武田・上杉家 川中島の戦い

第五次川中島の戦いは地味じゃないぞ!関東越中も巻き込む大戦【戦国頂上合戦】

甲斐の虎こと武田信玄と、越後の龍である上杉謙信が、信濃で対決した【川中島の戦い】。

全部で5回あったとされ、その中でも両軍が真正面から激突し、山本勘助や武田信繁(信玄の弟)が戦死した【第四次川中島の戦い】は、戦国史に残る激しい戦いとしてファンの皆様にもお馴染みの存在でありましょう。しかし……。

第四次川中島の戦い 展開のカギを握るのは城戦略だった【戦国頂上決戦譚】

続きを見る

その反動のせいか。
せっかくの【第五次川中島の戦い】はそっぽを向かれがち。

もはや後夜祭の後片付けみたいな雰囲気すら漂っておりますが、合戦の天才同士がぶつかり合っておいてそれはありません。

むしろその背景には、北条家も含めた数々の思惑が渦巻いており、現代人の脳髄を刺激すること間違いなし――最後の川中島は、関東や越中も含めた壮大なストーリーに紡がれておりました。

 

「謙信の留守を狙え」戦略がついにマルチタスク化!

はからずも激戦となってしまった前回の第四次川中島の戦いを終え、厭戦気分でちょっと休憩……と思いきや武田信玄は怒涛の攻勢に出ます。

2ヶ月後には西上野(群馬県西部)に侵攻。
次の年には北条氏康の武蔵(埼玉県)、松山城攻めに援軍を出したかと思うと、上杉謙信の北信濃最大の拠点「飯山城」を攻めに長沼城から出陣します。

が、ここは謙信が関東から越後に戻ったとの知らせを受けてあっさり撤兵。
「謙信の留守を狙え」戦略はまだまだ健在です。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-1

第五次川中島の戦いの前哨戦。長沼城が武田方の最前線の城なのが分かりますね/©2015Google,ZENRIN

そして永禄7年(1564年)――。
上杉謙信が越後を留守にしたスキを狙って、今度は会津(福島県)黒川城主、蘆名盛氏に越後を北から攻めるように要請します。

自らは川中島を越えて野尻湖方面に進入し、野尻城(のじりじょう)を落城させてから越後国境に迫りました。

しかし、これも電光石火の早業で越後に戻った上杉謙信によって、蘆名盛氏は撃退され、反転して野尻城も奪還されます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-2

黒川城は現在の若松城(鶴ヶ城)です。こんな遠くから信玄は壮大な「釣り」を仕掛けました/©2015Google,ZENRIN

この時も武田方は既に兵を撤収していました。

そして、ほぼ同時期に信玄は、飛騨(岐阜県北部)の国人同士のいさかいに介入。
飛騨から越中(富山県)を抜けて越後に侵入する動きを見せます。

しかしこの動きはさすがに謙信に見破られて計画は頓挫しました。

越後の北から南までさんざん信玄に振り回された上杉謙信は、ついにブチ切れて川中島への出陣を決心――。というのが、第五次川中島の戦いまでの流れです。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-3

信玄の越中侵攻構想。飛騨方面は馬場信房(馬場信春)が担当しました/©2015Google,ZENRIN

 

もしかしてだけど~♪ 俺様がちょっかい出さなければ…♪

激戦の【第四次川中島の戦い】などなかったかのような慌ただしさですね。

『本当は川中島で激戦なんてなかったんじゃなかろうか?』
そんな説もあるほど、武田信玄と上杉謙信の行動範囲が年々拡大しています。

そして武田信玄には「謙信の留守を狙え」という基本戦略がいまだ生きております。
というか、より大掛かりに福島県から岐阜県まで、使えるものはなんでも使う、しかも同時進行で、というマルチタスクに進化しています。

「信長の野望」がターン制から一枚マップのリアルタイム制になったくらいの進化。
そして信玄は気付きます。

「もしかしてだけど~♪ もしかしてだけど~♪ 俺様がちょっかい出さなければ、謙信はずっと留守なんじゃないの~♪」

それでは第五次川中島の戦いまでの経緯を詳しく見ていきましょう。

 

