飛鳥・奈良・平安時代

藤原時平は天神様を太宰府送りに……お茶目な逸話もある左大臣の評価は?

学問の神様と言えば『菅原道真』ですね。

宇多天皇に可愛がられ、その息子・醍醐天皇の時代には右大臣まで出世。

しかし、それを妬んだライバルに『謀反を企んでいる』と嘘のチクりをされてしまい、結果、太宰府に左遷されて非業の死を遂げます。

菅原道真はなぜ学問の神様になった?無名のヒラ役人が朝廷No.3へ大出世

続きを見る

その後、讒訴したライバルが早死にしたり。

疫病が流行ったり。

朝廷に雷が落ちたり。

清涼殿落雷事件は道真の祟りだと!? 醍醐天皇に降りかかった大事件

続きを見る

天災が続いたため「これは無実の罪で死んだ道真の祟りじゃ~」となって、道真公は神として祀られたわけですが、いったい醍醐天皇に讒訴した人物は誰なのか?

前置き長くてすみません。

それが今回の主役・藤原時平です。

 

道真が謀反を(娘婿を皇太弟にしようと)企んでいる!

藤原時平は藤原北家の生まれです。

父の藤原基経はものすごーい権力を持った人物でしたが、宇多天皇が即位した時に『阿衡事件』というイザコザを起こしております。

藤原基経は「阿衡事件&応天門の変」で何を得た?妹嫌い度星5つの藤氏長者

続きを見る

これを看過できなかった宇多天皇は、基経の死後に藤原外しの政策を展開。

基経の嫡男・時平を参議にはしますが、同時に藤原氏以外の有能な人物も多数抜擢しました。

宇多天皇の超レアケースな即位〜いったん臣籍に降りた後に皇籍へ戻って

続きを見る

その代表格が菅原道真です。

宇多天皇に続いて醍醐天皇の代になると、時平は左大臣、道真は右大臣まで出世します。

これが面白くなかったのでしょう。

藤原時平がとった行動は、

・「道真が謀反を(娘婿を皇太弟にしようと)企んでいる。」とデッチ上げ

前述の通り、菅原道真は太宰府の長官に左遷されたのでありました。

このことが「無実のライバルを妬み、ウソの話で追い落とした悪人」というイメージをもたらしているんですね。

歌舞伎などでも、めちゃくちゃ悪辣に描かれておりますが、【道真も完全にシロではない】という説や【醍醐天皇が宇多法王の権力を削ぐべく行った処置】といった解釈もあるので、必ずしも讒言ではなかった可能性もあるのです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.