まんが戦国ブギウギ

賤ヶ岳の七本槍って実は九本槍!? 戦場ではどんな活躍を? まんが戦国ブギウギ81話

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
賤ヶ岳の七本槍
をクリックお願いします。

 

福島正則

豊臣秀吉の縁者として知られる子飼いの武将。酒好きで粗暴なイメージもあるが、各種の奉行を務めるなど単なる荒武者ではないともされる。

賤ヶ岳の戦いでは先駆けで敵将・拝郷五左衛門に襲いかかり、討ち取った。戦後は5,000石を与えられ、七本槍の中では筆頭の扱いとされる(他は3,000石)。

【関ヶ原の戦い】では石田三成との対立から東軍につくも、徳川政権下では失脚し、不遇の晩年を迎えた。

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

 

加藤清正

福島正則と同じく秀吉の縁者であり烏帽子親元服の儀式)にもなってもらっている。

若い頃から武勇と知略を評価され、賤ヶ岳のときには持ち馬が病気だったため、徒歩で従軍。このとき豊臣軍は大垣城から賤ヶ岳までの二十里(約79km)を一気に行軍したが、清正は健脚でもあり付き従ったという。

賤ヶ岳の戦場では凄まじい奮闘の末に山路将監(やまじしょうげん)を討ち取った。

慶長16年(1611年)に病没というが、豊臣家への恩義もあることから、それを警戒した徳川方の暗殺説も根強い。

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

 

加藤嘉明

織田信長の四男にして秀吉の養子である羽柴秀勝に仕え、後に300石で秀吉の直臣に。

豪胆な性格だったとされ、文禄・慶長の役では水軍として参戦、敵船に乗り込んで斬殺するなどの武功を挙げている。

賤ヶ岳の戦いでは際立ったエピソードはないが、他の者と同じく戦功を挙げ、3,000石を拝領した。

 

脇坂安治

当初は明智光秀に仕え、その後、16才で秀吉に仕えたとされる。

勝手な行動で度々秀吉を激怒させたが、最終的には武勇ある者として信頼され、賤ヶ岳の戦いでは柴田三左衛門を破った功績が語られる。

九州征伐や小田原征伐、朝鮮出兵にも参加。

関ヶ原の戦いでは当初西軍に属しながら、小早川秀秋の攻撃に応じて東軍に寝返り、戦いの趨勢を決める一人となった。

戦後は伊予大洲53,000石へと大出世を遂げている。

脇坂安治
七本槍の一人・脇坂安治が明智→豊臣→徳川を渡り歩く~中書様と呼ばれて

続きを見る

 

平野長泰

天正7年(1579年)21才の頃から秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦い(1583年)に参戦。他のメンバーと同じく3,000石を貰う活躍をして、後に5,000石へ。

小牧・長久手の戦い】では、敗走する豊臣秀次を助けるため敵と戦い首級を得る。

関ヶ原の戦いでは東軍に属して、後に徳川秀忠に仕えた。

※大坂の陣では豊臣方で参戦しようとするも徳川家康に止められる

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたのか?

続きを見る

徳川秀忠
徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か?二代目将軍の実力まとめ

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

 

糟屋武則(加須屋真雄)

もともとは三木城・別所長治の家臣。同城が干し殺しで陥落する前に秀吉の小姓になったとされる。

鳥取の渇え殺し三木の干し殺し
鳥取の渇え殺しと三木の干し殺しで人肉の恐怖~人は飢えると獣になる

続きを見る

賤ヶ岳の戦いでは宿屋七左衛門を討ち、戦後に得た石高3,000を後に12,000石まで飛躍させている。

小牧・長久手の戦いをはじめ、朝鮮出兵や小田原征伐でも活躍。

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

関ヶ原の戦いでは西軍に属して伏見城の攻撃にも参加しており、敗戦後はすべてを失うが、後に江戸幕府に許され500石で仕えた。

 

片桐且元(片桐直盛)

