絵・富永商太

信長公記 皇室・公家

信長から光秀へ「惟任日向守」が贈られた蹴鞠の会 信長公記123話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
惟任日向守
をクリックお願いします。

 

光秀、長秀、広正に与えられた九州名族の姓

注目は以下3名の武将ですね。

明智光秀惟任これとう姓と日向守
丹羽長秀惟住これずみ
・簗田広正→別喜(戸次/べつき)姓

光秀と長秀については、既にご存知の方も多いでしょう。

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

簗田広正はその二人と比べると知名度では劣りますが、おそらく若い頃から信長に仕えていたと思われます。

金ヶ崎の退き口】では殿(しんがり)の一員を務めていますし、地道に功績を積み上げたタイプという印象です。

織田信長を祀った建勲神社でも三十六功臣の一人に数えられていて、以下の武将たちと似たような存在感と申しましょうか。

坂井政尚とは? 信長信忠に殉じた名無き功臣たち【織田家三十六功臣】

続きを見る

中川重政は所領争いが原因で表舞台から消え去った【信長家臣十傑】

続きを見る

注目は、3名に与えられた姓の意味ですね。

いずれも九州の名族です。

1582年に【本能寺の変】が起きたため、織田家が直接九州を攻めることはありませんでしたが、「いずれ乗り込もうとしていたのでは?」という信長の意図を少しだけうかがうことができましょう。長秀についてはこの賜姓を一度断った話も有名だったりします。

また、光秀の没後は【日向守】が呪われた官職名だとして、他の武士から忌み嫌われます。そりゃ、そうですわな。縁起でもない名前をつけて災厄があったら目も当てられません。

しかし、これを平気で受けたのが戦国最強の暴れん坊として知られる水野勝成です。

水野勝成が戦国最強武将!全国を流浪したリアル傾奇者は家康のいとこだった

続きを見る

勝成は信長から感状を貰ったこともあり、彼らと同年代で生きていたら興味深かったんですけどね……。

次回からもしばらく、外交や政治に関する話です。

戦の話題に比べると地味ですが、信長個人や織田家の方針、登場人物の性格などを推し量る上で、こういった回も重要になってきます。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

長篠の戦いで信長の戦術眼が鬼当たり!真の勝因は土木工事? 信長公記121話

続きを見る

信長とホームレス~常磐御前を殺め呪われた一族を救え 信長公記122話

続きを見る

今川氏真とは?人質だった家康を頼り 親の仇・信長に蹴鞠を披露する不思議

続きを見る

信長の前で義元の息子・氏真が「蹴鞠」どうしてそうなった? 信長公記117話

続きを見る

正親町天皇が戦国時代を生き抜く! ド貧乏だった皇室は信長に救われた?

続きを見る

明智光秀55年の生涯まとめ! なぜ織田家の出世頭は本能寺に襲いかかったか

続きを見る

丹羽長秀65年の生涯をスッキリ解説!信長に「友であり兄弟」と言われる間柄

続きを見る

坂井政尚とは? 信長信忠に殉じた名無き功臣たち【織田家三十六功臣】

続きを見る

中川重政は所領争いが原因で表舞台から消え去った【信長家臣十傑】

続きを見る

水野勝成が戦国最強武将!全国を流浪したリアル傾奇者は家康のいとこだった

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
『信長と消えた家臣たち』(→amazon
『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 皇室・公家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.