絵・富永商太

宣教師・キリシタン

外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国?悪い国?鴨ネギな国?

鎖国前の戦国時代。
諸外国からやってきた宣教師たちが、日本を見て「オーーーーー!」と感嘆する。

「武士も庶民もみんなアタマがよくて、この国での布教は難しいネー!でも、やり甲斐あるネー!」

とまぁこんな感じで【絶賛の嵐】だったりして。
あれってどこまで本当なのか?

――書いた人次第――
としか言いようがないですが、それでも敢えて結論出すならこうです。

【彼らは日本が凄いだなんて思っちゃいない】

ザビエルフロイスのように褒め称える人がいれば、ヴァリニャーノのように冷静に記述する人もいる。
もちろん罵詈雑言や差別バリバリに酷い言葉を書き連ねる人もおりました。

大切なことは、彼らの立場や背景を考慮して発言を吟味しなければならない、ということでしょう。

そこで本稿では戦国~江戸初期にやってきた宣教師や商人などの日本見聞記録を振り返ってみます。

 

ザビエルとフロイスはどう言ってた?「最高です!」が……

フランシスコ・ザビエル――。
日本に訪れた宣教師でも、おそらく最も知名度が高い人物でしょう。

日本のキリスト教伝来~戦国時代にどう広まり、いかなる理由で禁止された?

続きを見る

ここで、ちょっと冷静に考えたいところがあります。

彼はなぜ有名なのでしょう?

歴史的に重要だから有名なのか。
日本人にとって心地よい存在だからなのか。
あるいは髪型が小学生にウケるから?

これは他の宣教師と比較すると見えてきます。

実は彼以外の宣教師は、日本を露骨に罵倒あるいは差別している記録も残しているのです。

そう言うと
「フロイスはどうなんだ!」
って反論されるかもしれません。

確かに彼の語る日本像は、心地よいものです。しかも記録量もハンパじゃないから、重要視されるのもその通りでしょう。

しかし、です。
時代の影響が大きいのは見逃せません。

フロイスが来日した当初、織田信長はキリスト教布教を認め、寛容でした。
布教活動がうまくいってるところで罵詈雑言を書き連ねる必要性はないでしょう。

ここで考えていただきたいことがあります。
宣教師がはるばる来日した背景には【宗教改革】という、とてつもない危機感がありました。

マルティン・ルターによる宗教改革で何が起き、そしてどうなった?

続きを見る

要は彼らの足元もヤバイから、わざわざ信者を求めてやってきたのです。

そこですぐに布教できそうな人々を見つけたらどうなるか?

ビッグチャンス!
ブルーオーシャン発見だ!
そんな風に喜び、ハイテンションで記録しても不思議はないでしょう。

フロイスの褒め言葉の背景に、そんな事情があったことは意識せねばなりません。

それと同時にこんなことも考慮しておかねばなりません。

当時、どんな種類の西洋人が、宣教師になっていたのか?

条件をザッと並べてみますと。

・カトリック教国出身
・貴族出身だけど爵位を継承できない二男以下

これは軍人にも言えることで、本人の適性や才能以外に、身の振り方としての宣教師という道もあるのです。

例えばザビエルは、イベリア半島北部の出身。
ナバラ王国ザビエル城主の宰相三男として生まれました。

が、程なくしてカスティリーャ王国の支配を受け、貴族たちも没落します。
そんな没落貴族三男の進路として、イエズス会に入ったのです。

もともと優秀だったザビエルは、19歳でパリ大学へ。
24歳で修士号を取得しました。
没落貴族の子から、聖職者としてのエリート街道へ踏み出したのですね。

そんなザビエルと意気投合したのが、イグナティウス・ロヨラです。
かつて熱血猛将型軍人だったロヨラは、負傷により武器を捨て、宗教へと歩み出しておりました。

情熱的と評価されるナバラ王国出身である二人は、パリ大学で意気投合を果たします。

ここで注目したい点があります。
二人とも、没落した王国出身であり、かつ名誉欲がギラギラ――そんな情熱家タイプです。

「カトリックは今、宗教改革でピンチにある。こんな時こそ、危険を冒してでも布教して、宣教師として“てっぺん”とったるで!」
そんな名誉欲や探究心がなかったと、どうして言えましょうか。

確かに日本から見ますと、信心深くて穏やかな宣教師がやってきたように思えるかもしれません。

しかし、そうではありません。
当時は没落貴族や二男坊以下が、人生逆転ホームランを狙って野心マンマンで布教に挑んでいた側面もあるのです。

そんな野心に満ちた宣教師が、布教できそうな土地を見つけたらどう思うか?

