愛加那

愛加那(右)と西郷隆盛/wikipediaより引用

幕末・維新

愛加那(西郷2番目の妻)はどんな女性?菊次郎を産んだ奄美の島妻

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
愛加那
をクリックお願いします。

 

「島妻」

そうこうして、一年が過ぎ。

西郷は女郎屋に通うようなこともない真面目な男でしたが、彼も既に32才です。一年の滞在期間の間に、島民との関係も改善していました。

そこで、こんな話が持ち上がります。

「島妻(アンゴ)を娶ってはどうか」

薩摩藩では、領内の遠い島に滞在する場合、正妻の他に妻を娶ってもよい、という藩法がありました。

ただし、こうした「島妻」は、いくつかの決まりがあります。

・島妻を薩摩に連れて帰ることはできない

・島妻との間に生まれた子は、薩摩に連れて行き、教育を受けさせることができる

・島妻との間に生まれた子が男子の場合、郷士とすることができる

・扶持米をもらうことができる

貧しさにあえぎ、「家人」にまで身を落とさねばならない島の人々。

彼らにとって、島妻という地位は魅力的でした。娘を進んで島妻に差しだす親がいても、不思議ではありません。

こうして「島妻」として白羽の矢が立ったのが、愛加那(あいかな)だったのです。

愛加那は、西郷が身を寄せていた龍家の龍佐恵志(りゅう さえし)の娘で、母は枝加那(えだかな)でした。

まだ6才という幼さで父を亡くし、5人きょうだいの4番目として育ちました。

天保8年(1837年)生まれの愛加那は、西郷より9才年下の23才。目鼻立ちのくっきりとした、島の女性らしい美女でした。

幼名は「於戸間金(おとまがね)」となります。

「於」は尊称。

「金」は女性につける「加那」の古い呼び方です。

名前は間に挟まれた「戸間(とま)」ということになります。「おとまさん」ということですね。

西郷と結婚した際、「とま」という名を「愛」にかえて、「愛加那」と呼ばれるようになります。「愛子」、「愛さん」という意味でした。

 

西郷と愛加那

前述のような事情を考えれば、西郷と愛加那の間に、結婚前のロマンスがあったとは考えられません。

周囲が薦めて、娶ったというのが妥当な気がします。

ただし、それではあまりにつまらないわけで。大河ドラマ原作にもなった林真理子氏の『西郷どん』でも、二人の間にはロマンスが描かれます。

ドラマでも、それは必要以上に強調されておりましたね。

結婚後、西郷は愛加那を愛しました。それも、周囲の人が驚くほどに。

西郷は、人前でも愛加那の体を平気で触るため、周囲は目のやり場に困っていたそうです。

万延2年(1861年)、二人の長男である西郷菊次郎が誕生。

西郷菊次郎
西郷の息子・西郷菊次郎は西南戦争で右足失い台湾へ 68年の生涯とは

続きを見る

愛加那は二人目の子(女児の菊)もみごもりました。

その子がまだ産まれぬうちの文久2年(1862年)。西郷は藩から呼び戻され、薩摩に戻ることとなってしまったのです。

 

西郷、徳之島へ

せっかく薩摩へ戻ったのもつかの間。

同年、西郷は島津久光の怒りを買い、今度は徳之島へ流されることとなります。

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

このとき、愛加那は二人の子を連れて、西郷に会いにゆきました。親子の再会を喜んでいると、今度は西郷を沖永良部島に流すとの処分が決まってしまいます。

これが、西郷と愛加那にとって永遠の別れとなりました。

薩摩に戻った後も、西郷は愛加那を子供たちのことや暮らしぶりを気に掛け、送金を続けました。

西郷の死後も、西郷にとって三番目の妻となる糸(岩山糸/西郷糸子)が、送金を滞りなく続けました。

岩山糸(西郷糸子)
西郷3番目の妻・岩山糸(糸子)銅像を見て「こげなお人じゃなかった」

続きを見る

二人の子は、ある程度成長した時点で糸に引き取られました。

糸は、愛加那の子を彼女自身の子と分け隔てなく、育て上げたのです。

愛加那は奄美大島で暮らし続けました。明治35年(1902年)、愛加那は農作業中に倒れ、そのまま息を引き取りました。享年65。

 

西郷がB型とわかるのは彼女のおかげ

愛加那は櫛についた西郷の毛髪を束ねて、形見としてしまいました。

この毛髪を鑑定した結果、血液型はB型であると後に判明。

実は愛加那のおかげだったのですね。

共に過ごした日々は短いものの、そこには深い愛情が感じられる。

そんな愛加那と西郷の関係です。

あわせて読みたい関連記事

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯

続きを見る

伊集院須賀(西郷1人目の妻)とは?わずか2年でスピード離婚した理由

続きを見る

西郷と共に入水自殺した月照~京都清水寺の住職はなぜ自死を選んだ?

続きを見る

島津忠恒
四兄弟の跡継ぎ島津忠恒は鬼島津の息子なれど謀殺や嫁いびりが酷い?

続きを見る

西郷菊次郎
西郷の息子・西郷菊次郎は西南戦争で右足失い台湾へ 68年の生涯とは

続きを見る

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

岩山糸(西郷糸子)
西郷3番目の妻・岩山糸(糸子)銅像を見て「こげなお人じゃなかった」

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

家近良樹『西郷隆盛 維新150年目の真実 (NHK出版新書 536)』(→amazon
北康利『西郷隆盛 命もいらず 名もいらず』(→amazon
国史大辞典

TOPページへ

 



-幕末・維新
-, ,

×