歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利義満/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

足利義満51年の生涯をスッキリ解説!日本国王の称号を持つヤリ手将軍の生き様とは

投稿日:

鎌倉・室町・江戸幕府を合わせると、征夷大将軍は全部で何人いたか?

答えは39人。

源頼朝に始まり徳川慶喜で終わるまで、
・鎌倉9代
・室町15代
・江戸15代
という計算ですね。

では、この全39人のうち、例えば小中学生の歴史に名前が登場するような、著名な将軍は何人ぐらいいるか?

ざっと数えて
・源頼朝
足利尊氏
・足利義満
徳川家康
・徳川家光
・徳川綱吉
・徳川吉宗
・徳川慶喜
この8名ぐらいでしょうか。

そして最後にこの質問を。

上記8名のうち、最もド派手な建物を建てたのは?
と言うと、もはや答えは言わずもがなってところでしょうか。

金閣寺(鹿苑寺金閣)でお馴染みの室町幕府三代将軍・足利義満――。

本稿では「日本国王」というBIGなタイトルまで持った、この足利三代将軍の生涯を追いかけてみたいと思います。

 

母は二代将軍義詮の側室だった

義満は、幼い頃から色々と逸話に事欠かない人です。

例えば生まれた日が、祖父・足利尊氏が亡くなってちょうど100日経った日。
こうなると生まれ変わりだのなんだのという伝説になりやすい傾向がありますが、尊氏と義満は真逆といっていいほど似ていないためか、その手の話はないようですね。

義満の母は紀良子という側室でした。
しかし、父の二代将軍・足利義詮と、正室・渋川幸子の間に生まれた男子は既に夭折しており、義満は嫡男として扱われます。

そのため義満は、幸子を母として扱っていました。
身分の高い公家や武家ではよくあったことで、場合によっては「側仕えの老女(ベテラン)だと思っていた人が本当の母だった」なんてケースも珍しくありません。

同母弟として足利満詮(みつあきら)という人がいましたが、彼は義満とは真逆に控えめな人物だったらしく、徹底して兄の陰に立って働き、後に自ら出家しています。
似てない兄弟のほうがうまくいくもんですね。

足利満詮/Wikipediaより引用

義満が生まれた頃はまだ幕府も政治も落ち着いておらず、家臣に守られて播磨へ逃れていたこともありました。
播磨白旗城の主・赤松則祐に養育されたと考えられています。

幸い、程なくして京へ帰れることになりましたが、義満はこのとき途中で泊まった摂津(明石か須磨あたりとされる)の景色をいたく気に入って、
「ここの景色を京に持って帰りたい。お前ら運べ^^」(意訳)
とのたまったそうで。

義満の一筋縄ではいかない性格をよく表す逸話ですね。

その後、家臣たちが何と言って義満を諦めさせたのかが気になるところですが、そこまでは記録されていません。

後世からすると、むしろ、そっちの方が気になるんですけどね。
さすがに10歳にも満たない少年の頃の話ですから「わざと試した」なんてことはないと思うのですが。

 

スポンサーリンク

家臣に恵まれスクスク育つ

京都に帰った義満は、管領・斯波義将の教育を受けつつ、赤松則祐とも良い関係を続けました。

1366年には、北朝の後光厳天皇から「義満」の名と従五位下の位階を授かっています。
同年、貞治の変により斯波義将らが失脚したため、新たに細川頼之が管領となりました。

細川頼之/Wikipediaより引用

義満最大の幸運は、このように近臣が入れ替わっても、忠誠心のある人が常に側にいたことです。
ほんの30年前に滅びた鎌倉幕府が、血縁者同士・御家人同士、はたまた御家人(幕府の家臣)vs御内人(北条家の家臣)の争いに明け暮れていたのと比べると、奇跡といっても恵まれっぷりでしょう。