テンション上がりまくりますよね。
要は、魚の群れを見つけたようなもんで、喜びに湧く漁師と同じ思考で、ザビエルは語りました。

・もしも日本人がアンジロウ(弥次郎・日本人初のキリスト教徒)のようであれば、新しく発見された諸地域の中で、もっとも知識欲旺盛な民族のいる地域であると思います!
・日本人は中背、容姿端麗。誇り高くてすぐ怒り、武器を大切にしています
・好奇心旺盛で、盗みを嫌います

ザビエルのこうした言葉は、ハイテンションな部分を差し引いた方がよいのではないでしょうか。

もうひとつ、見逃せない要素があります。
情熱的なナバラ人でも、寄る年波には勝てぬもの――ということです。

当時46歳という、初老に達していたザビエルは、日本が最後の土地になるという覚悟がありました。

アジア布教における勢力争い。
叶わぬ明布教という悲願。
南国育ちのザビエルには辛い日本の寒い気候。
慣れぬ生活習慣や言語。

ザビエルは、疲れ切っていました。
これ以上旅をして、新たな環境に馴染むことは無理なのです。
そうなれば、ここでじっとして死を待つ方が現実的というものです。

ザビエルの知られざる生涯~再来日を目指していた?【戦国宣教師伝】

続きを見る

ではフロイスが、日本のことをともかく好きでたまらなかったと、単純に言い切ることができるのでしょうか。

彼にはもっと悲しい事情がありました。
日本から動けない以上は、ここはよいところだと自己暗示をかけつつ、生きるしかない。そんな悲しい姿も見えてくるのです。

それに大きな幻滅も味わっております。

・日本では男色が盛んです。豚よりも下劣、犬よりも恥知らず、そんな禽獣以下の行為が横行しているのです
・日本の都で布教はできない。足を踏み入れたところ、戦乱のために破壊され尽くしている

フロイスの落胆も仕方ないものがあります。
日本全土で男色の禁忌意識が高まるのは、実に明治時代以降です。

日本が【男色・衆道】に寛容だった説は本当か?平安~江戸時代を振り返る

続きを見る

それでも布教を許された織田信長の時代はよいものでした。

問題は、本能寺の変後です。

フロイスは色々と理解を深めてゆきました。
ただ日本を褒めただけの人であるはずがないのです。

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

 

ヴァリニャーノはどう言ってた?「西と東は違う」

宣教師が数多く登場し、天正遣欧少年使節を描いたドラマ『MAGI』。

この作品は、彼らを知るキッカケとしておすすめの映像作品であり、その中で最も重要な役割を果たすのがアレッサンドロ・ヴァリニャーノです。

主役である天正遣欧使節団のフィクサーですから、それもそうでしょう。

しかし、史実では結構なトラブルメーカーらしく、イエズス会内部で足を引っ張られることもしばしば。
おまけに、気にくわない相手にはガンガンと直言する、強気で妥協を知らない熱血宣教師でもあります。

「現地の人を見下すな! 違いを認めなさい、布教のことばかり考えていてはダメだ!」
「西洋と東洋の違いがわかる者にこそ、見聞を広めて欲しいのだ」

そんな態度が実に魅力的。
しかも、作劇上の創作とは言い切れません。

現地人蔑視を見せるカブラルを痛烈に批判し、日本布教長の座から追いやったほどです。

イタリア・ナポリ王国キエティ生まれのヴァリニャーノは、パドヴァ大学で法学を専攻。
27歳でイエズス会に入りました。しかも哲学や物理学を学び続けたほどのインテリであり、イエズス会でも屈指の俊英として、注目を集めておりました。

当時のアジア布教は激戦区であり、志願者が殺到しておりました。
志願しても何年も待ち続けることがざらにあったというのに、彼の場合志願後数ヶ月、34歳という若さで選ばれたのですからかなりの才知の持ち主でした。
もちろん期待も集めています。

