直江状

直江兼続と徳川家康(右)/wikipediaより引用

武田・上杉家

家康激怒!『直江状』には何が書かれてた?関ヶ原を引き起こした手紙

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
直江状
をクリックお願いします。

 

直江状「多少の無礼は許してね☆」

というわけで「堀家からのチクり+日頃の行い」のことを突っ込む手紙が徳川家康……ではなく、西笑承兌(さいしょうじょうたい)という僧侶から上杉家に届きました。

この時代によくあることで、聖職者なら中立的な立場だろうということで外交官役の僧侶が一筆したためたんですね。

実際の手紙はお坊さんらしくとても丁寧なのですが、平たく言うと「堀家からの報告があって家康が怪しんでるから、上洛して弁明したほうがいいよ! 誤れば許してくれるってよ!」という感じです。

これに対する返事が「直江状」と呼ばれているものです。

箇条書きの上に、承兌じょうたいからの手紙の三倍ぐらい長さがあるという、その時点で慇懃無礼さプンプンの返書でした。

直江状を現代風にまとめるとこんな感じです。

【直江状】

今まで何回も上洛させられて内政が滞ってたから、今真面目にやってるところなんですけど?

仕事してるのに疑われるってすげえムカつくんですけど?

道や橋の整備は領民のためだし、これが戦支度だって言うんなら敵の手助けをするようなもんじゃないですか。そんなバカなことしないしwwwwww

弁明しろ誓書を出せって言うけど、今まで他の家との誓書を簡単にほっぽらかしてきたくせによく言いますねw

うちの殿は謀反する気なんて全然ないのに、そんなことを疑うほうが怪しいんじゃないですか?

この手紙は家康サマに見せるってことだから、ありのままに書いたけど多少の無礼は許してね☆

実際はもちろんもっと丁寧に書いていますが、兼続の他のエピソードからすると気分的にはこんな感じで間違っていないかと。

というのも「兼続がイヤミを言っていた」という話がいくつかあるのです。

村上新悟さんが『真田丸』で演じられた直江兼続。本作の名シーンとしてもお馴染みですね。

 

政宗との逸話からも直江状の真意がうかがえる?

上記の通り上杉家と伊達家が水面下でピリピリしていたことを反映してか、政宗との逸話で二つもイヤミを言っています。

一つは、大坂城で大名とその側近が一堂に会したときのこと。

政宗の領地をはじめ、東北一帯は金が出ることで有名でしたから、「いっちょ自慢の小判を見せてもらえませんか」という話になりました。

自信満々で小判を取り出す政宗。居並ぶ大名へ順番に見るよう勧めます。

大名達は手に取っては「これはすごい」「さすがですな」とお世辞か本気かわからんコメントをしていきました。

そして兼続の番になったのですが、何故か彼は直に手に取らず、扇子を広げた上でぴょこぴょこひっくり返すという奇妙なことをし始めました。

これを見た政宗「大名じゃないからって遠慮しなくていいぞ。直に手に取って見ればいい」と気遣い半分&自慢半分で言ったのですが、対する兼続の反応がスゴイ。

「私は武士なので、このようなキタナイモノを直に手に取るわけには参りません^^」

そう言ってのけたのです。

本当に思ってた可能性も高いですが、このタイミングでこんなことを言ったら、政宗へも他の大名にもイヤミとしか取れませんよね。

兼続に関する本の中では「清廉潔白なことを示すエピソード」として紹介されていることが多いですが、その場の雰囲気を想像すると裸足で逃げ出したくなります。

 

「戦場から逃げる後姿ばかり見てた」

もう一つも実は政宗関連です。

これは江戸時代のもので、あるとき江戸城の廊下で兼続と政宗がすれ違うということがありました。

現代の会社でも、知り合いや上司とすれ違うときには目礼するなり「お疲れ様です」と一声かけるのが礼儀ですよね。

しかし、兼続は大名でもない一家臣だというのに、政宗を無視して通り過ぎたのです。

当然、政宗は「無礼ではないか」と咎めましたが、これに対する反応が「あぁすみません、戦場から逃げる後姿しか見たことがなかったのでwww」というものでした。

このとき政宗の右腕・片倉景綱がいたかどうか微妙なのですが、同伴していたら凄まじい口論になってたかもしれませんね。冷静な人なので刃傷沙汰にはならなかったでしょうけども。

というか、この二つの逸話が事実であれば顔を知らないわけはないはずですから、両方とも相当なイヤミですよね。

そしてどっちの話でも影の薄い景勝ェ……。

片倉景綱(政宗の参謀・小十郎)は冷徹苛烈な武将? 59年の生涯まとめ

続きを見る

まあそれはともかく、そんな感じで爽快な機転やユーモアというよりただのイヤミに近い言動が多かったらしいので、直江状があったにせよなかったにせよ、その内容と似たような態度を兼続が取り続けたのはおそらく事実でしょう。

家康は家康で最初から上杉家をよく思っていない上、タダで手駒にできるとも思っていなかったからこそ武力を使ったんでしょうし、腹の黒さではどっこいどっこいですかね。

大名や軍人、政治家といった国を担う仕事の人は、真っ白ではいられないとは思いますけれども。にしたって方向性が(´・ω・`)

なお、直江兼続の生涯そのものを記したのが以下の記事です。よろしければ併せてご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

直江兼続
戦国武将・直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯

続きを見る

上杉征伐と小山評定から家康vs三成はバッチバチ そして関ヶ原が始まった

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

石田三成
日本一の嫌われ者・石田三成を史実から再評価!豊臣支えた41年の生涯

続きを見る

細川忠興
名門武家の御曹司・細川忠興はキレ体質?妻を偏愛した生涯83年とは

続きを見る

黒田長政
官兵衛の嫡男・黒田長政とは? 偉大な父を持つ二世の苦悩 56年の生涯

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
笠谷和比古『関ヶ原合戦と大坂の陣』(→amazon
直江状/wikipedia
直江兼続/wikipedia
上杉景勝/wikipedia

TOPページへ

 



-武田・上杉家
-