フランシスコ・ザビエル/Wikipediaより引用

宣教師・キリシタン

【戦国宣教師伝】ザビエルの知られざる生涯~再来日を目指していた?

投稿日:

1552年(天文二十一年)12月3日、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルが中国大陸で亡くなりました。

「日本に来たはずなのになんで中国よ?」と思われた方、ごもっともです。
そこにはザビエル一生一代の盛大な勘違いが隠されていました。

 

インドのゴアを経由してマレーシアへ 「ヤジロウ」に出会う

ザビエルが生まれたのは1506年4月7日。

父はスペイン併合前にあったナバーラ王国という国の貴族で、母も名門の出自です。
その6番目の子供として生まれたザビエルは1525年、19歳でパリ大学の聖バルブ学院へ入学しました。

このときの学友や先輩に感化されながら学び、1534年にイエズス会を創立します。

ザビエルが東洋に来たきっかけは、ポルトガル王・ジョアン3世の依頼でした。
彼が所属していたイエズス会に「植民地でもキリスト教徒を増やしたいんだけど、行ってきてくれない?」という、当時の交通事情からするとかなりハチャメチャな話でした。

しかしイエズス会自体が「世界中にスンバラスィ神様の教えを!」というモットーを掲げていたので、会はこれを引き受けます。
そしてザビエル一行は約1年の航海を経て、当時ポルトガル領だったインド・ゴアの街に降り立ったのでした。

ちなみにリスボンを出航した日はちょうどザビエル35歳の誕生日で、無事に着けて何よりですね。

 

1549年に鹿児島へ上陸 出迎えたのは島津四兄弟のお父ちゃん

ザビエル一行はインドやマレーシアあたりで布教を進めました。

が、まったくうまくいきません。
現地での異教徒に対する風当たりは厳しく、イスラム教徒の抵抗などもあります。

また、ポルトガル王に頼まれて向かったのに、そのポルトガル軍から協力を得られないなどの苦境もあり、どうにもならなくなってしまいます。

そんな最中に出会ったのが日本人のヤジロウ(アンジロー)という人物でした。

ヤジロウ(アンジロー)は人格者で知識も豊かだったようで。さらに友人ジョルジ・アルバレスの書いた『日本記』を読んで、ザビエルは動かされます。
日本には国王がいて、さらには大学もある。そう聞いて説得できると思ったのか。

「東洋での布教は日本しかない!」

あれこれを聞いたザビエルは、「そこでも神の教えを広めたい」と使命感に燃え、またも渡航を決意したのです。
当時で既に40歳だというのに元気な御方ですね。

ザビエルは、ヤジロウ(アンジロー)を案内役とし、1549年4月にゴアを出発すると、マラッカで中国船に乗り換え、1549年8月15日(天文18年7月22日)に鹿児島へ上陸。

島津四兄弟の父である島津貴久に布教の許可を得て、上洛のお手伝いの約束まで取り付けました。
まずは大成功といったところでしょう。

 

「男色イケマセーン! 地獄に落ちマース」

ザビエルは早速、薩摩で布教をはじめました。

が、仏教の僧侶からの激しい抵抗に遭うばかりか、貿易の旨味が少ないことを悟った島津貴久にも嫌われ、間もなく鹿児島を後にします。

次に向かった平戸では地元の大名・松浦隆信に布教の許可を得て、ここではボチボチ成功すると、別の者に任せて博多へ向かい、さらに周防の山口へと進みます。
しかし、後に陶晴賢によって自害へ追い込まれる大内義隆に、あっけなく追い出されてしまいました。

美少年だった武闘派武将・陶晴賢~下剋上した理由はオトコの嫉妬か権力欲か

ぽ ...

続きを見る

その理由がまた
「男色イケマセーン! 地獄に落ちマース」
「ふざけんな男とアレコレできないなら神なんぞいらんわ!!」
というものだったので……まぁ、宗教文化風習の違いは仕方ないですね。

その後は1551年、天皇と将軍に会うため、京までやってきます。
しかし、わけのわからん姿をしている上「神の教えが云々」とのたまうザビエルを、朝廷も幕府もすんなり通してはくれません。

当時の天皇は後奈良天皇で、将軍は足利義輝でした。

【戦国 剣豪将軍】足利義輝の壮絶過ぎる散り際!襲いかかる敵兵を次々に……

永 ...

