飛鳥・奈良・平安時代 まんが日本史ブギウギ

【斬新日本史マンガ】欠けなかった望月が、墜ちて間もなく河内源氏

娘を次々に入内させ、図らずも藤原のピークを迎えてしまう藤原道長さん。

この偉大なる政治家は、後に、息子の頼通へバトンを渡すことで知られていますが、時を同じくして、このころ後の天下人となる源氏が着々と基盤を固めていくのでした。

複数ある源氏の中でも武芸力No.1の戦闘民族・河内源氏たち。
彼らはいかにして力をつけていったのか?

マンガ「日本史ブギウギ」、第57話、スタート!

 

最後のピース

 

そして望月

 

最年少摂政

そして頼通さんはどうなったか?と申しますと……。

96197

 

長元の乱

 

兵と書いてツワモノ

 

顛末

 

陸奥守

 

安倍親子

次週へ続く!

道長墜つて次は院政&武士の時代。

平安末期のマトメは以下の記事をご参照くださーい!

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ?院政と合わせて確認だ!

藤 ...

続きを見る

 

意外と知らない日本史モヤモヤ

桓武天皇平安初期
平清盛と平安末期
・出世の見込みなかった藤原道長
・嫌味なオンナ?清少納言
・引きこもりがち?紫式部
・モヤモヤするよね?官位位階
・無味乾燥だけど知ればオモロイ官職二官八省
・関白とか検非違使とか令外官
・その土地誰のもの?荘園
・皇族→臣下へ臣籍降下
・藤原北家の台頭始まる薬子の変
・嵯峨派と淳和派のバトル承和の変
・火事、マジやば応天門の変
・首がぶっ飛び!平将門の乱
・貴族なのに暴れすぎ!藤原純友の乱
・平和だったなぁ…延喜・天暦の治
・貴族かっ!桓武平氏
・内輪揉めLOVEな清和源氏
・平安版の関ヶ原保元の乱
・実はオモシロ平治の乱
・命がけって怖い遣唐使

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 

 



-飛鳥・奈良・平安時代, まんが日本史ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.