斎藤一/wikipediaより引用

幕末・維新

斎藤一72年の生涯まとめ! 謎多き新選組・最強剣士は会津に眠る

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
斎藤一
をクリックお願いします。

 

山口二郎隊長、北へと奮戦す

閏4月5日、会津藩主・松平喜徳(※徳川慶喜の弟)により、斎藤は新選組隊長に任命されております。

喜徳の義父である松平容保は、恭順の意を示すために隠居済み。

松平喜徳/wikipediaより引用

そして土方とも行動を別にするようになり、新選組隊長の座は斎藤にめぐってきたということになります。

土方は宇都宮での負傷後会津に立ち寄り、湯治も行ってはおりますが、さらに死に場所を求めるかのように箱館戦争まで転戦します。

近藤死後の新選組は、土方と共にあり、そして函館で終焉を迎えたと考えられがちです。しかし、会津藩の預かる組織としては、斎藤の指揮下の元、会津で終焉を迎えたとも言えるのです。

そう考えると、明治以降の斎藤の生き方や会津とのつながりも理解しやすくなります。

閏月四月下旬、新選組は、それまでの剣としての装備ではなく、銃器で武装して白河口での戦闘に参加しました。

斎藤は実戦経験に基づいた献策をするものの、西郷頼母は受け入れることはありません。
一族自刃の悲劇で知られる西郷頼母は、実戦経験に乏しく融通の利かない者であり、指揮官としては能力が高かったとは到底言えない器でした。

同じく会津藩家老であった山川大蔵(のちの山川浩)とは異なります。

前列右が西郷頼母(左は柔道の達人・西郷四郎)/wikipediaより引用

奥羽への玄関口とされる白河口の指揮官に、西郷頼母がいたということは大きなミスでした。

白河は陥落し奪還はできない状況。
西軍が平潟に上陸を果たし、棚倉城も陥落します。
秋風が吹き始めるころには、会津へと撤退するほかありませんでした。

奥羽の宿場町では、放火や殺人も発生しています。
こうした行為に、新選組が一切関わらなかったとは、状況的に断言できません。

奥羽は戦乱の中へと落ちてゆきました。

戊辰戦争のリアル~生活の場が戦場となり 食料奪われ殺害された悲劇

続きを見る

斎藤も、ともかく会津まで逃れるだけで必死でした。
会津戦争へ向かってゆく中、猪苗代の陥落は東軍の予想をはるかに上回るものだったのです。

この背景には、会津藩の命令系統の混乱もあります。
母成峠と猪苗代の陥落は、会津藩の指揮系統のつたなさも一因であったのです。

そして西軍は、母成峠を乗り越えて会津城下になだれ込みます。

会津藩は猪苗代湖の十六橋破壊による足止めを狙うものの、これすら失敗。
急を告げる鐘が鳴り響く中、会津若松城下の人々は混乱に陥りました。

白虎隊の悲劇は、こうした中で起こったものでした。
猪苗代から会津若松へ向かう滝沢峠での戦闘後、飯盛山へと撤退する最中、あの悲劇が起こったのです。

白虎隊の生き残り・酒井峰治の『戊辰戦争実歴談』が超生々しい!愛犬クマ可愛い

続きを見る

白虎隊にありがちな三つの誤解――例えば全員が自刃したわけじゃなく

続きを見る

 

如来堂でも生きていた!

