貞明皇后/wikipediaより引用

明治・大正・昭和

貞明皇后とは――日本の皇室・歴史を支えた皇后たちの功績にご注目

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
貞明皇后
をクリックお願いします。

 

結婚については本人の意向を重視した香淳皇后

次は昭和天皇の奥様・香淳皇后についてです。

上皇陛下のお母上でもありますね。

昭和年間自体が激動の時代ですから、明治時代に勝るとも劣らないご苦労があったことでしょう。

戦中・戦後は常に昭和天皇の意向に沿って行動されていますし、戦後にお子様である今上陛下や親王・内親王方の結婚については、本人の意向を重視するためお見合いやデートを勧めていました。

一般人からすると何でもないことのようですが、やはりお立場がお立場な方々ですので、これはかなり大きな改革といえるでしょう。

ただ、さすがに「テニスコートの出会い」は想定の範囲外だったようで、ひと悶着どころじゃないアレコレがあったようですけども。香淳皇后は皇族の出身だったので仕方ない話ではあります。

嫁姑関係について、香淳皇后はどちらの立場のときもお悩みだったようですね。

香淳皇后/wikipediaより引用

 

皇室に一家団欒を導入した上皇后

さて、現在の上皇后美智子様についてはもう言うまでもないというか、あの穏やかな笑顔だけで説明がつく気もしますが、ほんの少しだけ触れておきましょう。

上皇后がこれまで行ってこられたことの中で最も”改革”というべきことは、御自ら料理やお弁当作りをされたことです。

これまた一般人からすると「どこがすごいの?」という話かもしれませんが、皇族の方々というのは幼少期から肉親の手料理ではなく厨房で作られるもので育っていますので、「手料理」というものをほとんど口にされたことがなかったのです。

上皇明仁がまだ幼かったころ、香淳皇后が好物の豆腐料理を作ったものの、実際に召し上がれる機会はなかったといわれているほどです。

どこの国でも身分の高い方は大変だ、という話をたびたびしてきましたが、親子で食卓を囲めないというのは皆さんお寂しかったでしょうね……。

※皇室の厨房担当・大膳課をディスっているわけではないので悪しからずご了承ください

これによって皇室にも「一家団欒」という概念が根付き始め、それは三人のお子様方や各宮家にも波及したと見ていいでしょう。

明治以前と以降で日本は大きく変わり、このように皇室の内側も同じくらい変化していたんですね。

”内助の功”とはちょっと違うかもしれませんけども、こうした視点から歴史を見てみるのもなかなか面白いものです。

あわせて読みたい関連記事

藤原道長62年の生涯まとめ! 当初は出世の見込みなく義母に頭上がらず!?

続きを見る

津田梅子が6才で渡米し帰国後に感じた絶望~それでも女子教育に生涯を賭けて

続きを見る

明治天皇の功績&エピソードまとめ! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

続きを見る

昭憲皇太后のお召書~日本女性の服装を和から洋へチェンジさせた深窓のお姫様

続きを見る

昭憲皇太后に信頼された下田歌子「提灯袴にブーツ」も考案した女子教育者とは

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
貞明皇后/wikipedia

TOPページへ

 



-明治・大正・昭和
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.