竹中半兵衛/wikipediaより引用

豊臣家

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
竹中半兵衛(重治)
をクリックお願いします。

 

「偽首」で松寿丸の命は救われた

このとき半兵衛は、信長の首実検に「偽首」を差しだしました。

松寿丸の命は救われたのです。

半兵衛が自領に引き取り、家臣の不破矢足の屋敷で匿いました。

しかし、です。
その翌年の天正7年(1579年)4月、半兵衛は病に倒れ、陣中で没します。

享年36。

後に、有岡城が陥落し、ようやく土牢から解放された官兵衛は、半兵衛に感謝の念を示したとされます。

感謝してもしきれない。まさに黒田父子にとって命の恩人でした。

半兵衛亡き後の同家は、嫡子の竹中重門が継ぎました。

重門は、豊臣秀吉徳川家康に仕え、江戸幕府では旗本(交替寄合席)となっています。

半兵衛が助命した黒田長政が大大名となったことを考えると、少し寂しいと言えるかもしれません。

黒田長政(官兵衛の嫡男)偉大な父を持つ二世の苦悩~56年の生涯

続きを見る

これは能力の差というよりも、半兵衛の死が早すぎた影響もあるのでしょう。

やはり、もっと長生きして采配を振るって欲しかった――そう思わせる人生なのでした。

 

秀吉あっての半兵衛像

フィクションの華々しい軍師像を削ってゆくと、竹中半兵衛の人生は、秀吉の影に隠れてしまいがちです。

彼の活躍をつきつめてゆけば、結局のところ、秀吉がいかに優れていたか、ということにつながります。

半兵衛のものとされている戦果の最終決定者も実行者も、ほとんどが秀吉なのです。

秀吉という日輪の影を反射して輝くのが半兵衛。

もしも彼が長生きしていれば、黒田官兵衛のようにもっと活躍を残すことができたでしょう。

稲葉山城を乗っ取り。

信長に若くして請われて仕え。

秀吉が常に戦場で側におき。

そして『信長公記』にもその死が記載されたということは、やはり優れた人物であるという証です。そこは否定できません。

彼の事績であり、人柄がわかる行動としては、やはり黒田官兵衛・長政父子を救ったことではないでしょうか。

松寿丸(官兵衛の子)に殺害命令!半兵衛が匿うことを秀吉は知っていた?

続きを見る

危険を顧みないその行動は十分賞賛に値するもの。

ドラマ『軍師官兵衛』でも、その熱い友情と交流が描かれています。

あわせて読みたい関連記事

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

黒田長政(官兵衛の嫡男)偉大な父を持つ二世の苦悩~56年の生涯

続きを見る

松寿丸(官兵衛の子)に殺害命令!半兵衛が匿うことを秀吉は知っていた?

続きを見る

斎藤龍興(道三の孫)が信長に敗北! 国を追われてネチネチ攻撃やり返す

続きを見る

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは?

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)は斎藤高政(義龍)の叔父? 勇猛だった美濃三人衆!

続きを見る

豊臣秀吉 62年の生涯まとめ【年表付き】多くの伝説はドコまで本当か?

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

稲葉山城乗っ取り事件~天才・半兵衛を有名にしたアノ伝説とは?

続きを見る

稲葉山城の戦い~戦国初心者にも超わかる信長公記47話

続きを見る

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

「待てあわてるな」日本人は天才軍師・諸葛亮をどんな目で見てきた?

続きを見る

稲葉山城の戦い~戦国初心者にも超わかる信長公記47話

続きを見る

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

黒田官兵衛は本当に秀吉の軍師と呼べるのか?59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

文:小檜山青
イラスト:富永商太

【参考文献】
『竹中半兵衛のすべて』(→amazon
『全国国衆ガイド 戦国の‘‘地元の殿様’’たち (星海社新書)』(→amazon

TOPページへ

 



-豊臣家

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)