こうした最中、会津にたどりついた東軍の間でも、意見が別れます。

土方は二本松城陥落後、海路に面している仙台への転戦を考えるようになります。
伝習隊を率いる大鳥圭介も同じ、彼らは函館へと転戦することになります。

一方で斎藤は、会津で戦い抜くことを考えていました。
彼らは塩川(現在の喜多方市)で袂を分かちます。新選組幹部の多くも、ここで斎藤と別れております。

斎藤らが率いる新選組は、神指城如来堂に籠もりました。
神指城とは、かつて直江兼続徳川家康を迎え撃つべく、建てようと考えていたものの実現しなかった城跡です。

神指城跡周辺/photo by hiroyuki0904 
wikipediaより引用

現在はただの平原ですが、幕末期には遺構が若干は残されておりました(会津若松観光ナビ)。
それを頼りに、斎藤らは籠城を決意したわけです。

人数は20名ほど。
そんな少数ながら、会津若松城を目指す西軍に攻撃を仕掛けたらしいことはわかっております。

残念ながら、詳細な情報はあまりに残っていません。
今わかっていること。
それは多勢に無勢であり、新選組はあえなく全滅した……と考えられていたことです。

新選組隊士であった中島登の描いた斎藤の肖像画でも、如来堂で死亡した扱いとなっております。
味方すら結果的に欺いたほどの戦場から、斎藤は生還したのです。

しかし、この会津戦争での斎藤もよくわかりません。
如来堂で戦死したと長年考えられており、結局どこで何をしていたのか不明。
ハッキリするのは、謹慎所に姿を見せてからなのです。

会津藩領でゲリラ活動をしていたのでは?とされています。

 

生きていたあの男、斗南藩士に

新選組隊長にまでなった山口二郎、如来堂にて散る――。

中島登はじめ、味方まで信じたその死。

中島登/wikipediaより引用

しかし、彼は生きておりました。

謹慎地すらわかりません。
一瀬伝八という変名で高田にいたとされたこともありますが、これは斎藤ではないとの見方が現在では有力。
はっきりとその消息が確定するのは、斗南藩でその消息が見つかってからの話です。

斗南藩の生き地獄~元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

新政府軍に恨まれ、叩き潰された会津藩士たち。
明治期に迫られた道は、いくつかあります。

・会津での帰農
→町野主水、酒井峰治等
しかし、これも三島通庸に利用されるようなこともありまして……ラクな道ではありませんでした。

三島通庸「鬼県令」と呼ばれて~いだてん三島弥彦の父は元精忠組メンバー

続きを見る

・蝦夷地で開拓
→『マッサン』の森野熊虎父のルートです

余市のリンゴ「緋の衣」と会津藩士~北海道移住の敗者は赤い実に賭けた

続きを見る

・東京その他の土地へ
秋月悌次郎、広沢安任等

会津屈指の秀才・秋月悌次郎~幕末の動乱を生き抜いた生涯77年とは

続きを見る

・斗南藩へ
→山川浩、佐川官兵衛柴五郎

斗南藩の生き地獄~元会津藩士たちが追いやられた御家復興という名の流刑

続きを見る

この斗南藩ですが、比較的上級藩士が向かったルートであり、ここに斎藤が入ることからしてそれなりの期待感や厚遇を感じます。
結果的には大変なこととなるのですが、たどりつくまではそんなこともわからなかったわけです。

斎藤は、会津藩士となったとは言えません。
しかし、斗南藩士としては迎えられた。
結果的に言いますと、斗南藩での生活は大失敗に終わります。

・前提条件に無理がある
・地元住民と移住者間の軋轢、統治に反発する一揆も発生している
・会津藩士、あまりに商売感覚がない
・会津藩士、農業感覚もなかった……

廃藩置県により、斗南藩の生活は終わりました。
地元に残留した者もおりますが、斎藤はじめ中には東京を目指す者も……。

斎藤は、ここで藤田五郎として生きることとなるのです。

斗南藩士としての日々は、苦しいだけのものではありませんでした。
この時代、斎藤は篠田やそという、会津藩出身の女性と結婚したとされます。ただ、上京時に残してきたようで、やそはのちに、倉沢平治右衛門という人物の家に住み込んでおります。

おそらくや離縁したのでしょう。

 

藤田五郎巡査

東京で、斎藤は妻を娶りました。

彼女の名は高木時尾。
松平容保の義姉かつ会津藩の姫君として慕われた「照姫」の祐筆であった才女です。父は三百石という上級藩士の出身でした。

会津戦争では、夜襲へと向かう山本八重の断髪をしており、『八重の桜』では、貫地谷 しほりさんが演じました。

新島八重86年の生涯~最強の女スナイパーが同志社&赤十字に身を捧ぐ

続きを見る

斎藤と時尾の夫妻の姿は、『八重の桜』でも登場しております。

『八重の桜』の真価とは?明治維新150周年だからこそ見るべき16の理由!

