明治・大正・昭和

クラーク博士が帰国後に破産!?「少年よ大志を抱け」の後に訪れた悲劇

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
クラーク博士
をクリックお願いします。

 

どこに出しても恥をかかないような人間、というところでしょうか。

あいまいといえばあいまいですが、こんな単純なことでも、人によって捉え方はずいぶん変わります。

つまり、最初の第一歩から「自分で考えて行動しろ」というメッセージだったわけです。

いくら生徒たちも選りすぐりのエリートが選ばれていたとはいえ、この時期の日本人が英語での教訓を正しく受け取れたのか、という問題はこの際置いておきましょう。

「日本男児」も「紳士」とある意味似通っているところはありますから、それなりの歳で常識を身に着けていれば、ウィリアムのお眼鏡にはかなったのではないでしょうか。

 

「少年よ、大志を抱け!」と同時に生徒たちとも文通

こうして「全編英語の講義で異国の技術を学ぶ」というハードモードで始まった札幌農学校。

キリスト教を半ば強制するような訓示など、現代の我々からすると「?」と思うものもありますが、やがてウィリアムと生徒たちの間も打ち解け、あっという間に時が過ぎて行きました。

そして出立の日。

例の
「少年よ、大志を抱け!」
という言葉を残して去った……といいたいところですが、この発言そのままに言ったかどうかは疑問があるそうで。まあ、言葉ってそんなものですよね。

「”少年よ~”は、生徒の記録した台詞(何故か漢語)の逆翻訳」とも言われ、まぁ、だいたい似たような意味のことを言っていたのでしょう。こまけえこたあいいんだよ。

もう一つ、ウィリアムが生徒たちに残した発言があります。

「ときどきでいいから、私に手紙を書いてほしい」というものです。

「たったそれだけ?」

そう思う方も多いでしょうが、この時代に欧米人が一時の生徒に過ぎない日本人に対して、「私が離れた後、どうしているか教えてくれ」と言うのは、相当のことです。

きっとウィリアムは、単なる仕事としてだけではなく、愛情を持って教鞭をとっていたのでしょう。

実際に、帰国してからも何人かの生徒とは頻繁に文通しています。

 

友人との会社経営に失敗し、破産、そして心臓病

こうしてウィリアムは帰国します。

ただ、残念なことに晩年の生活はあまり愉快なものではなかったようです。

マサチューセッツ農科大学を辞めて新しい大学を作ろうとして失敗。教職を離れて知人と会社経営を始めたものの、これも失敗して破産してしまいます。

破産に関する裁判で揉めに揉め、さらに心臓病で健康と命まで失ってしまいました。あわわわわ(`;ω;´)

彼の晩年を知ると「手紙を書いてくれ」という言葉がまるで帰国後の悲惨さを予見していたかのように思えてきます。

さまざまな苦難に見舞われる中、教え子からの手紙がウィリアムの癒やしになったことを願ってやみません。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

明治天皇や西郷の肖像画を描いたキヨッソーネ あの写真は彼の絵だった!

続きを見る

米国人フェノロサが日本文化を救う~法隆寺夢殿で何百年も続いた封印を!

続きを見る

ニッポン大好き幕末外交官アーネスト・サトウ「佐藤さん」ではございません

続きを見る

親日家プチャーチンをご存知?日露和親条約を締結した紳士で真摯なロシア人

続きを見る

エルヴィン・フォン・ベルツ お雇い外国人から見た日本の良いとこ悪いとこ

続きを見る

源氏物語&枕草子を英訳したウェイリーと古事記英語版のチェンバレンが凄い!

続きを見る

元祖ニッポンダイスキ外国人、大集合!レオン・ド・ロニーが第一人者?

続きを見る

新島八重86年の生涯~最強の女スナイパーが同志社&赤十字に身を捧ぐ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
片野勧『明治お雇い外国人とその弟子たち (日本語)』(→amazon
ウィリアム・スミス・クラーク/Wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.