軍師連盟

軍師連盟/amazonより引用

歴史ドラマ映画レビュー

『鎌倉殿の13人』ドス黒い世界観が好きなら『三国志軍師連盟』を見よ

北条義時が主役はアリなのか?

2022年の大河ドラマが『鎌倉殿の13人』に決まったとき、そんな声があがりました。

義時の事績を考えれば、どう描いたって悪役ではないか?

視聴者の支持を得られるのか?

北条義時
史実の北条義時はドラマに負けず劣らず真っ黒?鎌倉殿の13人小栗旬

続きを見る

しかし、そんな疑問が呈されると同時に「意表を突かれた」という意見もありました。

これは国際的な流れかもしれません。

お隣・中国では、司馬仲達の字(あざな)で知られる司馬懿が主役のドラマが作られています。

劉備が建国した蜀は滅びてしまう上に、曹操の魏ですら乗っ取られて終わる『三国志』の憂鬱な幕引き――その簒奪を実行に移した司馬懿は、中国でもほとんど人気がありませんでした。

そんな腹立たしい奴を主役にしてどうするのか?

まさに義時と同様のポジションで忌み嫌われていた……はずなのに、いざドラマ『三国志〜司馬懿 軍師連盟〜』が始まると、大いにヒットしたのです。

 

同作の名前を初めて聞く方、あるいは中国作品に興味のない方は、いぶかしがるかもしれません。

なんじゃこの作品は?と。

しかし『鎌倉殿の13人』を楽しみにされている方、あるいは『三国志』ファンの皆様にでしたら自信を持ってオススメできます。

これまで険悪で好かれないタイプの悪役が主人公として歴史を新たな視点から提供してくれる。

その魅力を北条義時と司馬懿という主人公の立場から考察していきたいと思います。

【TOP画像】三国志 ~司馬懿 軍師連盟~
→アマゾンプライムビデオ
→amazon DVD

 

北条義時と司馬懿の特徴比較

北条義時と司馬懿――より悪辣な簒奪者は果たしてどちらか?

そんな話を始めたら「もっと建設的な議論をしてくれ」と返されそうな気がします。

強さや賢さを比較するならともかく、スカッとしない悪役対決なんて悪趣味だ。

そう言われてしまいそうですが、単純な英雄気質でない二人だけに面白味もあります。

司馬懿
ボケ老人のフリして魏を滅ぼした司馬懿~諸葛亮のライバルは演技派

続きを見る

まず二人がドラマでどんな描き方をされているか?

両作品を比べてみたいと思います。

◆二人とも青年期は野心家ではない

両者の性格は似ていると言えます。

どちらもさしたる野心はなく「好きなことをして生きていければよい」と謙虚に考えている人物です。

それを義時の場合は義兄となった頼朝に仕える。

司馬懿の場合は曹操に脅迫まがいのスカウトを受ける。

積極的に何かをしたくてスタートを切るわけではありません。

◆問題を片づけ、身を保とうとすると、周りが斃れていく

野心家でもない以上、積極的に上を目指したいワケでもありません。

それだけに為政者からは使い勝手が良く重用され、そのせいで嫉妬や政治闘争に巻き込まれ、火の粉を振り払っていると、気がつけば周りが死屍累々。

本人も望まず、はたから見ても到底憧れない、シチュエーションが続きます。

◆実は性格もそこまで悪くない

結果的に政権の簒奪者となるため悪しき様が語られがちですが、本来は野心的でなく、それゆえ性格もそこまで悪くありません。

明るく陽気なパリピ気質ではない。しかし堅実で常識的と言いましょうか。自ら積極的に悪事を働きに向かうわけではありません。

友人or配偶者or部下にしたいか?と問われれば、どちらでもよさそうに見える。

むしろ彼らの周囲にいる脇役の方がトラブルメーカー揃いですね。

◆主君の代替わりで苦しむ

義時の場合は頼朝時代。

司馬懿の場合は曹操と曹丕時代。

このころはまだ悪くありません。

問題は義時にとっての頼家時代、司馬懿にとっての曹叡時代です。

代替わりで騒動に巻き込まれるのは不可抗力であり、そこまで悪くないのでは?と思えます。

◆わけのわからないユーモアセンスを発揮する

北条義時と司馬懿のドラマにユーモアがあります。

そんなことで笑ったところで、あくどいことには変わりはないかもしれない。

メンタルケアのつもりか、ただの手癖かわかりませんが、どちらもすっとぼけたユーモアセンスがあります。

そのせいで義時と司馬懿にはかわいげすらあるのですが、だからどうしたんだ?とも言いたくなったりします。

司馬懿が女物の着物を諸葛亮から贈られ、それを堂々と着る場面は必見です。なぜか笑えるのです。

◆強いのか、弱いのか? 賢いのか、抜けているのか?

