鳥取城

諸家 れきしクン

【戦国落城譚】踊りに釣られて城奪われた! 兵主源六のアフターフェスティバル

どうも、こんにちは!
「れきしクン」こと長谷川ヨシテルと申します。

おかげさまで、ご好評をいただいております当連載。“一般的にはマイナーだけど、ある地域ではメジャーな戦国武将”をご紹介しております。

12人目となる今回は、レペゼン鳥取県鳥取市の「兵主源六(ひょうすげんろく)」さんです!

 

コンコノ城の兵主源六

「いや、誰、それ〜!」という方がほとんどかもしれません。

私も初めて知ったのは4年前くらいでしょうか。たまたま私の知り合いが、兵主源六さんの末裔と友人だったことがキッカケでした。

兵主さんは「え、ソレが原因でお城を落とされたの!?」という武将で、拙著『ポンコツ武将列伝(柏書房)』(→amazon)でもピックアップさせていただいた大好きな歴史人物の一人です。

兵主源六さんの出身は因幡国いなばのくに(鳥取県)です。

コンコノ城(金剛城とも)という標高293mの山城が居城で「いずれ必ず!」登城したいと思っているお城。

場所は『日本100名城』の鳥取城から西に約17kmの場所にあり、同じく鹿野町にある鹿野城からは南へ約1.5kmの距離になります。

と言ってもわけわからんと思いますので、地図で確認してみましょう。

左上の赤い拠点が鹿野城

中央黄色の拠点がコンコノ城

実はこのコンコノ城、グーグルマップにも登録がなく、まだ未登城なこともあって、正確な位置までは不明です。

以下に登頂記のブログがございますので、「これから攻めたい! 」という方はご参考に。

◆コンコノ城/山城攻略日記(→link

 

衰退する山名家 拡大する毛利家

兵主源六さんは、いわゆる「国衆」と呼ばれる勢力だったようです。

現在で言えば市町村程度の領地を治めていた小領主で、大河ドラマでお馴染みの真田昌幸井伊直虎あたりが有名ですね。

はじめに主君として仰いでいたのは、鳥取城を居城としていた名門・山名家でした。

足利尊氏の室町幕府創設に大きく貢献した山名時氏や【応仁の乱】で西軍の総大将を務めた山名宗全(持豊)などでよく知られています。

『本朝百将伝』の山名宗全/wikipediaより引用

山名家は、足利義満の時代に全国66ヵ国のうち、11ヵ国を持っていたことから「六分の一殿」と称され、警戒した足利義満によって討伐【明徳の乱】を受けたことでも歴史に名を残していますね。

しかし!
ご存知の通り、戦国時代は実力の時代です。

山名家は戦乱の中でジワジワと衰えていき、西からの新たな勢力のプレッシャーを受けていました。吉田郡山城(広島県安芸高田市)を拠点としてグングンと領地を拡大していた毛利家です。

当時の毛利家当主は毛利輝元(毛利元就の孫)。

そして因幡国の方面を担当していたのが吉川元春(元就の次男・輝元の叔父)でした。

毛利家を支え勇将として名高い吉川元春/wikipediaより引用

 

山名豊国はあっちで降参、こっちで降参

兵主源六さんの主君・鳥取城の山名豊国やまなとよくには、天正元年(1573年)に吉川元春の侵攻を受けて降伏します。

前後して、兵主源六さんも毛利家に従うようになったようです。

ちなみに、この山名豊国という大名も、かなり個性的――というかゲームでは激弱大名でして(笑)。

本連載でおなじみ『信長の野望 革新』の能力値はこんな感じ。

【信長の野望 革新】

山名豊国データ

統率28
武勇55
知略23
政治38

ね、弱いでしょ(笑)。

ただ、機を見るに敏というか、しぶといというか、薄情者というか、世渡り上手というか……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-諸家, れきしクン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.