明智家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ4話 光秀ただいま浪人中 リベンジ諦め朝倉へ

後の15代将軍・足利義昭を奉じて、織田信長が上洛したのは永禄11年(1568年)のこと。

このとき歴史の表舞台に颯爽と現れる武将がおります。
明智光秀です。

光秀の出自・前半生がナゾと言われるのは、それ以前の確かな記録が皆無に近いから。

頼りとされるのは江戸時代に成立した『明智軍記』(軍記物=小説)であり、そこから推察しながら進めましょう。

 

お好きな項目に飛べる目次

光秀浪人中

◆美濃土岐氏の流れを汲むとされる明智光秀さんは、それまで仕えていた斎藤道三さんが、息子の斎藤義龍と激突。いわゆる【長良川の戦い】で道三は死へと追いやられ、そして光秀も【明智城の戦い】で居城を落とされる前に越前の朝倉義景を頼ったとされます。漫画中に出てくる「仇討ち」とは、斎藤義龍へのリベンジを示してますね。銃を構えているのは、明智軍記でも光秀は銃が得意という評判だったからですね(ヤンマガの人気漫画『センゴク』でも光秀の鉄砲術が描かれています)

光秀の鉄砲術はどこで身に付けたのか? 明智軍記 第3話中編

続きを見る

長良川の戦いでマムシ撃沈~首謀者の義龍も早死して、その息子・龍興も……

続きを見る

【明智城の戦い・麒麟がくる】光秀の居城はなぜ斎藤家に攻められた?

続きを見る

 

悪夢

◆この娘・明智玉の嫁ぎ先は細川家。結婚相手は細川忠興です。将来、細川ガラシャとなるこの娘への愛情がとんでもなく尖り過ぎて、何かと問題行動を起こす方ですが、今のところは……。ちなみに、奥さん(明智煕子)の髪の毛がショートなのは、松尾芭蕉も句を詠んだ【明智の黒髪伝説】を踏まえてのことでしょう。

細川ガラシャ(明智光秀の娘・玉子)の壮絶生涯38年~最期は炎に包まれて

続きを見る

明智の黒髪伝説・髪を売り光秀を助けた妻煕子~明智軍記第2話 中編

続きを見る

 

乱世と野心

◆「そんなキャラじゃない」という本能寺フラグ

 

松平元康

◆緊張してお腹がキュルルルル。しかし松平元康徳川家康)は、桶狭間の戦い前哨戦で、見事に兵糧入れを成功させるのです

家康は大高城~岡崎城までどう撤退した?桶狭間の直後

続きを見る

徳川家康75年の生涯まとめ【年表付】3度の絶体絶命をどう乗り越えた?

続きを見る

戦国ブギウギ 次の話は……。

まんが戦国ブギウギ5話「笄斬り」で若き利家、織田家から追放!

続きを見る

書籍版『戦国ブギウギ』です!

 



-明智家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.