新古今和歌集(1654年写本)/国立国会図書館蔵

文化・芸術・伝統

新古今和歌集が技巧的と言われる理由&その歴史 20首をピックアップ!

更新日:

古典や日本史文化ジャンルで、とっつきにくさNo.1と言えば「和歌」でしょう。

いや、それは現代においても通じる話ですね。
小説家は毎年一定数の方がデビューしますが、歌人が話題になることはほとんどありません。

掛詞や枕詞、そして数々のお約束やタブーなど。
成約が圧倒的に多いのが敬遠されがちな理由でしょう。

振り返ってみれば最古の歌集である万葉集の時代は素朴な歌が多数派でした。
時代は進み中世の【新古今和歌集】ともなると、かなりの技巧が駆使されるようになります。

今回はこの歌集の成り立ちや中身を、できるだけ平易に垣間見ていきたいと思います。

 

八番目の勅撰和歌集

新古今和歌集は、八番目の勅撰和歌集です。
一応、一番目から七番目まで記しておきますと……。

①古今和歌集 905-914年 醍醐天皇
②後撰和歌集 951-959年 村上天皇
③拾遺和歌集 1005-07年 花山院
④後拾遺和歌集 1086年 白河天皇
⑤金葉和歌集 1126年 白河院
⑥詞花和歌集 1151年頃 崇徳院
⑦千載和歌集 1188年 後白河院
⑧新古今和歌集 1205年 後鳥羽院

成立年代の右に記されているのが、作るように命じられた方で、新古今和歌集は後鳥羽上皇が藤原定家ら六人の選者に作らせました。

鳥羽天皇(後鳥羽上皇)/wikipediaより引用

その内容は全二十巻という大作。
内訳は
・春の上下
・夏
・秋の上下
・冬
・賀
・哀傷
・離別
・羇旅(きりょ)
・恋の一~五
・雑の上中下
・神祇
・釈教
となっています。

いやぁ、ボリューム感が凄いですよね。

哀傷の巻は死別、離別の巻は相手が生きている別れを題材にした歌となっております。
おそらく、宮中では「死」を穢れとみなすため、あえてぼかした表現にしたのでしょう。

また、神祇の巻はお参りや神事など、釈教の巻は仏教の教えや価値観を表した歌がまとまっています。

 

後鳥羽上皇の気合がムンムン

収められている歌は約二千首。
かなり多く感じますが、
「一巻に平均百首ずつ」
と考えると、そうでもない気がしますね。

この壮大さは、後鳥羽上皇の情熱の表れでもあります。

歴史上で見る後鳥羽上皇はやはり「承久の乱に敗れて流された」というイメージが強いですが、同時にいろいろな芸術に秀でていた方でした。
新古今和歌集の編纂についても、並々ならぬこだわりを抱いています。

例えば、選者を任命した翌年、選者の一人だった寂蓮法師が入寂してしまったのですが、代任をせず残りの五人で編纂を続けさせました。
数合わせでテキトーな人選をするより、そちらのほうが良い歌集にできると考えたのでしょう。

さらに、選者が選んだ歌を上皇自身が三回かけて厳選しています。

その情熱は、承久の乱に敗れて隠岐へ流された後も続き、後鳥羽上皇は新古今和歌集をさらに磨き上げるため、数を絞って「これこそ真の勅撰和歌集だ」と言っていました。

後鳥羽上皇にとって、新古今和歌集はまさにライフワークだったのでしょう。

現在「新古今和歌集」として伝わっているのは、後鳥羽上皇が三回目の編纂をした時期のものです。

編纂の時期を一~五段階に分けているのですが、現代で底本とされているのは二番目の時期のもので「二類本」と呼ばれています。
この系統の写本は現存数が最も多く、当時から数多く出回っていたと思われます。

隠岐で作られたものは「隠岐本」として区別されていますし、上皇の編纂前のものなども別バージョンとしているので、収録数を”約”二千首と表現しているんですね。

 

定家の出番がやってきた

新古今和歌集といえば「技巧的」なイメージがあります。
主な選者だった藤原定家が和歌の師匠の家柄であったことに由来しているからでしょう。

この歌集の撰進が始まる直前、「御子左家(みこひだりけ・藤原北家の系統)」のライバルだった「六条家」の代表的歌人が亡くなっており、定家にとっては実力を証明する絶好の舞台でもありました。

藤原定家/wikipediaより引用

新古今和歌集とよく対比される歌集として「万葉集(7C後半-8C後半)」と「古今和歌集(905-914年)」があります。

万葉集の時代は、まだ和歌の“お約束”が定まっておらず、高貴な人も下々の者も、自由に心情や風景を詠んでいたといえます。
一方、古今和歌集は、万葉集の時代と比べて社会が発達してきていることもあってか、ウィットに富んだ歌が増えました。

そういった流れを意識すると、新古今和歌集はこの三つの中で最も新しい時代になるので、さらに和歌の技術が上がっている……ということが、なんとなく飲み込めるかと思います。

それを裏付ける手法として「本歌取り」があります。

過去の有名な歌の一部をもじって新しい歌にするというもので、新古今和歌集ができる前からありました。
現代でいえば、過去の名曲をカバー・アレンジしたり、洋楽を日本人シンガーが歌うようなものでしょうか。

和歌において「本歌取りが上手い」ということは、教養の高さと自身の技術の高さを示すことになります。

そして、新古今和歌集の時代には、単なるパロディではなく、
「これ、もしかしてあの歌の本歌取りなんじゃ?」
というように、パッと見ではわからないほど技巧を凝らした歌が増えました。

