歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 週刊武春

坂本龍馬暗殺の謎は解けていた!「お~い竜馬」は当たりか?

更新日:

日本史の教科書から外すべきとの提言が歴史研究者から出されると大きな反響を呼ぶほど日本人にとって知名度の高い坂本龍馬

日本史最大のミステリーと呼ばれるものには色々なものがあるが、その中に必ず出てくるのが「坂本龍馬暗殺」だ。

龍馬を暗殺したのは誰だったのか。
小山ゆう氏の漫画『おーい!竜馬』では、暗殺犯はよくわからない、という描き方をしている。

ただ、本書の解説などを読むと、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』を下地にしていることがわかる。
さてその設定は正しかったのだろうか。

 

各方面に恨み買いすぎな龍馬さん

時勢がコロコロと変わる幕末では、例えば土佐藩主・山内容堂は「酔えば尊王、覚めれば佐幕」と揶揄され、新撰組の伊藤甲子太郎のように「裏切り者めっ!」とかつての仲間に暗殺されてしまうこともままあった。

龍馬も尊王攘夷派の土佐勤王党にいたかと思えば、幕臣の勝海舟の弟子になったりと、時勢を見定め柔軟に立場を変えたので、実は色々なところから恨まれていた。
龍馬暗殺犯、あるいは黒幕については、ざっと挙げても、

京都見廻組説
新撰組説
薩摩藩説
紀州藩説
土佐藩説
それから龍馬と一緒に銃を売った商人グラバー説、
さらには一緒に暗殺され今も隣同士のお墓に眠っている中岡慎太郎説まである。

それぞれそれなりの理由が、あるにはある。
例えば、薩摩藩は、せっかく公家の岩倉具視と画策し、帝から徳川慶喜(よしのぶ)追討の勅使をもらったのに、その同じ日に龍馬のせいで慶喜が大政奉還してしまったおかげで徳川打倒の大義名分を失っていた。また紀州藩は、龍馬率いる海援隊のいろは丸と、紀州藩の船が衝突事故を起こした際の訴訟問題で揉めたうえに敗訴し、徳川御三家としてのプライドを踏みにじられて恨んでいた。

ふるさとの土佐藩説では、下士出身の龍馬の活躍を快く思わない上士、そして遺恨のある土佐藩家老・後藤象二郎と手を組んだ龍馬"裏切り者"だと思う下士、両方の勢力から恨まれていた可能性がある。

そして「死の商人」グラバーは、日本が倒幕側と徳川幕府で真っ二つに割れて内戦になってしまえば、武器を売って大儲けできたのに大政奉還で内戦が起きずにビジネスチャンスを逃したうらみ、ということになっている。

 

スポンサーリンク

中岡慎太郎が黒幕説まで

最も奇異な説は中岡慎太郎説だろう。陸援隊として蜂起して幕府を討伐したかったのに、大政奉還のおかげで戦えなくなったじゃないか、ということになるという。

ただ、中岡慎太郎は、「倒幕のために戦の一字あるのみ」という言葉を残しているため武闘派のイメージがあるが、元は庄屋として民のために尽くした義の人である。さらに中岡慎太郎が残した『時勢論』には、維新後の日本の未来の姿が語られ、なんと日清・日露戦争、そして世界大戦やアメリカとの戦争のことまで言い当てている見識のある人物だ。

彼が姑息な手段で同席している龍馬を暗殺するだろうか、疑問がある。

 

歴史学ではこの謎はすでに解かれていた!

坂本龍馬(Wikipediaより)

ここで現在、最も有力な説を見ていこう。

慶応2年(1866年)1月21日、龍馬の仲介で薩長同盟が結ばれた。その2日後、龍馬は幕府の伏見奉行所の襲撃を受けている。
世に言う寺田屋事件だ。

龍馬は後に妻になるお龍の気転もありなんとか逃げ出すが、ピストルで役人2人を殺してしまった。薩長同盟に関する重要書類が伏見奉行所を通して幕府中枢に渡り、幕府は龍馬を反幕府勢力を結びつける要注意人物だと確信したのだ。
その10か月後に龍馬は暗殺される。