続きを見る

弟・高木盛之輔は、軍人や教育者として、明治時代に名を残しております。
義兄の斎藤とも交流があったことでしょう。

この結婚は、まるで会津藩をあげて祝うかのようでした。

上仲人が松平容保、下仲人が佐川官兵衛と山川浩であったのです。
このように、斎藤と旧会津藩の人々との交流は、東京に移ってからも続いております。

佐川のみならず、山川浩・健次郎兄弟も飲み友達。
酒が好きな彼らと飲んでは昔話に耽る。明治の世で賊軍と指をさされていた彼らではありましたが、そこには友情があったのです。
山川浩は、斎藤の長男・勉の名付け親でもあります。

まるでマンガ! 元会津武士・山川浩の西南戦争は凄まじき戊辰リベンジ

続きを見る

そんな生活でも、なんとかして糧を見つけねばなりません。
ここに渡りに船とばかりに、会津藩士をスカウトしている人物がおりました。

日本に警察組織を導入した、川路利良です。

薩摩藩士・川路利良が導入した近代警察制度とは? 仏英の歴史から振り返る

続きを見る

2019年大河ドラマ『いだてん』で、巡査をしていた元旗本・美濃部戍行が、槍を片手に息子の美濃部孝蔵を追い回し、視聴者の度肝を抜きました。
そういう時代です。
川路は、武士の武芸こそ逮捕に役立つと、士族を積極的に登用したのです。

真剣で斬り合える巡査がウロウロしている、明治時代。怖いですねえ……。
斎藤一の人気を高めた『るろうに剣心』での彼は、この藤田五郎時代の姿です。

 

薩摩芋を斬る! 西南戦争へ

明治10年(1877年)、西南戦争――それは会津ゆかりの人々が待ちに待った瞬間でした。

このとき川路利良は、警視庁からの巡査派遣を決定。
わざわざ全国から徴募するほどの気合の入れようです。

斎藤も、このことが決まると、警視庁同僚の佐川官兵衛に興奮気味で語りかけて来たのですから、いかに期待していたのかわかろうというもの。
警部補となった斎藤は、二番隊長の一員として出発します。

豊後口へ向かい、熊本へと転戦。
藤田は、会津戦争での山本八重、戊辰戦争での庄内藩が用いたスペンサー銃も装備していました。

大分県高床山付近で、斎藤は右肋骨あたりに負傷し、陸軍出張病院に入院しております。

戦後、勲七等青色桐葉章と賞金100円を受け取っております。活躍を果たしたのでしょう。
このとき、斎藤と親しかった佐川官兵衛は戦死を遂げました。

元会津藩士・佐川官兵衛の西南戦争タイマン! そのとき銃弾が胸を貫いた

続きを見る

 

守衛としての晩年

斎藤は、明治21年(1888年)まで警察官として生き、退職しました。

明治以降の歩みは、勤め人として淡々としているかもしれません。
永倉のように、仲間の慰霊や新聞記者の取材に応じることはなく、それでも山川兄弟のような親しい人物には過去の経験を語ったようです。

その口の重さが、彼のミステリアスなイメージを増幅しております。

そんな斎藤の会津人脈が、新たな就職先につながります。
東京高等師範学校の校長・高嶺秀夫は、会津藩士でした。『いだてん』でも中心にいる同校は、実は会津の人脈と深い関わりがあるのです。

東京文理科大学附置時代の東京高等師範学校/wikipediaより引用

山川浩も校長を務めております。
柔道でも知られる嘉納治五郎(同じく校長)は、会津藩家老・西郷頼母の養子である西郷四郎の師匠でもありました。

そんな会津人脈を頼って、斎藤にも声が掛かります。

明治27年(1894年)から明治31年(1898年)まで。
東京高等師範学校附属東京教育博物館(現・国立科学博物館史跡・湯島聖堂)の看守(守衛長)を勤めたのです。何気に、ここでは剣術も指南したとか。

