木曽義仲/wikipediaより引用

源平

法住寺合戦――後白河法皇にハシゴをはずされた義仲が逆ギレで破滅

投稿日:

寿永二年(1183年)11月18日、源義仲木曽義仲)が法住寺殿という後白河法皇の御所に攻め込みました。

法住寺合戦と呼ばれる戦いです。

源氏は法皇から命令されて平家と戦ったんじゃないの?」とツッコミたくなった方もいるかと思うのですが、そこにはイジメレベルの浅い事情があったのでした。

 

逃げる幼君 残る大天狗

源氏と平家の戦いが始まり、前者優勢の色が濃くなってきた頃、平家では大黒柱だった清盛が亡くなってカオスな状態に陥ります。

富士川の戦いで源氏と平氏が大激突!するかと思ったら大逃亡の理由とは?

治 ...

続きを見る

そしてとりあえず「陛下(安徳天皇)をお連れして西国へ逃げよう!」ということになったのですが、幼い安徳天皇は従っても、当時実権を握っていた大天狗・後白河法皇は京都に残り続けました。

大天狗と称された後白河天皇 その若かりし頃を振り返ってみました

久 ...

続きを見る

安徳天皇は清盛の孫だったので平家が保護するのはある意味当然です。

一方、大天狗が「ワシは貴様らの言いなりにはならん!」と示したことになります。
権力は法皇にありますので、当然他の貴族たちもほとんどが京都に残りました。

しかし都の中にいてはいつ源氏が攻めてくるとも知れず、危険だということで一時比叡山へ避難しています。
自分のことばっか考えてるから人気ないんですよねこの人。

 

大量の兵士が流れ込み飢饉は悪化

その後、平家がすっかり都から出て行ったタイミングで源義仲(木曽義仲)達が京都へやってきました。

平家がいないのですからとりあえず京都で市街戦が起こる可能性はぐっと低くなり、天狗たちも戻ってきます。

そして「源氏の諸君ご苦労。けしからん平家を討て!」という命令が下りました。
ついでに都の警察機能も源氏側の人々に委任されます。

二年前に【養和の飢饉】が起きており、平家の圧政もあって治安が大幅に悪化していたからです。
なんだか江戸時代末期と似ていますね……。

しかし、元々食料が足りないところへ大量の兵がやってきたのですから、食糧難はさらに悪化してしまいます。そりゃそうだ。

しかもこの時代のことですから軍律という概念が浸透していたともいい難く、取り締まるはずの源氏軍の中から市民へ狼藉を働く者が出始めました。
こういうのも「ミイラ取りがミイラになる」っていうんですかね。

当然のことながら、天狗からがっつり怒られました。
特に義仲は源氏軍の中でも治安回復を担当していただけに、こっぴどくお叱りを受けます。

ですが義仲はうまく部下を鎮めることができず、京都の荒廃は続くのでした。

 

今すぐ平家をぶっ飛ばしてこい!

見るに見かねた後白河法皇は、義仲へ「警察をやれないなら今すぐ平家をぶっ飛ばしてこい!!」(超訳)と厳命します。

義仲も慣れない仕事よりは武働きのほうがまだ可能性があると考え、急いで平家の後を追って西へ向かいました。

タイミングの悪いことに、ここで関東から頼朝の働きを知らせる使者が戻ってきました。
頼朝はこの頃、平家が分捕っていたあちこちの荘園(皇族・貴族や寺社の持っていた領地)を取り返すという働きをしており、当然のことながら大天狗以下朝廷は大喜び。

「よーし頼朝にはご褒美あげちゃうぞ!」
ということで、幼い頃に取り上げられていた位を頼朝に返した上、東国の支配権まで認めるという太っ腹ぶりを見せました。

ただし、この時点では義仲の勢力圏だった北陸から上野(現・群馬県)と信濃(現・長野県)はそのままにしており、頼朝へも「何かお前ら仲悪いらしいけど、領地もちゃんと保障してやるから仲直りしろよ」(超訳)と命じています。
結局これもうまく行かなかったのですが。

一方京都を出た義仲は追撃戦で負けてしまい、またしても苦境に立たされます。

しかも何故か「頼朝の弟が大軍を率いて上洛する」という情報が届いたため、お株を奪われると勘違いした義仲は側近のみを連れて急いで京都へ戻ってきました。

 

頼朝に乗り換えた後白河にキレるヤンキー義仲

京都市民や公家からすれば、義仲の上洛はヤンキーのご帰還みたいなものです。
何とかして帰ってもらおうと働きかけます。

これに対し義仲は「私に平家退治を任せるってお話だったのに、頼朝に肩入れするなんて酷いじゃないですか! 一生恨みます! 訴えてやる!」(超訳)と抗議の手紙を送りつけます。

これが天狗の怒りに火をつけてしまい、かえって義仲は苦しい立場に飛び込んでしまうのですが、本人は気付いていませんでした。

そして義仲は「頼朝たちを倒して、もう一度法皇に認めてもらうしかない!」と思い込み、平家を放り出して身内との戦を始めようとします。
誰か止めて……。

こうなると後白河法皇も身の危険を感じ、自分の住まいだった法住寺殿という場所の警護を固めさせました。
そればかりか、先手必勝といわんばかりに義仲を攻めようとする気配まで見せます。

 

前代未聞! 後白河法皇を捕らえてしまう

しかし、義仲のほうが先に動きました。

義仲軍が法住寺殿を襲撃し、法皇に味方する人々をことごとく討つばかりか、後白河法皇本人も捕らえるという前代未聞の行いをやってのけたのです。

しかも義仲は法皇を脅迫して自らを官軍と認めさせてしまいました。
こうなると表面上は法皇を屈服させたとしても、水面下で頼朝のほうになびいていくのは至極当然の話です。

案の定、義経や範頼がやってくる頃には義仲はすっかり人望を失っており、身内から討たれることになってしまうのでした。

元が決して無能ではないだけに、どうしてこうなったと言いたくなってしまいますねえ。
テンパると正常な判断ができなくなるのは人間誰しも同じですが、義仲の場合は特にそれが強いような気がします。

せめて誰か冷静な参謀役がいればまた違ったのでしょうけども、歴史上の話って、こういうケースが非常に多いですよね。

なお、義仲の生涯をまとめたのが次の記事になりますので、よろしければ併せてご覧ください。

源義仲(木曽義仲)31年の生涯マトメ!後白河と頼朝の政治力に翻弄された挙兵劇

内 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
法住寺合戦/wikipedia

 



-源平
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.