第七師団

ゴールデンカムイ13巻/amazonより引用

明治・大正・昭和

第七師団はゴールデンカムイでなぜ敵役?屯田兵時代からの過酷な歴史

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
第七師団
をクリックお願いします。

 

鶴見と愉快な仲間たちは、それでいいのか!

こうした他の師団にはない特徴を振り返って来て、私なりの結論に達しました。

【鶴見中尉は極悪非道、許されない】

まったくもって鶴見のしていることは酷いの一言。

鶴見の陰謀によって連れ回され、犠牲にすらなっていく――そんな第七師団の兵士には、故郷で待つ妻や母がいるのかもしれません。

日露戦争が終わったのに、あの人はいつ帰ってくるのか。そう思いながら、畑を耕す……って、気の毒すぎるでしょう!

鶴見はさっさと彼らを故郷に戻らせるべきです。

あいつのしていることは、許されないことですよ!

※面白いけど許されんぞぉ!

そしてそんな鶴見が好きすぎて気持ち悪い人物、鯉登少尉。

彼がおかしな存在であることも、歴史的経緯を考察すると見えてきます。

戊辰戦争負け組が多い中で、薩摩という勝ち組ど真ん中

・開拓や屯田兵のゴタゴタにも、当然、薩摩は関与している

・開拓なんて知らない苦労知らず

・日露戦争の経験もない

・第七師団からすれば、存在そのものが不愉快といってもいいかも

そんな浮いている彼を救ったのが、鶴見かもしれません。

しかし、鶴見は花沢幸次郎を謀殺し、鯉登をまんまと騙しているわけでして。

歴史的経緯からみても、鯉登はあからさまにおかしい、浮いている。

変な存在だということは、今後の展開に影響を与えるのかもしれません。

 

第七師団はなぜ悪役なのか?

ここで最初の疑問に戻りましょう。

第七師団は、なぜ敵なのか?

本拠地である軍都・旭川が、アイヌの収奪の上で成立していることも考えられます。

アシリパと杉元からすれば、敵で当然と言えるのです。

そして、もう一つ。

鶴見のしていることは極悪非道ではありますが、その動機の根底には第七師団が受けてきた仕打ちへの反発があります。

鶴見は悪い。

しかし、鶴見が告発しているからこそ、北海道の歴史と第七師団の持つ暗いものが見えてくる。

そこを暴く鶴見という人物は、『ゴールデンカムイ』もう一人の主人公とも言えるのでしょう。

あわせて読みたい関連記事

屯田兵
屯田兵 知られざる北海道の始まり――北の大地は士族や伊達家が耕した!?

続きを見る

北海道開拓
北海道開拓はとにかく過酷!明治維新敗者 屯田兵 新選組 囚人 ヒグマ

続きを見る

『ゴールデンカムイ』主要キャラ9名の出自やルーツ 史実からのマトメ

続きを見る

倒幕
西郷が強引に進めた武力倒幕~岩倉や薩摩藩は下策としていたのになぜ?

続きを見る

赤松小三郎
幕末の知られざる英雄・赤松小三郎~人斬り半次郎と薩摩藩士らに殺された?

続きを見る

松浦武四郎
蝦夷地を北海道と名付けた松浦武四郎~アイヌ搾取の暴虐に抵抗する

続きを見る

戊辰戦争
戊辰戦争のリアルは過酷だ~生活の場が戦場となり食料奪われ殺害され

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
金倉義慧『遥かなる屯田兵 もう一つの北海道民衆史』(→amazon
鈴木常夫『北海道に渡った仙台藩士たち』(→amazon
加藤博文/若園雄志郎『いま学ぶ アイヌ民族の歴史』(→amazon

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-