平安京復元模型/photo by 名古屋太郎 wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安

平安京ってどんな場所だった?「鳴くよ(794)ウグイス」で有名な都の姿

知っているようで意外と知らない――。

日常生活には、そんな謎がゴロゴロしておりますが、こと歴史に関して言うと、あの都市もそうではないでしょうか?

延暦十三年(794年)10月22日は、桓武天皇平安京へ入京した日です。

といっても、明治天皇東京奠都のときのように

「江戸城は大きいなぁ……」

なんて個人的感想は記録されていないので、平安京遷都についてはエピソードが豊富とは言えません。

そこで今回は「平安京とはどんな場所だったのか」という視点から迫ってみたいと思います。

東京奠都で明治天皇お引越し TOKYOは「東の京都だから東京」はマジです

続きを見る

桓武天皇のパワフル生涯~どうして遷都のほか様々な改革を実行できたのか

続きを見る

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

大内裏は政庁エリアと皇居エリア

今の京都にも「京都御所」がありますよね。

実はあそこ、平安京の中心地だった大内裏(だいだいり)とは離れています。

現在の京都御所は、もともと土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)という名前。

皇族の御所などに度々利用されていた場所です。

平安京ができた当時の大内裏・内裏は、安貞元年(1227年)にほとんど焼けてしまって再建できず、南北朝時代から土御門東洞院殿が御所になっていたので、レプリカというわけでもないんですが。ややこしいですね。

平安京/photo by 咲宮薫 Wikipediaより引用

大内裏は政庁エリアと皇居エリア(内裏)とでもいうべき地区が分かれていて、ほとんどは政庁エリアでした。

周囲には十二の門が設置。

中には女院号として使われた美福門・待賢門・上東門などもあります。

そして大内裏の真南・正門に当たるのが朱雀門です。

ここから真南へ向かって伸びているのが、平安京のメインストリートである朱雀大路ですね。

 

官名は大内裏の政庁から来ている

また、武士や戦国武将の官名でよく出てくる建物の名前は大内裏の政庁からきているものもあります。

「大内裏の中にある○○という部署の役人」という意味なので、一例としては以下のようなものがあります。

他にもたくさん例はありますが、キリがないのでこの辺で。

 

当時は下の名前を呼んでいいのは上司と親くらいで、

【名字+官名】

で呼ぶのが無難とされていました。戦国武将の場合は自称であることも多いですけども、こまけえこたあいいんだよ。

歴史小説や手紙などで「名字はわかるけど、下の名前が何かヘン」という場合は、だいたいこの辺の官名で呼ばれていることが多いので、覚えておくと便利かもしれませんね。

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位にはどんな意味がある?

続きを見る

官職と二官八省を知れば日本史がマジで3倍ぐらい楽しくなる!

続きを見る

関白・中納言・検非違使など「令外官」を知れば日本史全体が見えてくる

続きを見る

現代でいえば、会社の課長や部長のことをフルネームで呼ばないのと似た感じですかね。

大内裏の役所の中で現在も残っているorまたは近年まで使われていた名前としては、宮内省(庁)・大蔵省などです。

大蔵省というと、諸々の不祥事でアレなイメージが強い方も多いかと思いますが、本当は歴史ある名前なんですよね。残念な話です。

 

天皇エリアと後宮エリアに分かれていた内裏

さて、皇居エリアである「内裏」には、もちろん天皇の住まいや後宮がありました。

この辺のことは、源氏物語が好きな方ならよくご存知ですかね。

だいたいの解説書に図入りで書いてありますから。

紫式部の生涯まとめ~彰子や道長とはどんな関係だった?日記から見るその素顔

続きを見る

内裏もまた大きく二つに分かれていて、天皇が政務を取ったりその他生活をする部分と、後宮が分けられていました。

便宜上、前者を天皇エリア、後者を後宮と呼ばせていただきますね。

江戸城で例えると、「表」と「中奥」が天皇エリアで、「大奥」が後宮にあたります。

……余計わからないって? サーセン(´・ω・`)

おおまかなイメージとして「男女でだいたい生活区域が分かれていた」と思っていただければ良いかと。

天皇エリアには政務を執る部屋・天皇の寝室などがある「清涼殿」、儀式場である「紫宸殿」(南殿)などがありました。

清涼殿落雷事件は道真の祟りか? 醍醐天皇に降りかかった大事件とは

続きを見る

こう書くととても広そうですが、実際は案外(?)こぢんまりしています。

西洋のように「階段の上に主君が玉座でふんぞり返っている」という構図ではなく、天皇の座所は他の部屋と高さ的にはほとんど同じですし、御簾で区切られているだけでしたしね。

当時の天皇の御前で行われた歌合せなどの絵を見ると、「これ曲者がいたら一発アウトじゃね?」とツッコまざるを得ないほど、天皇と臣下の距離は近くなっています。

度重なる災害の多さや土地の狭さなども影響しているでしょうが、他の国と比べると特異なところですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)