嘉納治五郎が柔道、斎藤一が剣術。
東京高等師範学校の指導者、スゴすぎます。

『東京高等師範学校一覧』/photo by 唐可 wikipediaより引用

明治32年(1899年)から明治42年(1909年)にかけては、東京女子高等師範学校に庶務掛兼会計掛として勤務。
登下校時は人力車の交通整理もしたそうです。

特に頼まれなくても進んで誘導していたそうですから、なんとも親切ではありませんか。

人力車を引く車夫となれば気の荒い青年も多かったでしょうから、うってつけの役目とも言えます。
会計ということは、算盤をパチパチとはじいていたことにもなります。

この学校間の異動は高嶺と一致します。
彼のあとを慕ったのでしょう。

 

死を悟り、仏間で結跏趺坐したままでの大往生

新選組の最強剣士だけに、その後もさぞや恐ろしい話があるのかな?と思ってしまいますよね。
永倉の場合、晩年でもチンピラを軽々と倒したなんて伝わっております。

しかし、斎藤はどうもそういう話はありません。

周囲が彼の過去を知り、勝手にあれは怖い、恐ろしい目だと感じていただけ。
トラブルとは無縁の、よい人だったのでしょう。

彼の勤務態度は「格別勉励」で、とても真面目だったとのことです。

大正4年(1915年)9月28日、胃潰瘍のため、東京の自宅で死去。
享年72。

その死を悟り、仏間で結跏趺坐(けっかふざ)したままでの大往生でした。

墓は、福島県会津若松市の阿弥陀寺にあります(会津若松観光ナビ)。
この境内には、取り壊された鶴ヶ城の遺構が移築され、会津戦争の死者が埋葬されています。

戦い抜いた会津の人々と眠りたい――生前から山川浩らに語っていた斎藤の願いが叶えられたのです。

阿弥陀寺では、毎年秋に慰霊祭が行われております。

会津戦争の『遺体埋葬論争』に終止符を……亡骸の埋葬は本当に禁じられた?

続きを見る

なお、同年には、永倉新八も死去。
新選組隊士の生き残りは、明治を生き抜き、大正時代にかけて静かに去っていったのでした。

斎藤の魂は、その墓と写真の寄贈された福島県立博物館がある、会津に今もあるのです。

新選組斎藤一のお墓/photo by Rikita wikipediaより引用

この記事を読んで、
「結局、斎藤一ってわからないことだらけじゃないか!」
と思われた方も多いでしょう。

そうなのです。
永倉新八のように、積極的に語っているわけでもない。
書状も限定的。
写真すら、つい最近までなかったほどです。あれほど鮮明なものが複数あったにも関わらず、なかったとされた。

おそらくや生前の彼の性格が影響しているのでしょう。
意図的に隠したわけではなく、よほど気を許さなければ、あまり語らないタイプであったようです。

子孫によれば、斎藤は話す前に吟味して、やっとしぼり出すタイプだったとか。

ただし、明治以降の会津人脈となると、親しげな姿を見せております。
斗南藩士として受け入れられ、結婚にせよ就職にせよ、親身になって自分に寄り添ってくれたという恩義があったのかもしれません。

会津の人々に対しては、心を開いている様子がうかがえます。

『るろうに剣心』をはじめとするフィクションで描かれる斎藤は、シャープでミステリアスな像です。

しかし、実像はもっとシャイで慎重な姿がうかがえます。
根が真面目であったからこそ、守衛として極めて真面目につとめあげたのでしょう。

シャイでありすぎたために、ミステリアスにされてしまった斎藤一。
そんな像も魅力的じゃありませんか――。

生真面目で、ともすれば融通の利かない会津藩士たち、その膝下に斎藤の墓があるのも、なんとなく納得できます。
シャイでミステリアスな斎藤を迎え入れた土地で、彼とその家族は今も眠っています。

文:小檜山青

【参考文献】
『斎藤一〜新選組論集』三十一人会(→amazon link
『新選組・斎藤一のすべて』(→amazon link
『新選組・斎藤一の謎』赤間倭子(→amazon link
『「新撰組」全隊士録』古賀茂・鈴木亨(→amazon link
『新選組証言録』山本竜也(→amazon link
『新選組』松浦玲(→amazon link
国史大辞典

 



-幕末・維新
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.