歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まんが戦国ブギウギ 島津家

九州薩摩ついに制圧へ! 島津ザビ四兄弟の行く末は? 【戦国boogie-woogie vol.107】

更新日:

 

薩摩をはじめ、九州の多くを征服していた島津家。
その島津家を倒すために大軍を派遣した秀吉は、自らも筑前に上陸すると同時に茶器の名物「楢柴肩衝」を秋月種実から強奪するなど、まさしく王者の行進を続ける。
これに対し、島津の四兄弟は軍を南へ戻し、決戦で迎え撃とうと構えていた。
しかし、その実力差は明白であり、鉄の結束で固められていた島津軍の中から、ついに四兄弟の意見に反対する者も現れる――。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

あえて言おうカスである……とか言ってる場合じゃない

20160314アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆徹底抗戦を貫く島津の四兄弟。鎌倉時代から続くこの名家もすわ滅亡か――。
そんなとき秀吉に率先して降伏したのが同家の有力家臣であった伊集院忠棟さんでした。
彼は豊臣政権に重宝され、厚遇を受けたのを原因として後に殺害されてしまいますが、一方でこのとき伊集院の降伏がなければガチで島津はボロボロに滅ぼされていた可能性があるとも。
カスではなかったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

これぞ天下の天邪鬼 歳久さんが猛反発

20160314アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆伊集院の強い強い勧めで当主・島津義久も降伏の道筋を辿り、他の3兄弟を説得します。
ところが、です。開戦前に「秀吉は低い身分からあそこまで出世した、只者ではない」として豊臣との和睦案を主張していた歳久が、なぜか反発するのです。
一体、何があったんですかねぇ。その行為はまさしく暴走と化していくのです

 

秀吉をめがけて矢を射る空駕籠や

20160314アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆遅れた和睦に納得できなかった島津歳久は、なんと秀吉の襲撃事件を敢行し、そして失敗します。
秀吉には事前に情報が流れていたようで、この段階ですでに大きな実力差があるってことがわからないワケじゃないんでしょうけど、それが武士の意地ってやつでしょうか。
薩摩のサムライって、何か他の土地の武士たちと違うイメージがありますよねぇ。

 

スポンサーリンク

英雄・家久の急死 その真相は……

20160314アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆沖田畷の戦いで龍造寺をぶっ倒し、さらには秀吉の命令で九州へ最初に上陸した仙石秀久・長宗我部信親を追いやった島津家久。
その最期は、あまりに呆気無く、しかも戰場ではありませんでした。
もともと四兄弟の中では母親が異なり、その出自を補うかのように武芸・軍学の鍛錬も欠かさず(母は身分が低かった)、凄まじくストイックな一面が垣間見えますので、ストレスもきつかったんではなかろうか、と。
そのストレスが切腹に向かったのか、あるいは病死だったのか。
いずれにせよ息子の豊久は、後に、義弘の「島津の退き口」で大活躍し、島津の血の強さをあらためて天下に知らしめるのでした。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 




スポンサーリンク


戦国ブギウギの書籍版です!




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-まんが戦国ブギウギ, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.