そんな聡明な目線で日本を見て回り、好奇心と敬意すら込めて、報告書を記した人物です。

ヴァリニャーノの日本観察眼は、実に鋭く、ザビエルのようなハイテンションさとはちょっと違います。
かなり冷静な記録が見て取れます。

・身分、能力、思慮、権威、その他宗教家に必要な条件を彼ら(日本人)は備えている
・だからこそ、イエズス会は彼らを受け入れるべきです
・日本人であればこそ、言語や風習を知っています
・彼らと比べれば、私たちは子供のようなもの(日本への理解において最も到達点が深いのは、彼らなのです)

ヴァリニャーノは日本人の識字率を学識の深さに結びつけ、だからこそ宗教を理解するはずだと評価しているのです。
蔑視が全くなかったとは言い切れませんが、そこに露骨な偏見や差別目線は感じられません。

ヴァリニャーノは、日本の風習をよく調べ、興味津々で書き記してもおります。

・西洋では金髪こそ女性の美貌としては最上級だけれども、日本では黒髪を好む
・西洋人はそばかすが多いけれども、日本人は少ない
・日本人は家にあがるとき、靴を脱ぐ
・日本人はあまり散歩をしない

鋭い観察眼ですよね。
外国旅行見聞記として、冷静かつ好奇心旺盛ではありませんか。

ヴァリニャーノは、西洋と東洋は違うと認め、時には正反対の価値観があると理解しつつ、優劣をつけないのです。

違うものは違う。
ただ、そこに上下があるわけじゃない。
偏見を持たずに、ただ違いを受け入れたい。そんな目線が、彼にはありました。

だからこそ天正遣欧少年使節を思いついたのですね。

自分のように、正反対の世界を見る少年たちが、何か新たな世界を見出すかもしれない。
その期待を込めたからこその、四人の少年たちでした。

ヨーロッパを初めて見た天正遣欧少年使節~気になるその後の人生は?

続きを見る

 

カブラルはどう言ってた?「最低最悪の国民だ」

『MAGI』では、歴史上の人物が容赦なく描かれます。
その中でも、最も良いところがない人物が、カブラルでした。

日本人にせよ、西洋の君主や聖職者にせよ、マイナス面だけではなく、プラス面も描かれてバランスが取れているもの。
しかし、カブラルはもうゲスに始まり、ゲスに終わります。

少なくとも、シーズン1ではそんな扱いですが、史実ではどうだったか?

元亀元年(1570年)にイエズス会から派遣されて来たフランシスコ・カブラル。
ザビエル以来の前任者が持つ伝統「適応主義」を全面拒否しました。

肉食は断固やめない。
日本人がラテン語やポルトガル語を学ぶことを全否定。
差別と偏見に凝り固まっていた人物だったのです。

西洋人のカトリックである自分たちこそが尊く、日本人なんてただの野蛮人。
そう軽蔑しきっておりました。

そんな彼だからこそ、日本人観察記録はもう悪意コッテコテの記述になります。

・日本人ほど傲慢、貪欲、無節操、欺瞞まみれの国民なんて見たことがない
・百姓ですら、王になりたい下剋上精神を持っていて、ゲスの極み
・こんな連中をイエズス会に入れるなんて無理ですよ、ペッペッ

貴族出身者であるカブラルにとって、下剋上がまかり通る日本は悪夢のような場所でした。

一方で、ヨーロッパでの貴族にあたる大名・大友宗麟には好意的です。身分意識が強かったのでしょう。

これに激怒したのが、前述のヴァリニャーノです。
こんな差別と偏見まみれの者が布教できるものかと、彼を追い出しにかかりました。

アマゾンプライムビデオ『MAGI』でのカブラル描写も、こうした史実を踏まえると大きく頷けますね。

貴族出身で下剋上を嫌うカブラル。
そんな彼が、百姓出身とされる豊臣秀吉に言い負かされ、悔しがるしかなかったのです。

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

秀吉に反論されたあと小男と罵り、ついにはスペイン艦隊でぶっ潰すと言い出すカブラル。
その描写も、史実をベースにしているのでしょう。

カブラルにとって、日本人というだけで差別対象なのに、よりにもよって平民出身者がいばり散らしているのです。まさにあの場面は、屈辱の極みでした。

 

