東郷平八郎(戦艦三笠の艦上にて)/wikipediaより引用

ゴールデンカムイ特集 明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

日本海海戦でバルチック艦隊を撃破!なぜ日本と東郷平八郎は勝てた?

更新日:

旧軍というと、戦後教育やらなんやらのおかげですっかりワルモノ扱いですが、もちろんアホなことばかりではありません。

特に明治期においては、日本が近代国家であることを証明する一翼でもありました。

明治三十八年(1905年)の5月27日、日本海海戦に勝利したことはその最大の例でしょう。

日露戦争における日本の勝利を実質的に決定付けた海での戦いです。

 

日露戦争の流れ

教科書だと「バルチック艦隊に勝ちました」の一行で済まされてしまいますよね。

まるで「来た、見た、勝った」かのような扱いですけれど、この勝利を収めるまでには並々ならぬ下準備、そしてそれだけではない偶然の味方などがありました。

とはいえ、軍事的な専門用語を並べてもワケワカメになりますので、いつも通りスッキリ進めましょう。

まずは日露戦争の経緯をまとめるところから。

前年に始まったこの戦争は、旅順という要塞を攻略するまで一進一退の状況でした。
以前取り上げた広瀬武夫のところですね。

こちらもかなり劇的な展開ですので、よろしければ以下の記事をご覧ください。

神になった軍人・広瀬武夫「旅順港閉塞作戦(日露戦争)」で劇的な戦死

明 ...

続きを見る

その後、陸軍が方針を変え、203高地と呼ばれていた山を占拠、砲撃を行ったことにより旅順の攻略に成功します。
いわゆる”旅順攻囲戦”です。

さらには奉天というところで再び両国の陸軍が激突し、多くの損害・死傷者を出しながらも日本が勝ちました。

ここまでで日本側は人も物も大量に消費しており、近いうちに戦争を続けるのは難しくなるであろうことがわかってきていました。俗な言い方をすればジリ貧状態です。

そのため、できるだけ間をおかずに決定的な勝利を収めることが必要でした。

 

旅順攻めていたら「世界最強艦隊警報」

しかも、旅順攻略中にイヤな知らせが届いています。
それは「世界最強の艦隊がこっち来るってさ\(^o^)/」というもの。

ホントの名前は他にあるんですが、ロシアの西側の端っこ・バルト海から出航したため”バルチック艦隊”と呼ばれています。
聞き覚えのある方も多いでしょうから、以下こちらで呼びましょう。

ちなみに日露戦争の部隊である極東付近にはまた別の艦隊がいましたので、もし合流されたら軍どころか日本の国土丸ごと挟み撃ちになります。

んなことになったら最悪ってレベルじゃねー!!
……というわけで、日本軍首脳は最悪の状態を想定しながらアレコレ対策を始めました。

これまた以前ご登場いただいた「鬼貫」こと鈴木貫太郎が猛訓練を行ったのはこのあたりの時期です。

鈴木貫太郎は「天皇に唯一”お願い”された男」その不屈の生涯とは?

明 ...

続きを見る

 

バルチック艦隊のずっこけ世界一周

そして日本側が物理的にも精神的にも滝汗状態のころ、同時進行でやってきます。

バルチック艦隊です。

しかし、その艦隊が運が悪いというか、ヘタを打つというか。
日本にとってはありがたいことに雲行きが怪しくなっていきます。

まず、出発して間もなくイギリスの漁船をうっかり砲撃してしまい、「何すんだゴルァ!!」と大英帝国サマの怒りを買ってしまいました。

元々イギリス政府は日英同盟により日本の有利になるよう動いていたのですが、この事件によってイギリスの世論も一気に「ロシアブッコロ!殺ったれニッポン!!」という方向に傾きます。

当時のイギリスの新聞が「バルチック艦隊は海賊か!」なんて書いていたそうで……。
それって元海賊たる自分たち英国紳士に対するブラックジョーク?

ロシア艦隊の航路photo by Tosakawikipediaより引用

ともかくバルチック艦隊はどんどん不利な状況へ追い込まれていきます。

当時のイギリスは世界中に植民地を持っていましたので、当然その近海や港も勢力下に置いていました。
こんな事件を起こされては当然「一昨日来やがれ」な扱いをされ、補給もままなりません。

 

日英同盟はうまく働き 露仏同盟は機能せず

本来であればロシアの同盟国フランスの植民地で補給をするはずでした。

しかし、そうすると日英同盟の「第三国が戦争に関与した場合は、日英両国で共闘する」という項目がひっかかるので、それもできません。
フランス植民地に立ち寄る=フランスが参戦するのとほぼ同義だからです。

結果、バルチック艦隊は石炭・食料・水などの補給がまともにできなくなった他、船の整備もロクにできないまま、地球半周の大航海をすることになってしまいました。

バルチック艦隊を撃退した秋山真之(さねゆき)の策「本日晴朗ナレドモ波高シ」

大 ...

