平安時代

『紫式部日記絵巻』の藤原道長/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

平安時代を一気に読む!親政に始まり摂関家絶頂期を経て院と武士へ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
平安時代
をクリックお願いします。

 

③院政と武士の台頭

藤原摂関家の権力が衰え、代わって平家が台頭。

しかし源氏に討たれる。

この平家ノリノリの時代から鎌倉幕府までの期間が平安時代の第3期「武士の台頭」ですね。

具体的には【保元の乱(1156年)】や【平治の乱(1160年)】を機に始まり、1185年(あるいは1180年とか1192年)に鎌倉幕府が始まるまでと見ることができましょう。

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原! 対立関係を把握すればわかる!

続きを見る

平治の乱
源平の合戦というより政争?平治の乱で勝利を収めた清盛の政治力とは

続きを見る

短い期間で次々に戦争が起き、かなり物騒な時代でした。

しかし、文化的な発展もありました。

京では仏教関連の建築や造像が盛んになったり、平泉では奥州藤原氏による絢爛豪華な文化が花開いたり。

また、後白河上皇の愛した「今様」や、各種軍記物語、歴史物語も盛んに作られるようになっています。

いわゆる『鏡物』と呼ばれるものや、古文でお馴染みの平家物語などですね。

他には、鎌倉文化として習うことが多い随筆『方丈記』には、実はこの時期の天災が数多く記録されています。

鴨長明方丈記
『方丈記』って災害ノンフィクション? 日本三大随筆を比較してみた

続きを見る

 

庶民に関する記録は少ない

……とまあ、期間が長くてやっぱりややこしいのですが、他の時代と比べてもう一つ特徴があることに、皆様お気づきでしょうか。

平安時代では、庶民の生活や文化が話題に上ることがほとんどないのです。

同じ古代でも、飛鳥時代には聖徳太子などが貧者救済に動いていたり、奈良時代には山上憶良が貧窮問答歌を作っていたりするのですが。

理由はシンプル。

庶民に関する記録が乏しいから。

豪華な寝殿造のお屋敷が多々作られる一方で、地方の庶民は竪穴式住居(竪穴住居跡)に住んでいることも珍しくなかった……というのが平安時代でした。

東北地方では、室町時代まで竪穴式住居だったところもあるようですね。

例外は『土佐日記』くらいでしょうか。

半分フィクションのようなものですが、ちょこちょこ庶民やその子供などの描写があります。

もしかしたらその後の戦災・天災で庶民に関する記録が失われてしまっただけなのかもしれませんが、平安時代の話題が「政変・戦乱 or 文化」の両極端になりやすく、イメージ湧きにくいのは、そういう理由があります。

この時代を手っ取り早く慣れ親しむには、やはり『あさきゆめみし』(→amazon)をはじめとした平安期の【漫画】を読むことでしょうか。

最近は菅原道真を主人公とした『応天の門』(→amazon)なども人気ですし、2024年大河ドラマ『光る君へ』では紫式部が主役となりますし。

しばらく熱い時代が続きそうです。

あわせて読みたい関連記事

桓武天皇
桓武天皇のパワフル生涯!遷都のほか様々な改革を実行できたのはなぜ?

続きを見る

遣唐使
命を懸けてまで渡海した「遣唐使」は何が目的でなぜ廃止された?

続きを見る

弘法大師空海
弘法大師空海の生涯と功績~日本密教の祖にして至高の文化人だった

続きを見る

貞観大噴火
有史最大クラス!富士山の貞観大噴火(864~866年)が樹海を作る

続きを見る

薬子の変
薬子の変って実はインパクトでかっ!藤原北家の大天下が始まる

続きを見る

まんが日本史ブギウギ36話 藤原仲成に待っていたのは残酷な最期だった

続きを見る

平将門の乱
平将門の乱はいつどこでナゼ起きた?首塚伝説を含めてスッキリまとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
平安時代/wikipedia

TOPページへ

 



-飛鳥・奈良・平安
-

×