ヒロンはどう言ってた?「日本人=処刑人」

『MAGI』には、宣教師のみならず商人も登場します。

能天気な来日外国人ではありませんよ。
日本人奴隷を売りさばくわ、豊臣秀吉に文句を言うわ。
しかも、戦国時代の残酷さや、秀吉による宗教弾圧も目撃してしまうので、呑気に日本を賛美するはずがありません。

アビラ・ヒロンというスペイン商人がいます。
彼は『MAGI』でも描かれた【秀吉の野望】を目撃します。

秀吉といえば朝鮮出兵が有名です。
しかし、それだけではなくフィリピン・マニラ攻略すら視野に入れていました。

スペイン支配がまだ手薄で、今ならば征服できるという報告を受け、乗り気であったのです。

そんな秀吉相手に、スペイン側も無策であったはずもありません。
フランシスコ会、ドミニコ会から宣教師が派遣され交渉にあたりました。

イエズス会は当時、日本で始まった切支丹迫害により、危機感を強めていたのです。
フランシスコ会やドミニコ会は、イエズス会弱体化の今こそチャンスだと、舐めてかかって来日しました。

そんな様子を記録したのが、ヒロンでした。

ここでちょっと考えてみてください。
秀吉の切支丹迫害が始まった時期にカトリックが来日して「日本って素晴らしいなぁ〜」なんてことが言えるかどうか。

無理でしょうね。はい、その通りです。
生々しい処刑や弾圧を見て、ヒロンはそのことを記しています。

・日本人はともかくキレる。主よ、日本人のキレやすさを何とかしてください
・日本人は、恩義なんか即座に忘れるし、親切心に付け入ってくる
・ともかく日本人って残忍で非情。陰険で誠意なし。極端な行動ばっかりする

どれだけ嫌な目にあったのでしょうか。
そのヒントがあります。

・斬首刑って、なかなか大変じゃないですか。でも、日本人は茎でも切るようにササッと斬首するから怖い
・処刑人の手際が良すぎてもう、信じられない!
・日本人は全員が処刑人。もう「日本人(ハポン)=処刑人(サヨン)」って認識でいいよ
・磔串刺しを見てしまった。もう無理。一人の胸の内部で槍が十字になって交差するとか信じられない

要するに、ハードコアな処刑や切支丹弾圧を見てしまったようです。

武器にせよ、帯刀が庶民にまでまかり取っておりますから、そりゃおそろしいものがあったことでしょう。

廃刀令――明治の人々は嘆くどころか「まだ帯刀で消耗しているの?」

続きを見る

ちなみに日本刀の切れ味は、独特のものがあります。

西洋の処刑人は、両手剣や斧の重みでエイヤッと斬首していました。

処刑人一族が鍛錬を積んできたものなのです。
ギロチンは、ミスによる斬首失敗をなくすための発明でした。

人類史で2番目に多くの首を斬り落としたアンリ・サンソン 処刑人の苦悩

続きを見る

それを日本人は、割と楽々と斬首しているように思えるわけでして。
リアル『北斗の拳』ワールドにやって来ちまった感があるのでしょう。

幕末も同じです。
日本刀はどうしてこんなに斬れ味がよいのか?と、ビクビクしながら外国人は記録しておりました。

幕末の訪日外国人は日本をどう見てた?銃でも勝てない日本刀にガクブル

続きを見る

そんなヒロンですが、秀吉のことはそこまで悪意を持って記していません。
むしろ【徳川家康という最低最悪の王と比較して、懐かしんでいるほどなのです。

 

アダムスはどう言ってた?「今の日本は平和!」

徳川家康に関する評価は、真っ二つに別れます。

徳川家康75年の生涯まとめ【年表付】3度の絶体絶命をどう乗り越えた?

続きを見る

東軍好きであれば、褒め称える。
西軍好きや石田三成真田幸村ファンからすれば「狸親父」です。

これは当時の来日西洋人でもそうです。

ヒロンのような人物からすれば、
「統治力もない、人間のクズが王になった。あーあ、秀吉様の頃はよかったなあ」
という辛口に。

一方で、
「この優れた王のもとで、あれほど戦乱の極みであった日本が、すっかり平和になりました!」
と諸手を挙げて大絶賛する人々もおります。
彼らの違いは何か?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-宣教師・キリシタン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.