そんな義満が家督を継いだのは1367年のこと。
父・義詮が病没し、まだ11歳にして家督と将軍位を継ぐのです。

元服は翌年のことでした。元服式の主だった役目は全て細川氏が担当し、周囲をがっちり固めていたとか。

さすがにまだ実務はできませんが、細川頼之らによって土地制度や宗教関係の整備が進み、義満はそれを見ながら育ちます。
ちょうど幼い頃の北条時宗が、親戚の北条実時の仕事ぶりを見ながら成長したのと、構図的にちょっと似ていますね。

1370年には朝廷から、延暦寺とその支配下にある者への取締権を与えられ、順調に将軍として認められていきます。

 

正室・日野業子との間に子は恵まれずとも

正室に日野業子を迎えたのは1374年のことでした。

二人の間に子供が生まれなかった(あるいは生まれても夭折した)せいか。
義満は側室を多く抱え、あっちこっちで子供を産ませています。

しかし、後に将軍となる足利義持・足利義教の母である藤原慶子が亡くなったときの冷淡ぶりからすると、義満が正妻の業子を愛していたという話は真実のように思われます。

もともと業子は和歌が得意で寵愛されていたとも伝わりますし。
慶子に対して冷たかったせいで、息子である義持との仲があまり良くなかった……という説もあります。これもあるあるですね。

義満の功績の一つに明(当時の中国)との貿易を大々的に行ったことが挙げられますが、少なくとも結婚する前後あたりからその構想を抱いていたようで、明に申し入れたことがありました。

しかし、この頃の明は
・南朝を唯一の通商相手としていたこと
・明の皇帝から見て義満は陪臣に過ぎないこと
から交渉は失敗しております。

まぁ普通は、一つの国に二つの政権があるとは思いませんもんね。
南北朝時代は、外交関係においても、いささか面倒な事態を引き起こしていたんですね。

 

スポンサーリンク

政務を執りながら多彩な才を発揮する

このあたりから、義満の特徴である
「同時期にあらゆる方向の政策を行っている」
という点に着目してみると面白くなってきます。

明との交易を考える一方で、勅撰和歌集の編纂を執奏したり。
屋敷をそれまでの三条坊門から北小路室町に移して、幕府の政庁としたり。

”室町”幕府の名はここからきています。
別の場所だったら、今頃、我々もその名で同幕府を呼んでいたのかもしれません。

他には、京都市内の行政権・課税権が複雑化していたのを幕府に一元化させ、守護大名が謀反を企てても対抗できるよう、将軍直属の軍として奉公衆を設けました。
また、奉行衆という官僚組織も作っています。

夢と現実を同時に見ている……というと、ちょっと綺麗すぎますかね?

 

興福寺の宗徒が神木抱えて強訴に来よった

義満の実務能力が評価されたのでしょう。
朝廷での官位もガンガン上がっていきました。二条良基の支援を受け、公家社会の中にも積極的に入っていきます。

それがプラスに働いたのが、1378年に起きた「康暦の強訴(こうりゃくのごうそ)」という事件です。

”南朝方に”奪われた寺社領の変換を求めて、興福寺の宗徒が春日大社の神木を掲げて訴えてきたのです。
強訴というとかつて権勢を誇った白河天皇が「加茂川の水、双六の賽、山法師」と並び称した延暦寺のものが有名ですが、さらに古い歴史を持つ興福寺も度々やっていました。

興福寺猿沢池と五重塔/Wikipediaより引用

興福寺は、藤原氏の祖先である鎌足と不比等にゆかりの深いお寺であり、さらに春日大社には藤原氏の祖先とされる天児屋命(あめのこやねのみこと)が祀られています。
つまり、興福寺が強訴をすると、藤原氏系の公家は実質的に出仕できなくなってしまうのです。

場合によってはご神木を御所の門前に放置して
「神意が目に入らぬか!」
みたいな態度を取ることもありました。

一応、ご神木を持ち出すにあたって儀式をするのですが、「そんだけ大事に扱うものなのに、屋外に放置するのはいいんかい!」とツッコミたくなりますね。

 