龍馬はお龍との新婚旅行も兼ねて薩摩に行き、再び京都に戻ってからは後藤象二郎と接近して薩摩と土佐を結びつけたり、大政奉還に向けて動き出したりする。
大政奉還を成し遂げた龍馬は、さらに新政府体制についても色々と考えを思いめぐらせ、勝海舟と並ぶ開明派の幕臣、大目付の永井玄蕃の所に毎日のように会いに行く。一日に2度訪ねることもあった。龍馬はこの幕府の重鎮・永井玄蕃のことを、図々しくも「ヒタ同心」(ピッタリと心のあった仲間)と言うほどのぼせ上がっていた。

しかしこの永井玄蕃、二条城近くの大和郡山藩の屋敷に下宿していた。この隣の寺には、ナント幕府の警察組織・京都見廻組の与頭(隊長)佐々木只三郎が住んでいた。
この辺りは完全に幕府側のテリトリーだった。そこに寺田屋で役人を2人を殺した龍馬がズカズカと上がり込み、幕府の重鎮とタメ口(多分?)で、慶喜公の行く末や新政府について語り合っている……。佐々木只三郎がカチンとくるのも無理は無い。

一方の龍馬は大政奉還が成立したことや永井玄蕃と親しいことから、自分はもう狙われていないと思いこんでいた節がある。

永井玄蕃さん(Wikipediaより)

 

スポンサーリンク

実行犯は京都見廻り組と確定 黒幕は名君のあの人?!

龍馬暗殺の襲撃者は、証言などにより、佐々木只三郎、今井信郎、渡辺篤、小太刀の名人・桂隼之助、世羅敏郎だと言われている。そして命令したのは京都守護職、つまり会津藩主・松平容保だと見られている。

松平容保(Wikipediaより)

では具体的に計画したのは誰か。ここでキーパーソンとなるのが佐々木只三郎の実の兄の会津藩士・手代木勝任(てしろぎ・かつとう)という男が浮かんでくる。

佐々木只三郎は幕府に属する旗本だが、実は会津藩士・佐々木源八の三男だった。そして兄の手代木勝任は、叔父の会津藩士・手代木家に養子に入っていた。手代木勝任は全国にその名が響く秀才で、病弱な藩主・松平容保を補佐し、京都での会津藩を取り仕切り、京都守護職を動かしていた人物だった。

手代木勝任は日露戦争の真っ最中の明治37年、死の間際にそれまで隠していた龍馬暗殺について家族に語った。それによると「龍馬は自分の弟、佐々木只三郎が殺した」「龍馬は薩長を連合し、また土佐の藩論も覆して倒幕に一致したことから、幕府に深く恨まれていた」「そこで某諸侯の命を受け、壮士2人を率いて坂本の隠家を襲い惨殺した」と語ったというのだ。

ちなみにこの佐々木只三郎ですが、神道精武流を学んで「小太刀日本一」と称され、幕府講武所の剣術師範も務めた剣の名手であった。新撰組成立にも深く関わり、その後、やはり剣の使い手だった清河八郎を暗殺している。

清河八郎と坂本龍馬を暗殺した男、佐々木只三郎。よほどの腕前だったはずだが、鳥羽伏見の戦いで戦死している。
今では学術的にほぼ確定しているのがこの<龍馬暗殺の実行犯は京都見廻組>説なのだ。
そして実は『竜馬がゆく』でも司馬遼太郎はすでにこの京都見回組説を採用していた。ということで長々と説明したが『おーい!竜馬』の設定も大丈夫だったわけである。

※以下は【坂本龍馬の生涯】についてまとめた別個の記事で、
・黒幕 松平容保
・実行犯 京都見廻組
で一致しておりますが、最終的な襲撃者については見解の相違がございます(併せてご覧いただければ幸いです)。

坂本龍馬33年の生涯をスッキリ解説!時代を駆け抜け暗殺されたカリスマの功績を知る

重久直子・記

【参考文献】




スポンサーリンク


『龍馬史』磯田道史
『竜馬がゆく』司馬遼太郎
『おーい!竜馬』武田鉄矢・小山田ゆう
『龍馬伝』NHK(脚本・福田靖)
2010年NHK大河ドラマ特別展『龍馬伝』(NHKプロモーション)
『武市半平太・月と影と』松岡司
『幕末』司馬遼太郎
『龍馬読本』入交好保
『中岡慎太郎読本』前田年雄

 



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, 週刊武春
-, , , , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.