメじゃん」とはならないのが江戸幕府のアタマ固いんだか柔らかいんだかわからないところ。

この頃は「死に際になってから養子を迎えておk」という”末期まつご養子”の制度が確立しており、細川家はこれを使って難を逃れたのでした。

 

跡を継いだのは江戸期の名君・重賢だった

養子に選ばれたのは宗孝の弟・細川重賢(ほそかわしげかた)でした。

後に「肥後の鳳凰」と称えられ、江戸中期屈指の名君として語り継がれることになる人です。

その辺のお話は以前取り上げておりますので、よろしければどうぞ。

細川重賢
肥後の鳳凰こと細川重賢~神をも恐れぬ合理主義者が藩財政を建て直す

続きを見る

何だか話がデキ過ぎのような気もしますが事実です。

「勝該は人違いでなく日頃からの恨みがあって宗孝を襲った」説もありますけども、とりあえず定説のほうで書かせていただきました。

ひょっとしたら、宗孝と宗村の背後でご先祖同士が相談でもしてたのかもしれません。あの二人ならそのくらいできそうな気がします。

ちなみに犯人の勝該は、即座に捕まり、8月23日に切腹を言いつけられました。

切腹は名誉刑ですから、武士の面目を保たせてもらえたことにはなりますね。

殺されるはずだった勝清については全くお咎めなく、その後も寺社奉行や側用人などの要職を務め、老中にまで登りつめて天寿を全うしました。

みんなが読んでる関連記事

赤穂事件(赤穂浪士討ち入り)
赤穂事件=赤穂浪士の討ち入りはテロ事件?史実はどのように進んだか

続きを見る

忠臣蔵
『忠臣蔵』と史実の赤穂事件は何がどう違う?幕府監視下での公演

続きを見る

将軍様お膝元の江戸城で七度も勃発!切った張ったの刃傷事件全まとめ

続きを見る

細川忠興
名門武家の御曹司・細川忠興はキレ体質?妻を偏愛した生涯83年とは

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~されど本能寺後は

続きを見る

蜂須賀茂韶
庚午事変(稲田騒動)のグダグダは秀吉と小六のファジーな判断が原因か

続きを見る

二の丸騒動・高島城
二の丸騒動(諏訪藩)は主君の諏訪忠厚がバカ殿だから起きたのか?

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
日本人名大辞典
氏家幹人『幕臣伝説 (歴史新書y 48)』(→amazon
氏家幹人『旗本御家人 (歴史新書y)』(→amazon
細川宗孝/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-

×