歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

実は前田家も関が原に間に合っておりませぬ。そもそも利家は既に亡くなってますが……(富永商太・絵)

歴史・戦国NEWS

まじ?前田利家は加賀百万石じゃなかった!能登四十万石?

更新日:

秀吉「又佐よ、おさななじみのおみゃーに加賀百万石をやる」
前田利家「ありがたき!」
なんてシーンを思い浮かべてる歴史ファンが多いのではないだろうか?
だが、こんな台詞はまず存在しなかった。

 

利家は能登八十万石の大名!?

本郷和人東大史料編纂所教授(日本中世史)が週刊新潮の連載「戦国時代のROE」で、本日発売号と前号の2週にわたって謎解きをしてみせた。ぜひじっくりと雑誌を買って読んで欲しいがおおまかに内容を要約すると、

秀吉からもらったのは「加賀(の半分)」「能登」「越中」の3か国で、そもそも「加賀」全部でない。しかも、これをカウントしてみると、
「加賀半国」20万石
「能登」20万石
「越中」40万石

と、合わせて80万石しかない。
しかも、このうち40万石は嫡男の利長のものなので、利家本人の領国は40万石しかなかった。
利家は最大でも80万石大名だったのだ。あえていえば「能登80万石」だろうか。もっとも中心は加賀半国内の金沢城に置いたのだが。
戦国時代に詳しい人は、前田家は関ヶ原の論功で加賀の残りを追加されて100万石になったんだ、ドヤという方もいるだろう。筆者もその筋だ(苦笑)。
ところが本郷教授の分析を読んでいくと、関ヶ原後に追加されたのは大聖寺領6万石と小松領なのだが、その石高はそれぞれ6万石と12万石。
計98万石
おぅ、四捨五入で100万石か!よしよい!
ところが、答えはこれではない。

 

スポンサーリンク

検地したら100万石を軽く突破

話はこれで終わらず、その後前田家はもらった3国を検地したところ
加賀44万石(15・7%増)
能登21万石(5%増)
越中53万石(32・5%増)
合わせて118万石になったのだ。
なんと加賀百万石ではなく、一一八万石。それにしても越中のポテンシャル高いな。




スポンサーリンク


話はこれでも終わらず、ここからたくみな操作で「加賀百万石」へと調整される。
3国118万石から、富山藩10万石と大聖寺藩7万石が息子たちに分配されたことで、加賀一〇二万石になったのだ!おお! ほぼぴったり!
九八万石から一〇二万石まで、百万石との差はわずか上下2%。見事なり「加賀百万石」。
さらに歴史的な考察や詳細は、週刊新潮をごらんください。

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-歴史・戦国NEWS
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.