清水宗治

絵・小久ヒロ

戦国時代

戦国武将の鑑とされた清水宗治の切腹劇~備中高松城水攻めの結末とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
清水宗治
をクリックお願いします。

 

船上で一差し舞を披露して

さて、いざ切腹となった清水宗治。

彼は自分の兄弟や援軍に来ていた将と共に腹を切ったのですが、このときの作法が切腹の基本になったと伝わります。

なんでも「水浸しになった備中高松城から小船で出てきて、その上で一差し舞を披露してから腹を切り、介錯人に首を落とさせた」のだそうで。

潔いばかりではなく、美しく命を差し出した宗治に対し、秀吉は賛辞を惜しまなかったとか。

どのタイミングで言ったのか(そもそも本当に言ったのかも)不明ですが、「宗治の死を見届けるまでは出発できん」とも口にしていたそうです。

さすがに後の武士達は舞うことまではしませんでしたが、「腹を切ってから首を落とす」という点は、武家社会の中でずっと続いていきます。

幕末頃にヨーロッパ人が切腹の場を見物したときも同じやり方だったそうです。

といっても、扇で腹を切るフリをするだけで、実質的には斬首と変わらないということも多かったようですが(なぜなら腹を切るのがあまりに痛いから)。

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実!もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

また、宗治の最期をモデルにしたと思しき表現で歴史から退場したことになっている人物もいます。

他ならぬ本能寺の変の当事者、織田信長です。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

だいたいの創作で「信長は敦盛の一節を舞い(あるいは口ずさみ)、何人かの敵を返り討ちにした後、自ら本能寺の奥に入って腹を切った」としていますよね。

シチュエーションこそ違えど、宗治とイメージがかぶりませんか?

誰がこの表現を始めたのかはわかりませんが、おそらく「これカッコええな。信長にピッタリじゃん」って思った人が書いたのでしょう。

 

超絶かっこいい辞世の句が実は……

宗治の辞世の句がまた、超然とした心境を良く表しています。

浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して

個人的には、訳すのが無粋に感じるほどの名歌だと思います。

死や滅びに美学を見出すのは日本人特有の感覚といわれますが、『宗治って無駄死では?』と思う人も、こういった潔さを知ったら、また違う感想を抱くのではないでしょうか。

と、エエ話で終わりたかったのですが……。

実はこの歌、長州藩士の清水家が、自身の家を誇るため後世に作った可能性が高いとのことです。

清水宗治の首塚

まぁ、いずれにせよ彼が城兵の命を救い、毛利家を危機から脱出させたのは間違いありません。

備中高松城の本丸があった場所には現在、清水宗治の首塚が設置され、今なお多くの方に供養されているとのことです。

秀吉は、この後、10日間で230kmもの移動を達成し(中国大返し)、そして【山崎の戦い】で明智光秀を倒し、天下への道をかけあがります。

よろしければ以下の記事も併せてご覧ください。

みんなが読んでる関連記事

中国大返しは可能か 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察

続きを見る

山崎の戦い
山崎の戦い(明智軍vs羽柴軍)で秀吉が勝てた理由!敗者の光秀は何処へ?

続きを見る

吉川経家
秀吉に囲まれた吉川経家の壮絶籠城戦~鳥取城渇え殺しとひらがなの手紙

続きを見る

毛利元就の手腕鮮やか!一体どんな策や合戦で中国地方8カ国を支配したか?

続きを見る

小早川隆景
小早川隆景(元就の三男)はキレ者ぞ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

鳥取の渇え殺し三木の干し殺し
鳥取の渇え殺しと三木の干し殺しで人肉の恐怖~人は飢えると獣になる

続きを見る

本能寺の変
本能寺の変で光秀はなぜ信長を裏切ったか 諸説検証で浮かぶ有力説は?

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

切腹
切腹のルールと恐ろしい現実!もしも一人で実行したら地獄の苦しみ味わいます

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
滝沢弘康『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)』(→amazon
堀新/井上泰至『秀吉の虚像と実像』(→amazon
清水宗治/wikipedia

TOPページへ

 



-戦国時代
-,