史実の北条義時は武勇では目立つことがなく、強さがわかりにくいと評されます。

ドラマでも踏襲しており、戦場では別の人物の方が目立ちます。

司馬懿は魏では強い部類に入るとはいえ、本人も妻も、本来は文官だから戦いたくないと嘆くほど。

諸葛亮に勝てないこともあり、そこまで強いようには思えません。損な役回りと言えるでしょう。

戦場での華やかさではないものを持ち合わせているのが、この二人といえます。

『鎌倉殿の13人』は完結しておりませんが、『軍師連盟』は完結しています。結局、最終回までスカッとしないドラマであり、むしろジワジワと不快感のような感情が広がりました。

それでも面白い――そんな境地に至ることができます。

日曜は義時。

それ以外の日は司馬懿。

そんな風に同時鑑賞すれば、何かが掴めるかもしれません。

 

日中の歴史の違いを学ぶ

作劇的な共通点はある一方、当然ながら両者の歴史は異なります。

二作を見ることで、その違いを認識することも興味深いものがあります。

『軍師連盟』の五条原の戦いは3世紀。

『鎌倉殿の13人』の承久の乱は13世紀。

ざっと千年の差があります。

◆都市の構造と防衛

「上洛」という言葉があります。

京都を中国の「洛陽」になぞらえた呼び方であり、かつて中国の長安や洛陽をめざして都を作って来た日本の歴史の特徴です。

では、長安や洛陽とはどんな都市だったのか?

そんな想像に応えてくれるのが『軍師連盟』であり、VFXを駆使して表示される洛陽や成都は壮麗です。

あの映像を見ながら、平安~鎌倉時代の人々の気持ちを想像するのもまた一興。

とはいえ実際の都市構造は両国で大きく異なり、都市防衛の設計にも差があります。

最近、中国産の戦国時代ゲームが増えていますが、広告動画を見ていると日本のものではないとわかる。

その大きな特徴が、都市を城壁で囲んでいることでしょう。

漫画アニメ『キングダム』でお馴染みですね。日本は中国ほど強固な城壁都市ではありません。

その差に気づいてないのでしょう。高い城壁で囲まれた戦国時代の街並みがゲームに出てしまうのです。

『軍師連盟』を見てから『鎌倉殿の13人』を映すと、都市防衛の甘さが理解できます。

しかしだからこそ「これではいけない」と考え、その後、日本の「城技術」は進んでゆきます。

◆兵器

兵器にも国ごとの違いがあります。

中国にはあって日本にはない武器として「弩」があげられます。

油を入れた壺を投石器で敵陣に投げ入れ火矢を放つような戦術は迫力満点。

個人の武勇よりも技術を重視する――そんな中国の兵法をふまえることで、日本の戦い方の特質がわかってきます。

弓矢と鎌倉武士
なぜ鎌倉武士は弓矢をそこまで重視したか?鎌倉殿の13人ギモン解決

続きを見る

◆地形の差

船を用いた水上船も異なります。

技術的な問題だけではなく、河川の流れや幅により違いが発生します。

【赤壁の戦い】の再現となると、日本ではかなり困難でしょう。

◆筆記具

『軍師連盟』では主に竹簡が使われます。

紙が普及する前の姿がわかります。

日本の木簡との違いも興味深かったり。

木簡
義時が手にした木簡が想像以上に重要な理由とは?鎌倉殿の13人考察

続きを見る

◆社会制度や成熟度

始皇帝により中国は統一されますが、秦は長続きせず。

その後、漢はおよそ四世紀に渡り続き、中国の基礎を作り上げたとされます。

しかし、その支配に限界があるのではないか? だからこその乱世ではないか?

それが『軍師連盟』の時代です。

日本は中国をお手本とし、国家を作り上げてきました。

とはいえ、それも京都での話。『鎌倉殿の13人』における坂東は異なります。

教育の普及度。衣食住。言語能力。そうしたものが洗練されていく過程です。

なんだ『軍師連盟』の方が千年も前なのに、『鎌倉殿の13人』より進んでないか?

そう思って調べ、考えることが歴史作品のおもしろさでしょう。

坂東武者の文化教養レベル
史実もドラマも坂東武者が粗暴なのは語彙力の影響?鎌倉殿の13人考察

続きを見る

鎌倉幕府の文士
鎌倉幕府の設立に欠かせなかった広元や親能ら「文士はどこへ消えた?」

続きを見る

国の発展速度が異なることは歴史では当然のことであり、日本史を学ぶためには、他国との比較が重要になります。

そうした学びや気付きをドラマを通して得て、さらに掘り下げていく。

それが歴史劇の持つ役割でしょう。

『軍師連盟』にせよ、『鎌倉殿の13人』にせよ。

登場人物に感情移入して「俺ってあの主役みたいなんだよね、気持ちわかる」とは言いにくい作品です。

結果的に自分と一族を守るためとはいえ、あまりにエゲつない策を実行に移してゆく主人公。

はつらつとしていた青年の顔色が徐々に悪くなってゆき、目から光が消えていく。

歴史劇とは、もしかしたら「人間のあやまちや窮地を分析するためにあるのかもしれない」という思いが浮かんできます。

全くスカッとしないドラマで何か得られるとすれば、それは人類の成長かもしれません。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-歴史ドラマ映画レビュー