まんが日本史ブギウギ

【斬新日本史マンガ】白河法皇の天下三不如意~されどその前に藤原の抵抗あり!

天皇の祖父となることで超絶権力を有してきた藤原一族。
その栄光も、後三条天皇の登場を機に翳りが見え始めます。

実際、日本史の教科書では、そこが【終わりの始まり】という認識であり、次に出てくる白河天皇白河法皇)の名前で完全に権力移譲したと考えがちでしょう。

しかし!
長年培われてきた最強貴族の血はさほどの生易しくありません。

そこには、失われた権力を取り戻すべく、反動的な動きも生じていたのでした。
院政前夜に何が起こったか?

マンガ「日本史ブギウギ」、第61話、スタート!

 

天皇の思惑

 

藤原復活

 

郁芳門院

 

関白師通

 

平安テロリズム

 

院政のキーマン

 

天下三不如意

 

永久の変

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)