飛鳥・奈良・平安 光る君へ

なぜ藤原定子は自ら髪を切った?一条天皇の愛に支えられた儚き一生

正暦元年(990年)の1月25日、藤原定子(さだこ/ていし)が入内(後宮入り)しました。

大河ドラマ『光る君へ』で高畑充希さんが演じる姫ですね。

彼女は『枕草子』の作者・清少納言が仕えたことで有名でしょうか。

もしくは史上初の(そして大ブーイングをくらった)「一帝二后」のうちの一人として覚えている人もいるかもしれません。

ブーイングの対象は定子ではなく、ゴリ押しした藤原道長なんですが、ともかく藤原定子の生涯を見てまいりましょう。


子供を生んでから次々に苦難が

当時は藤原氏の全盛期で、皇后や女御(にょうご・後宮における位一つ・天皇のお手つきがよく出る)は藤原氏出身でなければ、ほぼなれないような状態でした。

藤原定子も最初は女御、そして後に中宮となっています。

このとき定子は満13歳、一条天皇は満10歳。

形としては姉さん女房ですが、二人とも幼かったからか、そうしたトラブルはなく仲の良い夫婦だったようです。

仲がよければ子供ができるのも道理で、5年後には二人の間に新しい命を授かります。

定子にとってはこの頃が人生で一番幸せな時期だったでしょう。

後は出産を待つばかり――そうなった定子へ次々と苦難が襲い掛かります。

まずは父・藤原道隆(道長の兄)が病気で亡くなってしまいました(母は高階貴子)。

※以下は藤原道隆と高階貴子の関連記事となります

藤原道隆
なぜ藤原道隆は弟の道長に権力の座を奪われたのか?光る君へ井浦新

続きを見る

高階貴子
高階貴子~道隆の妻で定子の母はどんな女性だった?光る君へ板谷由夏

続きを見る

この死因というのが流行り病ではなく、今でいう糖尿病にあたるためさらに悲劇が続いてしまいます。

もし関白の道隆が流行り病で亡くなっていれば、周りの貴族もバタバタやられていたでしょうからね。

皮肉な事に、道隆の弟・道長にとってはこれが絶好のチャンスになってしまいました。

藤原道長
藤原道長は出世の見込み薄い五男だった なのになぜ最強の権力者に?

続きを見る

 


兄弟の不祥事に連座 身重ながら出家

さらには天が道長に味方したかのように、藤原定子の兄弟たちが花山法皇(一条天皇の先代・血筋的には従兄)に矢を射掛けるというとんでもない事件を起こします。

『光る君へ』で異彩を放つ花山天皇は即位後に実際何をしたのか?

続きを見る

兄の藤原伊周(これちか)が「オレが目をつけてた女に法皇が手をつけようとしてやがる、出家したくせに許せん!」として襲いかかったのですが、実は法皇のお目当ては別の人で、たまたま相手の女性二人が姉妹だったため勘違いしたという悲しいオチ……。

誤解していたことに気付いた伊周は真っ青になりました。

藤原伊周
藤原伊周が長徳の変でヘタこいた~女性トラブルで放った矢が花山法皇へ

続きを見る

法皇は法皇で体裁が悪かったので、自らこの件を騒ぎ立てたりはしません。

ただし、名目や経緯はどうあれ、法皇に弓を引いたという一大事がそういつまでもバレないわけはありません。

人の口に戸は立てられないし、おそらくは法皇か伊周の従者あたりから漏れたのでしょう。

当然、伊周と加担した弟・隆家は流罪。

定子も兄弟が二人揃って流されたからにはそのままでいることはできず、身重ながらに出家して責任を取りました。

 

母が亡くなり家も燃え それでも内親王を出産

宮中では出産が穢れとされていたので、藤原定子は別の場所にいました。

しかし、藤原伊周と藤原隆家が引き立てられていくのを見たのがあまりに衝撃的だったようで、自らはさみを取って髪を切り落としたと言います。

この時代、貴族の女性が髪を肩まで切りそろえるのは、子供の頃か尼になるときに限られ、どちらも人に切ってもらうのが当たり前。

末法思想(もうすぐこの世は仏様のご加護がなくなってしまうという世紀末思想)が広く信じられ、ある程度の歳になれば貴族は出家していましたので、定子がその作法を全く知らなかったということは考えにくい。

ということは、兄弟がしょっ引かれるところを見てしまったのが辛かったのでしょう。

さらに、同じ年のうちに滞在していた二条宮が燃えたり、母・高階貴子(たかしなのきし/たかこ)が亡くなるなど立て続けの不幸に見舞われた定子は、それでも力を振り絞って内親王を出産します。

一条天皇にとっては初めての子供でしたから、今か今かと待ち望んでいたようです。

娘だけを引き取る事もできたでしょうが、その母にもよくよく会いたかったと見えて、なんと出家した定子を再び宮中に招き入れてしまいました。

このときの一条天皇はまさに”本気と書いてマジと読む”状態だったそうです。

反対する貴族達を押し切り、母の東三条院(藤原詮子)や道長を味方につけ、遠慮する定子本人にすら「あなたのおじいさんが”定子に男の子が生まれる夢を見た”というんだ。きっと予知夢に違いない!」と言って説き伏せたとか。

愛の力すげえすね。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-, ,

×