上杉謙信 関東の抗争にのめり込む(引きずり込まれる)

永禄4年(1561年)初頭に関東管領に就任した上杉謙信。
その直後に川中島で激戦を交わした後は、ほとんどすべてを関東での戦に時間も戦費も費やします。

一説によると、謙信の関東管領就任は、謙信を関東地方に目を向けさせるため、上杉憲政(関東より逃亡した前関東管領)が巧みに仕組んだシナリオだと言われています。

もう関東管領職を背負う気力もカネもないというイメージの上杉憲政ですが、実は京都を追われた後の足利義昭並みに野望を抱いていたとみる説も存在するのです。謙信の武力をバックに、ふんぞり返っていただけかもしれませんけどね。

そんな上杉謙信は三国峠を越えてここから毎年のように関東へ。

進路は【三国峠→沼田城→長井坂城→白井城→厩橋城】と、峠を越えた後は利根川の東側の城に沿って進軍。

謙信の目的は関東管領として関東で影響力を行使することです。
その関東での拠点を、今の群馬県前橋市にある「厩橋城うまやばしじょう」に置きます。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-4

 

坂東太郎の利根川岸に築城って自殺行為っしょ!

厩橋城は「箕輪城みのわじょう」の支城の一つとして、利根川の東側に寄り添うようにして築城された平城です。

坂東太郎の異名を持つ暴れ川「利根川」の岸に築城するなど自殺行為に近いのですが、おそらく水運の利権などを管理していたのでしょう。この時代に利根川のような大河の岸に築城された城は、水運利権や「渡し」の管理が目的として設置されたものがほとんどです。

江戸時代には前橋藩の「前橋城」となり、気まぐれに氾濫する利根川に侵食され破壊が凄まじかったと言われています。

それでも城の修繕は幕府に許されず、幕末に外国船が日本にやってくるようになり江戸城の備えが必要となって、ようやく城の修繕が認められるという苦労人な城でもあります。

しかし城マニアにとって悲惨なことに、利根川の相次ぐ氾濫と、幕末の修繕によって「厩橋城」時代の遺構はすっかり消滅。
現在も開発著しく、謙信時代の名残はさっぱりないという残念な状態になっています。

むろん、真の城マニアはそこでうろたえません。

悠久の年月を経ても変わらない利根川の流れを見るだけで、厩橋城を妄想できてこそ真の城マニアです……おっと、あっちの世界にイってしまいました。てか、川中島はどこへいったんだ!?

 

武田信玄『グンマーのやぼう』!西上野に侵攻する

前回もご紹介しましたが、永禄3年から4年にかけては大きな出来事(今川義元の戦死・上杉謙信の関東管領就任)が続きました。

そして、実はもう一つ戦国ビッグニュースが飛び込んできました。

西上野の名主にして戦上手、反北条の旗頭であり、武田の誘いもすべて拒否してきた箕輪城主の長野業正ながのなりまさが病死したのです。

長野業正【信玄を6度も退けた男】上州の黄斑と呼ばれた名将の生き様

続きを見る

長野業正はもともと上杉憲政の被官。
憲政が越後に逃亡後も名城「箕輪城みのわじょう」に留まり、北条方の侵攻をすべて退けていました。

また、北信濃を追放されて、六文銭どころか一文無しの若き日の真田幸綱を養ったり、この地域のまさに親分的立場の武将です。

真田幸綱(真田幸隆)が信玄の快進撃を支えた! 幸村の活躍は祖父あってこそ

続きを見る

前年に上杉謙信が関東管領に就任した時は一早く謙信の味方になり、反北条のためなら新参者でも手を組むというしたたかな一面もありました。

その長野業正が病死してしまったのです。
息子の長野業盛はそこまでの器量を発揮する前に長野家と箕輪城を継いでしまいました。

西上野への侵攻ルートは複数ありますが、確実な勝利が見込める国峰城がある南方から侵攻します

西上野への侵攻ルートは複数ありますが、確実な勝利が見込める国峰城がある南方から侵攻します/©2015Google,ZENRIN

 

