絵・富永商太

前田家

前田家は加賀百万石じゃない!? しかも越中の石高がバカにできない?

投稿日:

豊臣秀吉と、織田家時代の家臣仲間・前田利家と言えば、こんな会話がありがち。

秀吉「又佐よ、おさななじみのおみゃーに加賀百万石をやる」
前田利家「ありがたき!」

戦国ファンの皆様なら、ドラマや漫画で一度は見たことあるように思えるが、実はこんなセリフは成立しなかった。
なぜなら加賀百万石というのは……。

 

利家は能登八十万石の大名?

本郷和人・東大史料編纂所教授(日本中世史)が週刊新潮で連載していた「戦国時代のROE」で2週にわたって謎解きをしていた。

テーマは前田家の石高について。

秀吉からもらったのは「加賀(の半分)」と「能登」&「越中」の3か国なので、そもそも「加賀」全部でない。
しかも、これをカウントしてみると、

「加賀半国」20万石
「能登」20万石
「越中」40万石

と、合わせて80万石しかないのである。

しかも、このうち40万石は嫡男・前田利長のものなので、利家本人の領国は40万石しかなかった。
一族全てを合わせても、前田利家は最大で80万石の大名だったのだ。

戦国好きならば、おそらくこう仰られるかもしれない。

「前田家は関ヶ原の論功で加賀の残りを追加されて100万石になったんじゃん!」

しかし、本郷教授の分析を読んでいくと、関ヶ原後に追加されたのは大聖寺領と小松領で、その石高はそれぞれ6万石と12万石である。

つまり合計は98万石――届かず。

いやいや、四捨五入で100万石か。
まぁ、よい! これでエエやろ!

否。話はこれで終わらない。

 

検地したら軽く100万石を突破じゃん

その後、前田家が検地を実施したところ、思いも寄らない答えになった。

加賀44万石(15.7%増量)
能登21万石(5%増)
越中53万石(32.5%増)

全部を足すといくらになるか?

答えは118万石である。加賀百万石どころか、そこそこ超えてるやないかーい!

それにしても驚きなのは【越中のポテンシャル】である。
地元の方には申し訳ないが、越前と加賀に興味が向き、どうしても地味なイメージがあって、割と豊かな土地だとは気付かなかった。

まさか加賀百万石の中心だったなんて、日頃から石高チェックでもしていない限り気づかないだろう。

話はここでも終わらず、前田家の巧みな操作で「加賀百万石」へと調整される。

富山藩10万石と大聖寺藩7万石が息子たちに分配されたことで、3国118万石から17万石引かれて……加賀101万石になった!

おお! ほぼぴったり!
見事なり「加賀百万石」。

というわけで、歴史的な考察や詳細を知りたい方は『戦国武将の明暗 (新潮新書)』(→amazon)をご覧あれ。

戦国好きなら納得の考察が、非常に読みやすく記されている。

以下は本書の目次。

1章 戦いは、なぜ起きたのか――関ヶ原考①
2章 直江状に、家康は怒ったか――関ヶ原考②
3章 天下統一とは何か――関ヶ原考③
4章 官兵衛は軍師だったのか
5章 女城主と日本無双の勇将
6章 前田はなぜ100万石なのか
7章 信長・秀吉・家康の夫人くらべ
8章 城と命運をともに――女たちの戦国①
9章 危機一髪の逃避行――女たちの戦国②
10章 厚遇と冷遇の境界線――論功行賞
11章 鳥居対井伊――譜代の争い

文:川和二十六

【参考】
『戦国武将の明暗 (新潮新書)』(→amazon

 



-前田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.