織田信雄/wikipediaより引用

織田家

織田信雄が【信長の血】を残す! 典型的ダメ武将は本当にダメな人?

歴史上の人物が評価されるとき。
ほとんどの場合は「華々しい功績を挙げられたかどうか?」が焦点になりますよね。

いわゆる三英傑
織田信長
豊臣秀吉
徳川家康
などはその典型でしょう。

しかし、視点を変え「きちんと遺伝子を残せたかどうか?」となると、三人の中では家康ぐらいでは?と思いがちですが、実はそんなこたぁありません。

寛永七年(1630年)4月30日に亡くなった織田信雄がその一人です。

名前からわかりますように織田信長の息子。

織田信長49年の生涯まとめ!生誕から本能寺の謎まで史実解説【年表付】

続きを見る

次男である彼の子孫は、長く続いています。

 

織田信雄の幼名が茶筅丸なの髪の毛が……

「信勝」の読み方が「のぶお」なのか「のぶかつ」なのか。
信長の次男なのか三男なのか。

割と大事なことすらハッキリしていません。逆に幼名がはっきり伝わっているのが不気味なほどです。

以前、松平忠輝の記事で「家康はやたらと子供の顔にこだわる」という話をしましたが、逆に信長は子供の名前に妙なセンスを発揮する人でした。

織田信忠は「顔が奇妙だから」奇妙丸。
信孝は「三月七日生まれだから」三七丸、

そして信雄は茶筅丸。

「髪の毛結ったら茶筅(ちゃせん・お茶を点てる道具)みたいになりそうだから」という身も蓋もない命名をされています。
誰も止めなかった……んではなく、止められなかったんですかね?

他にも「母親が”鍋”だから」というわけのわからん理由で「酌」と名付けられた人もいます。昨今話題のキラキラネームとはまたちょっと違う、ぶっ飛んだセンスです。

一方、女の子には比較的普通の名付けをしているので、余計に信長のセンスがわかりません。

「男は元服すりゃ名前変えるんだから、幼名なんざテキトーでいいんだよテキトーで」だったのか。
「バッカお前、女の子は嫁ぐんだからまともな名前にしなきゃマズイだろ!」だったのか。

天才のアタマの中は、凡人には測れないですね。

 

名門北畠の養子になったはいいが

さて、戦国時代もしくは織田家がお好きな方には「ああ、あのアホね」の一言で片付けられてしまう信雄。
最初のうちは比較的まともでした。当社比ならぬ信雄比では、ですが。

彼は信長の戦略の一環【伊勢方面攻略】の一環として、同地の大名である北畠家の婿養子に入り、実質的には乗っ取っとります。

その後、武田信玄に寝返ろうとしていた家臣を粛清。
そこまではよかったのですが、その後、信雄のバカ殿伝説が始まってしまいます。

まず天正七年(1579年)、信長に”無断で”伊賀(現・三重県西部)に攻め入り、ものの見事に返り討ちに遭いました。
信長に「何やってんだド阿呆! 親子の縁切るぞゴルァ!!」(※実話)と、書状でこってり絞られています。

基本的に身内に甘い信長がいきなり縁切りを言い出しているのですから、その怒りの程が窺えるというもの。

このとき、信雄が養子入りするときにつけた柘植保重つげやすしげという重臣が討死しており、そりゃあ信長もキレるわという話です。

 

兄弟に遅れを取り慌てていた一面も

ついでにいうと、この時期の信長は結構ピリピリしていたと思われます。
中国の毛利氏攻略の途上で、別所長治や荒木村重などが謀反を起こし、苛烈ともいえる処理をして間もない頃です。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

また、天正七年の後半には、いわゆる”松平信康自刃事件”も起きています。この件について、信長がどの程度関与していたのかは現代でも不明ですが……家康や娘・徳姫(信康の正室)からなんらかの連絡は受けていたでしょう。

松平信康はなぜ自刃に追い込まれた? 家康の長男が迎えた悲惨な最期

続きを見る

そんなタイミングで必要性の薄い戦を勝手にやり、あろうことか大事な家臣を討ち死にさせたのですから、信長が信雄にブチ切れるのも当たり前のことです。

若い頃から必死に親族や家臣の取りまとめをしてきた信長からすれば、

「俺の息子ともあろうものが、家臣の重要性すらわからんとは言語道断!!」

となるわけです。

もっと気の短い人なら、信雄から全ての権限を取り上げて、別の息子なり弟なりに伊勢を与えていたでしょう。
信雄が伊勢国司の家柄を(乗っ取ったとはいえ)継いでいたために、そういう手荒な手段が取れなかった……とも考えられますが。

ただ……信雄としては、大した戦功がないことに対する焦りがあったのかもしれません。

同い年の弟・織田信孝は、長兄・織田信忠に従って各地を転戦したり、朝廷との交渉にも関わるなど、文武両道ともいえる活躍をしていました。

織田信孝(信長の三男)はなぜ十字腹を切って壮絶な最期を迎えたか?

続きを見る

織田信忠とは? 家督を譲られるも謀反の光秀に命を狙われ【信長の後継者】

続きを見る

同時期の信雄は、信長主導の戦に参加しつつ、北畠氏の渦中を掌握するためにいろいろしていたので、信孝ほど地元を離れられなかったというのもあるのですが。

世間的な評判としても、信雄がなにかトンチンカンなことをすると

「三介殿(信雄の通称)のなさることよ」

と、諦めと嘲笑の混じった評価をされていたようですし、何とか自分で名誉挽回したかったのかもしれません。

 

本能寺の後は行動がすべて意味不明

その後の信雄の行動は、生涯を通して「??????」といいたくなるようなものばかりです。

例えば、本能寺の変の際は甲賀(現・滋賀県)まで軍を率いてきたにもかかわらず、何故か引き返しています。
場合によっては、明智光秀に襲いかかることも出来たかもしれませんよね。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

それどころか逆に、安土城に放火したという【噂】もあるくらいです。

また、豊臣秀吉vs柴田勝家・織田信孝(異母兄弟)の戦である【賤ヶ岳の戦い】では秀吉方につき、結局は秀吉とうまくいかず、翌年の【小牧・長久手の戦い】では家康側と手を組みます。

賤ヶ岳の戦い~拮抗していた秀吉vs勝家 勝利のキッカケは利家だった?

続きを見る

そこまでは良しとして、戦が長引くと家康に無断で秀吉と単独講和を結んでしまうというアホっぷりです。さすがにこれには家康も参りました。というのも……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.