後三条天皇

後三条天皇/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

後三条天皇が道長一派の政権卍固めをぶっ壊~す! そして白河院政へ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
後三条天皇
をクリックお願いします。

 

何もかも上手く行かない摂関家

一方、摂関家にとっては危機でしかないこの状況に対し、彼らは兄弟で対立。

そればかりか後三条天皇と釣り合う年頃の姫がおらず、決定打に欠け、どんどん衰えていきます。

藤原氏全体で見ると、後三条天皇に嫁いだ姫はいるのですが、その女性自身が若くして亡くなったり、子供に恵まれなかったり……。

政治的な成功を収めることはできません。

逆に、こうして後三条天皇は基盤を固めていくことができたのですね。

外交面でも変化がありました。

例えば現在の青森県全域が朝廷の支配下に入り、北海道と沖縄を除く「本州全域と四国・九州と周辺の島々」がこの時代の「日本」となっております。

 

長男の白河天皇に譲位すると半年で……

こうして数々の功績を打ち立てた後三条天皇。

それだけにストレスやプレッシャーは大きなものだったのかもしれません。徐々に健康面での不安が表面化してきたようです。

即位したのが34歳で、当時としては寿命が近づきつつあった頃でしたしね。

長男・白河天皇に譲位して半年で御崩御となりましたから、本当にギリギリのタイミングでした。

白河天皇は譲位後に院政を推し進め、藤原氏が外戚として政治に大きく介入することはなくなり、次に院政の時代が続きます。

皇室の密かな悲願が達成されたといえるかもしれません。

白河天皇
白河天皇(上皇/法皇)の院政はなぜ始まった?藤原摂関家を排除して

続きを見る

“後”のつかない三条天皇は、道長にイビられまくった上に眼を病み、不本意ながらに譲位した……という方でしたから、同じ諡号を持つ後三条天皇の功績を、きっと喜んでいたでしょう。

三条天皇
三条天皇が40歳で譲位へ 道長に追いやられた無念は後三条天皇で晴らす

続きを見る

その後、白河天皇の行状によってまた別の問題が出てきて、源平時代から武家政権の時代に流れていくのですが……まさに「歴史は小説より奇なり」……といったところでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

藤原頼通
日本一の権力者その跡継ぎ 藤原頼通(道長の長男)はどんな人だった

続きを見る

藤原彰子
藤原彰子(道長の娘)日本で最も権力を有した男の娘は幸せだったか

続きを見る

藤原道長
実は出世の見込みなかった藤原道長の生涯 なぜ最強の権力者に?

続きを見る

白河天皇
白河天皇(上皇/法皇)の院政はなぜ始まった?藤原摂関家を排除して

続きを見る

三条天皇
三条天皇が40歳で譲位へ 道長に追いやられた無念は後三条天皇で晴らす

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
歴史読本編集部『歴代天皇125代総覧 (新人物文庫)』(→amazon
後三条天皇/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-,

×