本多平八郎忠勝像と愛槍「蜻蛉切」(レプリカ)

徳川家

天下三名槍の一つ蜻蛉切! 戦国最強武将・忠勝に愛された槍の素性とは

戦国時代、織田信長豊臣秀吉に家臣として望まれ、東の最強武将とも称された本多忠勝(西は立花宗茂)。

その傍らには、いつも心強い味方がいた。

蜻蛉切(とんぼきり)である。

槍の穂先に、飛んできた蜻蛉が当たると、真っ二つに切れる――。

抜群の切れ味から伝説的な名前を付けられた槍を手にした忠勝は、生涯戦うこと57回でかすり傷一つ負わなかった。

まさに最強武将と呼べるその生涯とエピソードについては以下の記事にて。

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

今回は「天下三名槍」の一つとしても知られる「蜻蛉切」に注目してみたい。

 

ここぞの場面で長さを調節していた柄

天下三名槍とは、

・日本号
・御手杵(おてぎね)
・蜻蛉切

を指す。

もともとは「西の日本号、東の御手杵」と並び称され、その中に「蜻蛉切」も含めて数えられるようになった。

御手杵は結城晴朝が作らせたもの。

日本号は酒飲みの賭けに勝った黒田官兵衛の配下・母里太兵衛が、福島正則から譲り受けたものとして知られる。

母里太兵衛
母里太兵衛(官兵衛の腹心)は黒田家一の暴れん坊!酒呑み勝負で名槍獲得

続きを見る

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

蜻蛉切の穂(槍の穂先)は「笹穂」と呼ばれる、文字通り笹の葉の形をしたもので、基本データは以下の通り。

穂:刃長1尺4寸(43.7cm) 最大幅3.7cm、

茎(なかご・柄に入る部分):1尺8寸(55.6cm)

重量:498g

彫金:元に蓮花と梵字(不動明王)、樋(中央の溝)に三鈷剣(倶利伽羅剣)、上にも梵字(地蔵菩薩、千手観音、楊柳観音)

「蜻蛉切」大笹穂槍 銘:藤原正真作 号:蜻蛉切(TOP画像のアップ写真)

柄:詳細は以下の通り

柄の長さは一定ではなかった。

1丈半(約4.5m)が標準という当時の長槍に対し、蜻蛉切は1丈3寸(約4m)で少し短い。

ここぞという時には2丈(約6m)の柄に取り替えて使っていたという。

しかし、晩年は体力の衰えから、3尺(約90㎝)短く切り詰めたとも言われ、それ以後(隠居後)も、いつでも戦えるよう、武具を体力に合わせて調整していた。さすがの武人である。

なお、柄には青貝(あおかい・カワシンジュガイ)の螺鈿(らでん)細工が施されていたとも伝わるが、残念なことに現存していない。

煙に包まれた見付での本多平八郎忠勝。「蜻蛉切」の柄が美しい

 

蜻蛉切の初陣は、忠勝16歳のときだった

本多平八郎忠勝の初陣(ういじん)は14歳。

桶狭間の戦い】で前哨戦となった松平元康(後の徳川家康)による大高城兵糧入れになる。

桶狭間の戦いで信長が勝てたのは必然か『信長公記』にはどう書かれた?

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

これに対し「蜻蛉切の初陣」は忠勝16歳のときで、今川軍の牧野康成の家臣・城所助之丞某との一騎打ちだった。

他には、武田家臣・小杉左近が

──家康に過ぎたるものがふたつあり。唐の頭に本多平八。

と絶賛した【一言坂の戦い】や、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が井伊直政と共に絶賛した「小牧・長久手の戦い」、約90の首を取ったという「関ヶ原の戦い」など。

数多の著名な戦いで「蜻蛉切」を手に携えている。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

小牧・長久手の戦い(豊臣vs徳川の総力戦)複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

ちなみにであるが……。

家康の「唐の頭」とは、中国四川省やチベットにいるヤクの尾毛を唐(中国)から輸入して付けた【兜】のこと。

防水機能があり、雨水が首から鎧の中に入らないように付けられていた。

ヤクは、現在でもカシミヤと並ぶ高級獣毛であり、戦国時代の「唐の頭」も高価だった。

それを徳川武将の半数以上がかぶっていたので、内陸を領し、海外貿易とは縁の薄い武田軍は驚いたという。

特に徳川家康の「唐の頭」(戸田氏蔵・新城市指定文化財)の毛は紅白で、長さは実に1.3mもあった。まるで歌舞伎の獅子のようである。

なお、ヤクの毛を付けた軍旗を「牙纛(がとう)」と言う。

 

柄を2丈にして徳川軍偵察隊の殿を

別の説では、「蜻蛉切」を手に入れたのは16歳の時であり、「蜻蛉切」と名付けられたのは「一言坂の戦い」を経てからという話もある。

なにせこの戦い、まるで三国志の張飛である。

「蜻蛉切」の柄を2丈にして徳川軍偵察隊の殿(しんがり)を務め、見付に火を放って武田軍の進軍を阻止。

遠回りしてきた武田軍を食い止め、徳川家康が「池田の渡し」から、舟で天竜川を渡り切ったのを確認すると、自分も天竜川を渡った。

本多平八郎忠勝が舟に乗った時、迫ってきた武田軍との距離は、わずか

【竿1本分】

だったなんて話も伝わる。

当面見来見附台(当面見来す見付台)
台辺繋馬立裴徊(台辺馬を繋いで立ちて裴徊す)
太平有象松山色(太平象有り松山の色)
忠勝勇名倶壮哉(忠勝勇名倶に壮なる哉)

山崎闇斎『遠遊紀行』(明暦4年(1658年))

『天龍川御難戦之圖』

上掲の『天龍川御難戦之圖』で、右側・黒い馬に跨っているのが徳川家康で、左側・名槍「蜻蛉切」を手に栗毛の馬に跨っているのが本多忠勝。

奥に見える天竜川の対岸が池田で、さらに奥が見付台(磐田原)にあたる。

このとき家康は、忠勝をこう言って迎えた。

──今日の進退度に中り、無比類儀、我が家の良将。(『浜松御在城記』)

さらに、蜻蛉切の製作者についても触れておこう。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-