この辺が「新古今和歌集は技巧的」とされる由来でしょうね。

勅撰和歌集は「以前の歌集に載ってない歌から選ぶ」という原則はあるにしろ、歌人自体はそう変わりません。
そのため新古今和歌集にも万葉集時代の素朴な歌が入っています。

ぶっちゃけた話、編纂時期の「流行が現われているだけ」と考えても間違いではないかと。

新古今和歌集はできた直後から江戸時代まで高く評価されてきた歌集ですが、
明治時代に正岡子規が
「万葉集が最高! 古今も新古今もイラネwww」(超訳)
という態度をとったため、
近現代ではあまり重視されていないフシがあります。極端過ぎるやろ。

正岡子規/Wikipediaより引用

 

序文からも伺える技巧の薫り

新古今和歌集で技巧が重んじられるようになったことは、序文からもうかがえます。
長いので一行だけ抜き出してみると

「やまとうたは、むかしあめつちひらけはじめて、人のしわざいまださだまらざりし時、葦原中国のことのはとして、稲田姫素鵞のさとよりぞつたはれりける」
(意訳)「和歌は、昔々日本の国土ができたばかりで人々の暮らしも定まっていない頃、この国の文学として、スサノオノミコトとクシナダヒメの住んでいた土地から伝わったとされている」

一行だけなのに、なんだかとても“長い”印象を受けますよね。
この部分を書いたのは藤原(九条)良経とされていますが、教科書っぽいというか、古文や歴史の授業っぽい感じが漂います。

これに対し、古今和歌集の序文の最初は

「やまとうたは、人の心を種として、万(よろず)の言の葉とぞなれりける」
(意訳)「和歌は、人の心の中にある種から生まれ出る言の葉である」

と、非常にシンプルなものです。
こちらは紀貫之が書いたとされていますね。

紀貫之/Wikipediaより引用

もちろん二人とも人間なので、性格や文体、好み、世情などが表れているのでしょう。

タイトルが似ているので忘れがちですが、古今集から新古今集までは300年ぐらい経っていますし、いろいろと変わるのは当たり前です。
乱暴に例えると、芥川賞や直木賞の受賞作品と、南総里見八犬伝(1814年刊行開始)を比較するようなものですから。

 

外せない「三夕の歌」とは?

さて、どちらかというと古文の範疇ですが、新古今和歌集といえば「三夕の歌」も外せません。

・寂しさは その色としも なかりけり まき立つ山の 秋の夕暮 (寂蓮法師)
(意訳)「秋の夕暮れ時の寂しい雰囲気は、木の葉の色を問わず持っているものなのだな」

・心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の 秋の夕暮 (西行法師)
(意訳)「未熟な精神の私でも、鴫が川から旅立つような秋の夕暮れには、もののあはれを感じるよ」

・見渡せば 花も紅葉(もみじ)も なかりけり 浦の苫屋(とまや)の 秋の夕暮 (藤原定家)
(意訳)「この浦の粗末な我が家には花も紅葉もないが、秋の夕暮れは変わらずに訪れているよ」

元々和歌には恋・春と並んで秋を詠んだものが非常に多いのですが、その中でも秋の夕暮は重んじられており、この三首が名歌とされました。

もうちょっと文法的なことをいうと、この三首が新古今和歌集でよく用いられている手法を複数使っているため、代表格とされたのです。

一つは「体言止め」。
和歌以外の文章でもお馴染みの、名詞(物の名前)で文章を終わらせる方法ですね。

もう一つが「三句切れ」です。
和歌は五・七・五・七・七の音で成り立ちますが、そのうち前半の「五・七・五」で意味や読みが区切れることを三句切れといいます。どこで切っても問題はないので、初句~四句切れまであります。

というか和歌で全く意味が区切れないというほうが珍しく、ほとんどの歌はどれかに当てはまります。
新古今和歌集には初句切れ・三句切れが多いのが特徴です。

ちなみに、新古今和歌集には他にも「夕暮」で終わる歌や三句切れの歌はたくさんあります。
枕草子でも「秋は夕暮れ」とされる通り秋の歌が多いのですが、夏の夕暮れの歌も入っていますので、気になる方は調べてみるのも面白いかと。

 

百人一首にも影響を与えている?

また、他の文学に出てくる歌が多いのも新古今和歌集の特徴のひとつです。

特に選者がかぶっている小倉百人一首には、新古今和歌集に収録された歌から選んだと思われるものが多々あります。

ごく一部を紹介しますと……

・春過ぎて 夏きにけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香久山 (持統天皇)

・田子の浦に 打ち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ (山部赤人)

・かささぎの わたせる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける (大伴家持

・忘れじの 行末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな (儀同三司母)

・めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜はの月影 (紫式部

・玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする (式子内親王

などです。

他に、源氏物語のヒロインの一人・朧月夜の君の名の由来は、光源氏が彼女に出会った際、新古今和歌集に入っている

・照りもせず 曇りもはてぬ 春の夜の 朧月夜に しく物ぞなき (大江千里)

を口ずさんでいたから、というものです。

下の句を「朧月夜に しくものぞなき」としていることもありますが、この程度の誤記や改変は「和歌あるある」なので特に気にしなくてもいいかと。

これは結構乱暴な話で、選者が「こっちのほうがイイな!」という理由で勝手に変えてしまうこともあったのです。
実は、物語でも同じで、写本によって話が多少変わっていることもあります。

著作権とか同一性保持権なんて概念がなかった頃の話ですしね。

 

独断と偏見で代表的20首をチョイス!

さて、ここからは新古今和歌集にもう少し触れてみたい方向けに、独断と偏見で20ほど歌を選んでみました。

例によって意訳なので、「だいたいこんな意味なのかー」くらいの感じでお読みください。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-文化・芸術・伝統
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.