スポンサーリンク

ウチら源氏だから関係ないんで^^

言わずもがな、朝廷の政務や行事のほとんどは藤原氏系の家によって成り立っています。
彼らが出てこなければどちらも滞り、世の中が立ち行かなくなってしまうわけで……。

だからこそ、強訴は朝廷にとって脅威でした。

このときもいろいろな人が頭を抱えていたと思われますが、緊迫した状況の中でただ一人、義満は
「あ、ウチは源氏なんで^^」(※イメージです)
という理由で、堂々と出仕を続けたのだそうです。

確かにその通りなんですけど、面の皮と度胸が揃ってないとこういうことはできないですよね。

ちなみに、源氏は基本的に八幡神(誉田別命=応神天皇=八幡大菩薩)を守護神としています。
そりゃ関係ないですよね。

義満はさらに、この強訴のせいで滞っていた歌会始めなどの行事を大々的に復活させ、逆に興福寺の宗徒を威圧しました。

「オメーらの脅迫なんざ屁でもないわwww 言いたいことがあるならもっとはっきり言ってこいや!」
という感じでしょうか。

そもそも、南朝方にぶんどられたのに、なぜ京都(=北朝方)へ訴えてくるのかがよくわからんところです。
この頃まだ南北朝の合一は影も形もありませんし……まさか、興福寺の面々が南北朝の事情を知らなかったはずもないでしょうし。謎だらけです。

 

寺とも対話を進め、バランス重視の政策で舵を取る

義満の精神攻撃は興福寺に大きな打撃を与え、以降強訴をしても京都市内までは入ってこられなくなりました。

とはいえ、義満は「ざまあwww」では済ませず、興福寺だけでなく延暦寺にも直接対話をするシステムを設けたり、寺領確保や仏事再興などにも務めてバランスを取りました。
締めるべきところは締めた、という感じですかね。

その翌年からは、幕府や守護大名に関するトラブルが増えてきます。

かつての重鎮・斯波義将が管領・細川頼之の罷免を求めてきた【康暦の政変】では、頼之をクビにして幕府の重鎮を斯波氏とその周辺人物に入れ替えました。
しかし、翌年に頼之は赦免され、幕政に復帰。

上記の強訴への対応と併せて考えてみると、
「義満は、頭に血が上っている相手をいなすのが非常にうまかった」
気がします。

立場からすれば、断固として立ち向かうこともできただろうけど、それで喪うものの多さや重さを意識していたんじゃないか、と。

 

スポンサーリンク

守護大名には実力行使じゃい

その反面、守護大名とのトラブルについては、実力行使が多いのも特徴です。

① 美濃の有力者・土岐氏の内紛を力でねじ伏せる(土岐康行の乱)

② 11ヶ国もの守護を務めていた山名氏清をわざと反乱させて討伐(明徳の乱)

③ 大陸との貿易で莫大な財を築いていた大内義弘を挑発し、半ば騙し討ち(応永の乱

なかなかドス黒いものが見えますが、尊氏や義詮の時代のことを考えると、こうでもしなければ収まらなかったのでしょう。
後年の【応仁の乱】でも、将軍が積極的に行動しなかったために、話と戦がこじれて戦国に突入してしまっていますし。

並行して寺院の建立を複数行ったり。
摂関家と親密になって偏諱を与えたり。
武家として初めての源氏長者(公家・武家問わず源氏の流れを汲む中で一番官位が高い人)になったりもしました。

また、准三后という「太皇太后・皇太后・皇后に準ずる」扱いも受けるようになっています。

教科書では「義満の権力がスゴかったので誰も逆らえませんでした」と簡単にまとめられてしまっていますが、この辺も押さえておくと【理由がわかって】面白いんですけどね。

強訴に毅然と立ち向かったり、行事を復活させたり、武家同士の争いを鎮めたり、義満がそれに見合う功績をきちんと挙げていたからこそ、そういう立場になれたのです。
むやみやたらに刀を振り回して威張り散らしていたわけではありません。

