絵・小久ヒロ

青天を衝け

大河『青天を衝け』タイトルの意味は渋沢の漢詩が由来

2021年大河ドラマは、内容に入る前にいきなり難しい壁にぶち当たります。

タイトルの『青天を衝け』――。

これはいったい何のことやら?

「青い空に向かって何か叫べ的な?」

字面からそんな風に思ってしまうかもしれませんが、もちろん由来はあります。

まずは結論を申しますと、『青天を衝け』とは、若き日の渋沢栄一がまだ家業である藍玉(染め物の原料)売りを手伝っていたころに詠んだ漢詩が由来です。

漢詩と聞くと、難解な漢字が並ぶことから遠慮がちになってしまう方も多いかも知れませんが、意味を知れば楽しめるものであり、放置しておくのはもったいない。

ということで本稿では『青天を衝けの意味』を探って参りましょう。

渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主役、激動の生涯92年まとめ

続きを見る

 

若き日の栄一が詠んだ漢詩が由来

渋沢家では藍を自家生産・買い付けによって調達し、信州・上州・秩父(現在の長野・群馬・埼玉あたり)の染め物屋に卸すことで財をなしていました。

栄一はこの家業を手伝い、お得意先の染め物屋訪問や、藍の買い付けなどを担当していたといいます。

今で言えば「営業マン」に近いかもしれませんね。

そんなある日、栄一は信州の内山峡(現在の長野県佐久市付近にある峡谷)を経由して藍玉を売りに出かけました。

彼は現在の埼玉県深谷市に住んでいたので、今なら電車でも車でも大した距離ではないように感じます。

が、当時は言うまでもなく徒歩移動が原則であり、峡谷を超えるというのは身の危険と隣り合わせの「冒険」でした。

厳しい道を歩いた栄一は、そこでタイトルの由来となった漢詩を詠みます。

それが、

「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」

というもの。

現代語に訳すとこうなります。

「青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む」

前半部の「衝青天」を抜き出してドラマのタイトルに名付けたんですね。

この詩は、彼の師である尾高惇忠と諸国を周って詠んだ詩を集めた『巡信紀詩(じゅんしんきし)』という詩集に収められ、私たちの知るところとなりました。

 

詩作を生涯の趣味としていた

彼が内山峡の詩を世に出したのは、まだ19歳のころであったと言われます。

私たちの感覚からすると「えっ、19歳で漢詩詠んじゃうの!?」と驚かれるかもしれません。

しかし、栄一はまだ6歳のころから父に漢詩の読み方を習い、文学の世界に没頭していました。

彼自身の言葉によれば「正月のあいさつ回りの際、歩きながらの読書に夢中になりすぎて溝に落ちたこともある」ほどの読書好き。

「歩きスマホ」ならぬ「歩き読書」を日常的にしていたというわけです。これなら、若くして漢詩が詠めても不思議はありません。

後に栄一は、実業界で日本の近代資本主義を創る大人物になっていきますが、趣味としての詩作は生涯にわたって続けられました。

その証拠に、栄一が残した書の多くは自作の漢詩や中国古典に由来したものであり、旅先や節目の時機など、タイミングを見ては詩を詠んだといいます。

もちろん、栄一の残した漢詩は今でも読むことができます。

彼の孫である渋沢敬三は、栄一の33回忌に『青淵詩歌集』(青淵とは、栄一の雅号という別名)を出版。この本は栄一の著作を読むのに大変便利であるとされます。

 

内山峡の詩は現地人を感動させる

栄一がその死後も人々から尊敬され続けていることは言うまでもありません。

現代にも彼が詠んだ詩に由来する「詩碑」がいたるところに残されています。

今回取り上げた「内山峡」の詩も例外ではなく、内山峡には記念の詩碑が建てられました。

しかし、この碑は栄一の関係者が築いたものではなく、彼の詩に感動した現地人たちの力を結集して造られたもの。

佐久の地に住んでいた小林義助という人物が、詩の出来栄えに感動して地元の有志達に声をかけ、南佐久郡内山村肬水(現在の長野県佐久市内山)に碑を建てたのです。

1940年の除幕式にはすでに亡くなっていた栄一に代わって敬三が招待され、彼と親交のあった政治家・小山邦太郎の邸宅に泊まりました。

翌日は除幕式の会場へ向かう際、これまた栄一が生前懇意にしていた漢詩人・木内芳軒の生家を訪問しています。

栄一が信州の地を訪れていたのは、言うまでもなく藍玉商売のため。

しかし、彼は商いと何の関係もない木内のもとをたびたび訪問し、漢詩や天下を論じたといいます。

聡明さはもちろん「コミュ力」を象徴するエピソードでもあり、彼の人柄がよく表れた詩碑ともいえるでしょう。

 

「逆境に立ち向かう栄一の姿」が象徴される?

あらためてドラマのタイトル『青天を衝け』に注目しますと。

先に紹介した漢詩に表現されている

「逆境に立ち向かう姿」

を象徴したものであると考えられます。

実際、NHKの公式サイトでは、この詩を「逆境に負けることなく突き進んだ栄一の人生とも重なります」と評価しており、やはりドラマでも大きなテーマとして扱われることは間違いないでしょう。

栄一の「逆境」は、確かに少なくありませんでした。

若き日は幕府の腐敗や未知のパリ留学で、実業家としては馴染みのない資本主義を日本に根付かせるなど、その道は困難極まりないもの。

彼は持ち前の勤勉さと思考の柔軟さで、そうした数多くの難局を乗り切り、現代の日本に数えきれないほどの功績を残しています。

タイトルを見るに、彼はドラマの中で何度も危機に立ち向かい、そしてそれを乗り越える姿が描かれるのでしょう。

吉沢亮さん演じる栄一がどのようにして逆境をはねのけていくのか。またその姿をどう描くのか。

少し気は早いですが、今からドラマの放送が楽しみです。

あわせて読みたい関連記事

渋沢栄一とは? 大河『青天を衝け』主役、激動の生涯92年まとめ

続きを見る

文:とーじん

【参考文献】
渋沢栄一記念財団編『渋沢栄一を知る事典』(→amazon
渋沢栄一著、守屋淳編訳『現代語訳渋沢栄一自伝:「論語と算盤」を道標として』(→amazon
渋沢栄一記念財団「内山峡の巌碑除幕式」(→link
同「デジタル版『渋沢栄一伝記資料』第57巻」(→link
彩北なび「【渋沢栄一記念館】企画展「渋沢栄一と漢詩」(→link

TOPページへ

 



-青天を衝け
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.