躊躇することなく信玄は出兵 上野の侵攻を始める

箕輪城は越後から関東地方への入り口を押さえ、信濃の武田領から上野の国への入り口も押さえる交通の要衝に位置します。

榛名山の丘陵を城郭に取り込んだ山城で、幾度となく攻められてもすべて跳ね返してきた上野国を代表する堅城でもありました。

長野業正の死はしばらく伏せられていたと言われています。川中島の戦いの前には死去していたようですが、信玄の情報網に引っかかったのは、どうやら川中島の戦い直後のようでした。武田家は川中島の激戦で多数の家臣が戦死してしまいましたが、突如現れたこのボーナスステージを前にして乗らない手はありません。

武田信玄はためらいもなく上野侵攻を開始します。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150225-6

最終目標である箕輪城に向かって順番に城を落としていきます。実に堅実でいやらしい戦略ですね笑/©2015Google,ZENRIN

第4回川中島の戦いの約2ヶ月後には武田信玄は信濃、上野国境の峠を越えて「国峰城(くにみねじょう)」を攻略します。

国峰城は3年くらい前に親族争いの末に故・長野業正派によって国許を追い出された小幡憲重、信貞の居城です。

小幡父子を甲府で庇護していた信玄は、父子の復帰という国峰城攻撃に十分過ぎる大義名分を大いに活用しました。しかも国峰城を乗っ取った方(小幡氏の親戚)には長野業正という後詰の将はもういません。小幡父子の勝手知ったる国峰城を落とすのは造作もなく、あっさりと国峰城を奪還することに成功します。

この小幡父子は、甲陽軍鑑を書いた小幡氏とは別系統の小幡氏で、後年の長篠の戦いで騎馬突撃の末、戦死しております。

国峰城周辺の西上野は古代から馬の産地であり、小幡氏の騎馬軍団は武田家中でも最大でした。信玄としてはこの名馬の産地を手に入れる意図もあったことでしょう。

 

ドラクエ以外にもいた 武装した商人たち

国峰城から上野に侵攻した武田信玄はこの後、国峰城方面と安中方面を河川で結ぶ交通の要衝、倉賀野城くらがのじょうの攻城に取り掛かります。

この倉賀野という地域ですが、武田方、北条方、上杉方の領地が交わる地域で、河川が縦横に走る上野の地でも商業が盛んな場所として知られています。

トラックのない時代、このような内陸部の都市の物流は河川を利用した船による運搬が重要でした。ゆえに、この地の土豪は商人でありながら武士でもあるというちょっと変わった経歴を持った人たちで構成されています。

武装した商人なんてドラクエくらいでしか見ませんでしたが、実際に日本にもいたんですね。
倉賀野という地はそのくらい商業が発達した町でありながら、商人が武装しなければならないほどの紛争地帯であったということが読み取れます。

この倉賀野城の落城には数年を要しますが、その前に和田城が武田方に内応します。

和田城は高崎城の前身。城主・和田業繁わだなりしげはいち早く信玄に内応を約束。
この地を押さえることによって上杉謙信の関東進軍をいやらしく邪魔ができるようになります。ちなみにこの和田業繁も長篠の戦いで戦死しています。

西上野は後年、徳川家康の関東国替えのときに井伊直政の領地となりました。
当初は箕輪城を居城としていたようですが、田舎過ぎて……おっと、山間の城で不便極まりないということでこの和田城を改修し、高崎城を築城してここに移ったのです。このときに長野業正の子孫が井伊家に仕官して彦根に移っていったと言われています。

さて現在の和田城の「被害」状況ですが、高崎市の永遠のライバル前橋市の厩橋城と同様に、一切遺構が残っていません。でもいいんです。悠久の年月を経ても変わらない利根川の流……もう破壊はやめて!私の妄想も限界よ!ていうか高崎に利根川流れてないし!

取り乱してすみません。先に進みましょう。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-武田・上杉家, 川中島の戦い
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.