秀吉の子・豊臣秀頼の傅役になるほど信頼され、後に徳川家康との板挟みになったことで知られる。

賤ヶ岳の戦いでは特記すべきエピソードはないが、他の武将と同様に3,000石を与えられた。

九州征伐、小田原征伐、朝鮮出兵などの戦場だけでなく、各種内政の奉行も務めるなど、吏僚としての能力も評価されている。淀殿に疑われて大坂から退去した後、家康のもとでも同様に活躍した。

大坂夏の陣後は大和・河内・山城・和泉など畿内の主要エリアで4万石を与えられるも、その後ほどなくして死去。

片桐且元
賤ヶ岳七本槍・片桐且元の苦悩がキツい!大坂の陣で徳川豊臣の板挟み

続きを見る

 

桜井家一(いえかず)

秀吉の弟・豊臣秀長に仕えた後、豊臣秀保の家臣となる。

賤ヶ岳の戦いでは一番槍の戦功を挙げ、糟屋武則が討った宿屋七左衛門も、最初は桜井家一と槍合わせをしていたものだったという。

秀保の没後、秀吉に仕えるも、割と早い時期(慶長元年・1596年ころ)に亡くなったとされる。

 

石川一光(かずみつ)

父の家光が豊臣秀吉の馬廻衆。一光も同様に秀吉に仕えたとされる。

福島正則が討った拝郷五左衛門に対し、最初に対峙したのはこの石川一光とされ、実は討ち果たされている。

漫画の中で「戦死しちゃったから」というのはこのことを意味。拝郷五左衛門は佐久間盛政軍に属していた勇将であった。

 

あわせて読みたい関連記事

賤ヶ岳の戦い
賤ヶ岳の戦いで秀吉と勝家が激突! 勝敗を決めたのは利家の裏切りか

続きを見る

佐久間盛政(鬼玄蕃)
鬼玄蕃と恐れられた佐久間盛政(勝家の甥)が秀吉の誘いを笑って一蹴

続きを見る

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

漫画『Y十M~柳生忍法帖~』レビュー「十兵衛流#HeForShe」を学ぼう

続きを見る

柴田勝家
当初は信長と敵対していた柴田勝家 秀吉に敗れるまでの生涯62年まとめ

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

福島正則
福島正則すったもんだの転封&改易劇! 終焉の地は意外にも……

続きを見る

加藤清正
加藤清正が熊本城を築き迎えたナゾの死 秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたのか?

続きを見る

徳川秀忠
徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か?二代目将軍の実力まとめ

続きを見る

小牧・長久手の戦い
豊臣vs徳川の総力戦「小牧・長久手の戦い」複雑な戦況をスッキリ解説

続きを見る

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたのか?

続きを見る

徳川秀忠
徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か?二代目将軍の実力まとめ

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

大坂夏の陣(大阪夏の陣)
大坂夏の陣の全貌がわかる各武将の戦闘まとめ! 幸村や又兵衛の散り際

続きを見る

鳥取の渇え殺し三木の干し殺し
鳥取の渇え殺しと三木の干し殺しで人肉の恐怖~人は飢えると獣になる

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

脇坂安治
七本槍の一人・脇坂安治が明智→豊臣→徳川を渡り歩く~中書様と呼ばれて

続きを見る

片桐且元
賤ヶ岳七本槍・片桐且元の苦悩がキツい!大坂の陣で徳川豊臣の板挟み

続きを見る

本連載の過去作品→戦国ブギウギ
もう一つのマンガ連載→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

【参考】
楠戸義昭『激闘! 賤ヶ岳 (歴史新書)』(→amazon
渡辺誠『荒武者!秀吉軍団 賤ヶ岳七本槍と池田恒興』(→amazon
阿部猛・西村圭子 (編集)『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon
戦国人名辞典編集委員会『戦国人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
歴史群像編集部『【全国版】戦国時代人物事典』(→amazon

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