続きを見る

後奈良天皇は京と民の復興を願って般若心経を自ら写経したり、伊勢神宮へ詣でるなど神仏への信仰がとても篤い方だったので、たぶん周りの人が気を利かせたのでしょう。

義輝はこの頃将軍職にはついていたものの、まだ京に腰を落ち着ける前だったので、そもそも京の市街にいなかった可能性もあります。
実にタイミングの悪いときに来たものです。

 

望遠鏡やメガネを進呈したら大内義隆の態度が一転

どちらにも会えない!
それを悟ったザビエルは(´・ω・`)顔で京を去りました。

そこで、いったん平戸へリターン。

「土産物をたっぷり持っていけば、大内サンも布教を許してくれるかも」と思い立ち、荷物の中から西洋の文物をあれこれ引っ張り出します。

これが見事に当たり、初めて見る望遠鏡や置時計、ポルトガルのお酒、眼鏡などに大内義隆はホックホク。

以前キレたことも忘れて「ウチの領内は布教オッケー♪」とあっさり許可を出してしまいます。
現金すぎますね、大内さん。

大内義隆45年の生涯をスッキリ解説!なぜ西国一の大名は陶晴賢に滅ぼされたか

戦 ...

続きを見る

ザビエルもはりきって連日教えを説き、周防(山口県)で500人もの信者を獲得することができました。

豊後(大分県)にも行き、大友宗麟へもキリスト教を伝えています。
そして大友家も後々滅亡の危機にさらされるのでした。

大内家といい島原の乱といい、なんか日本でキリスト教が広まるとロクなことがないような……。

けっこう疫病神だったりして(絵・くらたにゆきこ)

絵・くらたにゆきこ

 

次は中国で布教だ! と意気揚々と出たものの……

何とか神の教えを広めようと頑張るザビエルでしたが、一つ気がかりなことがありました。
インドに残してきた人々から連絡が来ないのです。

後世からすれば「そりゃアンタ、二年の間に薩摩→周防→京→周防→豊後なんて大移動してたら連絡の取りようがないだろうよ……」とツッコみたくなりますが、残念ながら当時彼に指摘した人はおりません。
同時に日本での布教が予想以上にうまくいかないことに対し、何らかの策を打たなければと考えます。

そこでザビエルが思いついたのが中国への布教。

「日本人や日本文化は中国の影響が強いそうデース。ならば、中国を神の教えでいっぱいにすれば、日本人もマネするはずデース! ワタシ頭イイネ!」
と考え、今度は中国への渡航を決意します。

そしてやはり誰も止める人がいなかったため、一旦インド・ゴアに戻り(1552年2月)、マカオ付近から中国(当時は明)へ入ろうと試みました。

しかし、やはり外見の違いからか言葉の壁か、手続きに手間取っている間に病気で亡くなってしまうのです。
享年47でした。

 

色々な勘違いがザビエルをビッグにした?

ザビエルが日本に滞在していた期間は全部で2年3ヶ月。
キリスト教への改宗者は1,000人にも満たない少数でしたが、

「文化や礼儀はスペイン人より優秀」
「日本人ほど理性的な人を世界で見たことはない」

という手紙をポルトガルへ送っています。しかし、これに関しては手放しで受け取れないような気もします。

宣教師は他にも多くおります。
ザビエルやフロイスのように日本アゲする人もいれば、ボロクソ言う人もおりました。

外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国?悪い国?鴨ネギな国?

鎖 ...

続きを見る

日本に戻ってもう一度布教したい――というザビエルが、ここで「日本人はキリスト教を理解する素養はない」とは言えないでしょう。

それに当時は戦国時代であり、戦場での人さらいが横行し、人身売買が盛んに行われていたことを2年3ヶ月も滞在していて知らないはずがありません。
後に、他ならぬポルトガル商人が、マカオを拠点に日本人の奴隷売買で巨利を得ています。

それに日本にもう一度戻っても、ザビエルの思考では、布教活動が成功したかどうか不明です。

なんせ彼は日本文化のおおもとは中国にあって、ゆえに中国で布教を成功すれば、日本でもイケる!と考えていたのです。
確かに中国の存在は大きいものでしたが、日本も長いこと独自路線を歩んでいて、大陸でのノウハウがそのまま流用できる可能性は低かったでしょう。

ザビエルは死後、遺体をゴアに埋められ(当初は中国の上川島で埋葬)、1622年に教皇グレゴリウス15世によって「聖人」に列せられ、1904年には
【世界の伝道事業の保護者】
として祝福されています。

なんだか色々な勘違いがザビエルの名を高めた気がしないでもないですが、そのパワフルな行動力はやっぱり偉人であるなぁとも思わされるのです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典

 



-宣教師・キリシタン
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.