まんが日本史ブギウギ

まんが日本史ブギウギ209話 ペリーの黒船来航でついに幕末動き始める!

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが日本史ブギウギ209話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

帰ってくるぜ

◆地味過ぎる12代将軍・徳川家慶は、ほとんど存在感を示せずに亡くなってしまいました。

徳川家慶
徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

続きを見る

困ったのは当時の責任者・阿部正弘さんですね。

「広く意見を求める」という政治スタイルをすすめ、結果、勝海舟が見いだされます。

勝海舟
勝海舟の人物像に迫る! 江戸っ子幕臣のべらんめぇ生涯77年まとめ

続きを見る

ちなみに、このとき集められた意見の大半は、安易な攘夷を推し進めるなど、使えないものばかりだったようです。

 

十三代

◆徳川家慶以上に問題だったのが徳川家定でしょう。

アタマを悩ませた幕府は、阿部正弘と仲良しな島津斉彬を通じて、薩摩から丈夫な嫁さんを貰います。

それが篤姫ですね。

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯まとめ

続きを見る

篤姫(天璋院篤姫)
薩摩に生まれ 将軍に嫁ぎ 最後は徳川の女だった 篤姫47年の生涯まとめ

続きを見る

 

スイーツ将軍

◆将軍・家定さん。

後世の評判は芳しくないですが、

徳川家定
徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想~篤姫の夫として期待されながら

続きを見る

奥方からしたら良き夫なのかもしれません。その証拠に篤姫は、身も心も徳川の女性となり、倒幕されそうになったときも何かと幕府のために奔走しております。

それは西郷や島津本家を憎むほどだったとか。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