近藤勇/Wikipediaより引用

幕末・維新

龍馬は関係ない!池田屋事件スッキリまとめ それは新選組vs長州土佐でした

更新日:

元治元年(1864年)6月5日は、池田屋事件があった日です。

どんな事件だったのか?

と問われたら、幕末や新選組が特にお好きでない限り、
「京都でなんかドタバタして人がいっぱい死んだ事件」
ぐらいのイメージの方が多いのではないでしょうか。

時代が幕末。
舞台が京都。
ということで「坂本龍馬が暗殺された事件でしょ?」と思っている方もいるようです。残念、それは近江屋事件だ。

坂本龍馬/wikipediaより引用

てなわけで、最初に当時の【◯◯屋事件】を以下にマトメておきますね。

寺田屋事件(1862年)……薩摩藩内での内輪揉め
◆池田屋事件(1864年)……長州&土佐 vs 新選組←今日ここ
◆寺田屋事件(1866年)……伏見奉行が坂本龍馬を襲撃・龍馬逃げる
◆近江屋事件(1867年)……坂本龍馬が暗殺される

ちなみにこの池田屋事件、当事者となった新選組の近藤勇は【洛陽動乱】という実に中二びょ……ゲフンゴホン、カッコイイ名前で呼んでいたそうです。

洛陽とは中国の都市のひとつで、度々首都になったこともありました。
京都は中国の都市をモデルにして区画割をしていましたので、いつしか京都の雅称として「洛陽」という言葉を使うこともあったというわけです。

話が逸れました。
それでは池田屋事件のあらましを追っていきましょう。

 

御所に火を放ち天皇を誘拐する計画だって!?

まずは当時の日本がどんな感じの世情だったかをつかむことが大切です。

ものすごく端折ると「尊皇攘夷派と佐幕派が京都でお互いにメンチ切ってた」という感じになります。
実際はにらみ合うじゃなくてクーデター(八月十八日の政変)も起きてるんですけども、こまけえこたあいいんだよ。

最初にオチだけ軽く触れておきますと、この事件を契機に、尊皇攘夷派だった長州藩が京都から追い出され、佐幕派が主流になりました。

そんなわけで尊皇攘夷派は何とかして政局に返り咲くべく暗躍し、佐幕派は佐幕派でそういった人々を血眼になって探していたのです。もうこの時点で血なまぐさいニオイがぷんぷんしますね。

そして元治元年の5月、佐幕派一角・松平容保の配下である新撰組は、カギとなる情報をつかみました。
なんと、京都の中に尊皇攘夷派の一団が潜んでおり、物騒な計画を立てているというのです。

計画の中身は「御所に放火した後どさくさに紛れて佐幕派をブッコロし、孝明天皇を長州へ誘拐する」(超訳)というものでした。

これだけヤバイ話なので、情報源となった捕虜もなかなか口を割らず、土方歳三が拷問をして吐かせたそうです。
一体、何をしたんでしょうね。

江戸時代は刑罰とか拷問のレパートリーが豊富かつ酷いので、具体例を挙げるのは控えます。
ご興味のある向きは各自ググる先生にお尋ねください。

 

沖田や永倉、藤堂など新撰組のスターが登場

京都市中で警察の役割を担っていた新選組。
この物騒な計画を阻止するために調べを進めます。

そして6月5日も方々を探していたところ、池田屋という旅館がアヤシイと気付き、近藤たちが押し入ったのです。

だいたい夜の10時ぐらいから、お待ちかね(?)の討ち入りが始まりました。

池田屋に集まっていた長州や土佐の者たちは約30名。
対する新選組も30名ほどです。

最初に突入した人物が誰かという点については諸説ありますが、近藤勇・沖田総司永倉新八・藤堂平助の四人はほぼ確実なようですね。
もしかしたら、暗くて後ろの人がよく見えてなかったのかもしれません。
当時の明かりは現代の照明のように明るくありませんから、屋内となればなおさらです。

途中負傷やアクシデントにより離脱した隊士もいましたが、新撰組は攘夷派を徹底的に追い詰めます。

応戦して斬殺された者はもちろん、池田屋から逃げたはいいものの追いつかれた者、即死はしなかったものの後日このときの傷が元で死んだ者、捕縛されて後々処刑された者まで、多くの攘夷志士が命を落としました。

事件の終了時点では7名が斬殺され、23名が捕縛となりました。

当初は「この場で全員ブッコロ!」の予定だったそうですが、後から援軍が来たため「一応生かして捕まえとけ」と変更されたのだとか。
前者のままだったらもっと死人が出てたでしょう。

 

スタッフまで殺したのはマズかったんでは?

ということで、佐幕派にとっては「けしからん志士どもを殺ってやったぜ!」な事件なのですが、当然被害者側から見れば「新撰組ブッコロ!」としか思いませんよね。

また、現場にいたからといって、関係なかったであろう池田屋のスタッフまで殺してしまっているのはマズイところです。女将さんや使用人まで殺さんでもいいですよね(´・ω・`)
暗がりとはいえ、当時なら髪型がうっすらとでも見えれば男女の区別くらいついたでしょうし。池田屋の主人は知ってたかもしれませんが。

まあこの辺の時代って、「あいつもこいつもアヤシイからブッコロ!」が当然だったので、誰もそんなこと気にしなかったのかもしれません。

もちろん池田屋自体もタダでは済まず、主人はとっ捕まってそのまま牢屋で亡くなり、旅館も半年以上営業停止になりました。

 

今は某チェーンの居酒屋になっているそうで

その後、池田屋は、親族が場所を改めて再出発しながら、早くに畳んだらしく、現存はしておりません。

事件当時の建物は50年ほど前まで残っていたそうなのですけども、そこもまた取り壊されてテナントになったりパチンコ屋になったり、すっかり流浪の身でありますね(不動産ですけど)。

今は某チェーンの居酒屋になっているそうです。
飲んでる最中にあれこれ良からぬモノが見えそうですが……それを言ったら、地球上で誰も死んでない土地なんてないでしょうけども。

ちなみにこの事件の発端となった長州の計画は、新撰組のデッチ上げだったという可能性もあると指摘されます。

いずれにせよ長州藩は
◆八月十八日の政変

◆池田屋事件

◆禁門の変
という事件・戦乱を経て、京都から締め出されてしまいます。

さらには長州征伐が敢行され、なんだかんだで薩長同盟から力を盛り返していくのですが、それはまた別の記事で。
池田屋事件は、新選組の名を天下にしらしめると同時に、長州藩を苦難の道へと落としていくのでした。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『全国版 幕末維新人物事典』(→amazon link
池田屋事件/Wikipedia

 



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.