上田秋成/wikipediaより引用

江戸

『雨月物語』の著者・上田秋成~鹿島稲荷の予言を超えて長生きする

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
『雨月物語』上田秋成
をクリックお願いします。

 

37歳で火事に遭い、39歳で医師開業

こうして二足のわらじを履いていた秋成。37歳のとき自分の店が火事にあって破産に陥ります。

そこで一時、加島稲荷の神職に住む場所を提供してもらっていたのだとか。

日頃から熱心に参詣していたからこそ、神職の方も手を差し伸べたのでしょうね。

また、この頃から友人のツテで医学を学び、39歳のとき医師を開業しています。

2年程度の知識で人の体を診ていいものなのか……とツッコミたいところですが、当時は現代のようなカリキュラムがあったわけでもないですしね。

代表作『雨月物語』は、秋成が42歳のときのものです。

和漢の昔話をベースにした怪談が9編まとめられています。

一番有名なのは「浅茅が宿」でしょうか。

ろくでなしを絵に描いたような旦那と、それを見捨てない妻の(主に妻が)不幸なお話です。

『雨月物語』についてはamazonでも多数の関連書籍がありますので(→amazon)、気になる方はそこから入っていくのもいいかと。

個人的には西行と崇徳院が「山月記」にも似たやり取りをする「白峯」が好きです。

雨月物語/wikipediaより引用

 

鹿島稲荷の予言を超えて長生きを果たす

その後は寛政二年(1790年)に左眼を失明しながらも、物語の他に源氏物語の注釈書『ぬば玉の巻』や、考証『漢委奴国王金印考』、随筆集『癇癖談(くせものがたり)』など、幅広い文章を書いています。

また、京都に引っ越して妙法院宮真仁法親王、正親町三条公則、大田南畝など、上は法親王(出家した親王)から下(?)は狂歌師まで、さらに交友関係を広げました。カオスすぎる。

寛政十年(1798年)には一時的に右目も失明。

順風満帆ともいい難い状況でしたが、これは鍼医に治療してもらってなんとか回復したそうです。

その後も著作活動はしていますし、口述筆記だったとしたら、書いた人の名前も残るでしょうしね。

鹿島稲荷の予言が真実であれば、秋成は享和元年(1801年)には亡くなるはずでした。

それへの感謝をこめて、この年は自作の和歌集を奉納しています。

実際には8年ほど長生きしているので、この和歌集がお稲荷様のお気に召したのかもしれませんね。

秋成自身は覚悟を決めていたらしく、享和二年(1802年)には西福寺(左京区南禅寺草川町)に自分のお墓を作っていますが。その殊勝さがまたよかったのかもしれません。

秋成は子供がなく、妻にも先立たれていたため、最晩年は弟子の一人だった伏見稲荷の祠官・羽倉信美の家で面倒を見てもらっていたようです。

西福寺は銀閣寺から徒歩30分くらいのところですので、哲学の道や途中の寺社を訪れつつ、〆に秋成のお墓参りをするというコースも面白そうです。

それぞれの場所にはあまり関連はありませんが、京都は見どころが多いだけに、ジャンルよりエリアを絞ってじっくり見るのもアリですしね。

あわせて読みたい関連記事

里見八犬伝の滝沢馬琴は日本初の印税作家?あの山東京伝に弟子入りしていた

続きを見る

井原西鶴52年の生涯 一日に4,000句も詠んだ俳人がナゼ小説家に?

続きを見る

近松門左衛門と曽根崎心中 武家の出自でなぜ作家となった?

続きを見る

青木昆陽『蕃藷考』が江戸時代の民を救う! サツマイモが奨励された理由

続きを見る

葛飾北斎のケタ外れな生涯&才能!引っ越し93回 弟子200人 作品数は3万点

続きを見る

緒方洪庵は聖人かっ!? 適塾で医師を育て種痘撲滅にも奔走 しかし最期は……

続きを見る

歌舞伎『勧進帳』がわかる! 七代目市川團十郎が魅せた「飛び六方」とは

続きを見る

国学者・本居宣長の何がスゴイ? 医学をやりつつ「古事記伝」を完成す

続きを見る

江戸時代の人気No.1アイドル「笠森お仙」ってどんだけ美人だったん?

続きを見る

水戸光圀が『大日本史』を献上! 不正の摘発より濃ゆい黄門様の偉業!

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『改訂版 雨月物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』(→amazon
上田秋成/wikipedia
雨月物語/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.