続きを見る

 

日本軍の勝因は貝?

船の整備ができないとなると、実は見た目よりもっとデカイ悪影響が出ます。

長く航海をしていると、船底にはどうしても貝がついて速度が落ちてしまいます。
これはどんな船でも避けられず、何ヶ月かに一度は停泊して貝を落とさなくてはなりません。

上記の理由で大きな港に入れなくなったバルチック艦隊は、ロクにこれを行うことができませんので、日本に近付くにつれ最高速度が落ちる――そんな戦艦にあるまじき状況に陥るのです。

こうして両者とも違った意味で戦々恐々とした状態の中、日本海海戦は始まりました。

 

東郷ターン(T字戦法)、発動!

日本海海戦といえばアレ、アレといえば日本海海戦。

世界史上でも稀有の大成功を収めた「東郷ターン」ですね!
丁字またはT字戦法とも呼ばれます。

実はこれ、東郷こと東郷平八郎のオリジナルではありません。

東郷平八郎/wikipediaより引用

平たく言えば「敵艦の進行方向を遮るように進み、一斉砲撃する」というもので、古代から「コレが一番強いべ」と言われていたのですが、海戦の性質を考えるととんでもなく難度の高い戦法なのです。

主な理由は二つあります。

一つは、船が攻撃できる方向について。

歩兵や騎馬、戦車であれば基本的に正面(進行)方向へ攻撃するのが一番なのですが、船の場合は真逆。
進行方向に対して左右が一番攻撃力が高まります。

弓を構えるにしても銃や大砲で撃つにしても、細かい動きのできない船で進行方向に向けてしまうと、船の後ろの人が目の前の人を攻撃してしまうからです。

あるいは、こんなイメージがいいかもしれません。

複数人で漕ぐボート。
一人一本ずつオールを持って、息を合わせて漕がないとぶつかっちゃいますよね。そのオールがもし弓や銃だったらどうなるか……?というわけです。

 

やるだけ無駄、やっても返り討ち

もう一つこの戦法の難度を上げているのが、海の上であるということです。

お互いに移動を続けるのは陸戦でも海戦でも同じですが、海の場合これに風向きや波の高さが加わります。
陸上なんかより、はるかに複雑な動きが必要となります。

そんな状況で、敵に真横を向けつつ正確に移動する……なんて芸当をキメるのはほとんど不可能に近いといわれていました。
ヘタをすれば敵艦に激突されて自艦が沈む”だけ”という笑えないオチになります。

ですので、この戦法はほぼ理想論であって実用性はほぼ皆無、やるだけ無駄、やっても返り討ちに遭うだろうというのが常識でした。

実際、このときの戦いで、日本海軍がそんな動きを始めたとき、バルチック艦隊は
「日本軍はヤケクソになってるんだなwww 俺らの勝利www」
と信じて疑わなかったそうです。
そのくらい成功率が低いと思われていたんですね。

しかし、このときの日本海軍はそれを見事やってのけました。

戦艦三笠/wikipediaより引用

完全に作戦通りの動きとは行かなかったものの、攻撃自体は大成功。
わずか30分ほどでバルチック艦隊の戦力を大幅に削ぎ、散り散りになった船に対して各個追撃や挟撃(ただし偶然)で対処したのです。

さらには日没後も夜襲をかけ、世界最強と謳われた艦隊を見事打ち破ったのでした。

 

勝ち取ったのは「世界の日本」

日露戦争で、日本は一応の勝利を得ます。
しかし、その際に結ばれたポーツマス条約(1905年9月)は、当時の国民が手放しで喜べるような内容ではありませんでした。

ロシアは戦争継続が苦しい。
が、日本も苦しい――そんな状況の下で
・賠償金はナシ
・南樺太を日本への割譲
という条件に決まったのです。

ほか中国での権益などもありましたが、費用ばかりかかって得るものが十分ではなかったんですね。
実際、そうした国民の不満はスグさま行動に移され、日比谷焼打事件(1905年9月)が勃発しております。

ただし、幕末の開国から50年程度でロシアに一応勝ったことで、世界の見方が変わりました。

特に植民地にされていたインドや東南アジアからは
【アジア人の初勝利】
として後の独立運動の気運へと繋がるのです。各国の独立が実現するのは第二次世界大戦後になりますが、日露戦争における日本勝利を称える詩が作られたりもしました。

とはいえ……こうした状況から日本国内においては
【アジアに対する指導的立場に立ったという意識】
が広まり、その後の戦争拡大に繋がったとも指摘されています。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
日本海海戦/wikipedia

 



-ゴールデンカムイ特集, 明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.