むしろ、周りの人々が義満に媚びへつらって女性を差し出したりしていました。

どっちかというとこれのほうが問題かもしれません。
古い時代にはよくあったことですが。

 

地方遠征で地方豪族もキッチリ〆る

この後、富士山や厳島神社への遠足(超訳)もやっています。

もちろん、遊びではありません。
中央政権で充分に権威を得たので、次はそれをできうる限り広い範囲に見せつけ、
「いざとなったらワシがここまで来て相手してやんよ^^」
と示したのです。

明に対しても
「南朝の誰それよりもワシのほうがエライし、ワシと交易したほうがメリットありますよ」
というアピール材料になったのでしょう。

が、なかなか交渉が進まず、南北朝の統一にも取り組みますが、それでもやはり「天皇の臣下」という扱い。
結局、義満は、1394年に自ら進んで職を辞し、出家していました。

これでようやく明から「そんならお前を”日本国王”にしてやんよ」(意訳)とお許しが出て、貿易できるようになるのです。

こうした経緯から「義満は皇位を簒奪しようとした」なんて言われたりするのですが、個人的には違う気がします。

中国の歴代王朝から見て、「王」は中国に朝貢する国の代表者のことです。

つまり、日本の官職を辞した後の義満が日本国王になったということは、義満が個人的に明の臣下になったということ。
これなら、天皇や日本の朝廷の人々の権威や立場は損なわれません。義満が狙ったのはそこだと考えられないでしょうか。

実質的に明へ引っ越すわけでもないし、貿易で見込める利益のほうがずっと重要ですし。

そもそも、天皇よりエラくなりたいなら、明の皇帝の家来になるのもイヤだと思うほうが自然ですよね。
よほど明を神聖視していて、日本を卑下していたならともかく、そのそぶりもありません。明の要求で倭寇(海賊)退治はしていますが、それはちゃんと貿易できないと自分のメリットもなくなるからでしょう。

上記のように、義満は「自分は源氏の名門である」という自負があります。
そして、源氏の大本は皇室です。
それをかなぐり捨ててまで、心の底から明の臣下になりたいと思うでしょうか。

まあ、これはあくまで私見で、義満の心の中まではわかりませんが。

 

文化育成にも余念はなく

その後の義満は京都北山に別荘を建てて移住。
能を大成させた観阿弥・世阿弥を庇護しつつ、北山文化と称される文化を花開かせます。

文化の中身についてはまた後日、ある程度詳しく扱いますね。

将軍職は息子の足利義持に譲っていましたが、やっぱり実権は手放しませんでした。

ただ、寄る年波にはいつまでも勝てず……1408年、病に倒れ、何度か持ち直しながらも一週間程度で亡くなります。
享年51。
当時でしたら、ギリギリで大往生と言っていい年齢ですかね。

最期の最期で、あまり仲の良くなかった息子・足利義持が、快癒の祈祷をあっちこっちに命じてくれたのは、救いだったかもしれません。
義持が「あのクソオヤジめ、できるだけ長く生死の境で苦しませてやるぜ」とか思ってたんじゃなければ……。

義満の遺骨は相国寺塔頭鹿苑院に葬られました。

しかし江戸時代中期の天明八年(1788年)に起きた【天明の大火】で焼けてしまい、その後は、明治時代の廃仏毀釈で寺ごとなくなって、当時の墓がどこの誰だかわからなくなってしまいました。

代わりに金閣が昭和まで残り続けたので、義満本人としては本望だったかもしれません。
放火後の写真ですら美しく見えてしまう建築物など、世界に目を向けてもそうはありません。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「足利義満」
足利義満/wikipedia

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!

2位 意外と優しい!? 織田信長さん

3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯

戦国最強・立花宗茂
本物の義、武人とは

5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー

6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉

7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念

8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯

9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!

10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力

注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?

注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.