島津家

【戦国武将の賢夫人】古田御前~三成の三献茶エピソードの元祖は彼女?

鷹狩りの帰り、寺に立ち寄った豊臣秀吉に対し、最初はぬるめのお茶を多めに、次にやや熱め、最後に熱く点てた石田三成の『三献茶』。

真偽はさておき戦国ファンにとってはお馴染みのエピソードですが、実はこれより先に同じ三献茶で殿様のハートを打ち抜いた女性がいたことをご存じでしょうか?

種子島時堯(たねがしま ときたか)の夫人・古田御前(ふるたごぜん)です。

 

ミスター種子島こと時堯の側室

種子島時堯は、島津氏に仕えた種子島家14代当主です。

名字からお察しの通り、所領は種子島。

時堯が当主をしていた1543年、この島にどんぶらこと流れ着いた中国船に積まれていたのが、ご存知、戦国時代の戦いを変えた鉄砲でした。

鉄砲伝来は中国船で?種子島に漂着した船にポルトガル人が乗っていた

続きを見る

乗船していたポルトガル人から2挺の火縄銃を買い上げた時堯は、そのうちの1つを島の鍛冶屋に渡して研究させ、鉄砲の国産化に成功します。

そしてそれ以降、同家は鉄砲と末永くお付き合いするのですが、今回の主役・古田御前は、このミスター種子島こと時堯の側室であります。

まずは時尭の奥方事情について軽く説明しておきますと……。

元々、時堯は、島津氏から正室をもらい2女をもうけておりました。

が、島津氏と敵対する禰寝(ねじめ)氏からも密かに姫をもらい、こっそり男児を作って隠しておりました。

これが正室にバレて、正室は島津へ帰ってしまうわけですが、古田御前はこの2人とは別の女性となります。

 

子育てにも見て取れる古田御前の聡明さ

古田御前との馴れ初めは、時堯が国上村へ猟に出たときのことでした。

猟の最中、時尭が喉の渇きを癒やすため、ある家に入ったところで出されたのが、最初はぬるく、次に少し温め、最後は熱い三献茶でした。

このお茶を用意したのが、他ならぬ古田御前。彼女の知性をいたく気に入った時堯が、自身の側室としたのです。

豊臣秀吉と石田三成のエピソードが天正2年(1574年)頃で、古田御前が時堯の息子・久時を生んだのが永禄11年(1568年)ですから、元祖・三献茶は古田御前なのですね!

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

実際、古田御前はクレバーな女性でした。

それは彼女の子育てに見てとれます。

時堯の妻となって彼女がもうけた男児は、家督を継いだ腹違いの兄が早世していたため、種子島氏第16代の嫡子となります。

母である古田御前は戦乱の世を生き抜くため、ことのほか厳しく育てました。

まず、住まいからして、お屋敷ではありません。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-島津家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.