新田義興(義貞の次男)/Wikipediaより引用

鎌倉・室町

新田義興(義貞の次男)矢口の渡しで謀殺された恨みはカミナリで!?

延文三年=正平十三年(1358年)10月23日は、江戸高良(えどたかよし)が落雷に遭った日です。

高良は江戸時代ではなく室町時代の武士です。

それが雷に遭った――と言えば「運の悪い人の話?」と思われるかもしれませんが、それまでの経緯を見ると「バチが当たっても仕方ないかも……」と思われるかもしれません。

さっそく順を追って振り返ってみましょう。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

観応の擾乱で足利家が同士討ちをしている間に……

「延文」と「正平」という元号だったこの年の日本は、南北朝真っ只中の時代でした。

と言っても楠木正成や新田義貞など、南朝の英雄たちは既に死亡。

後世から見た場合の主要人物たちは舞台を立ち去っており、その子供たちによる争いが依然として続いていました。

新田義貞の生涯と5つの推しエピソード~尊氏や楠公さんには負けない!

続きを見る

中世合戦の天才・楠木正成がキレッキレ~千早城の戦い【まんが日本史ブギウギ】

続きを見る

その中にいたのが新田義興。

義貞の次男です。

義興は父が亡くなった後、越後に潜伏して機をうかがっていたとされています。

そして【観応の擾乱(足利家の壮大な兄弟喧嘩)】が始まると、親族や奥州の武士と呼応して兵を起こし、鎌倉を奪おうとしたのですが、足利尊氏の反撃で失敗。

観応の擾乱は史上最大の兄弟ゲンカ!尊氏vs直義は毒殺で決着!?

続きを見る

足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍!? 生誕から室町幕府まで波乱の生涯!

続きを見る

話(物理)は尊氏の死後までもつれこみます。

そして延文三年=正平十三年(1358年)、義興らは再び鎌倉を奪うために挙兵しました。

 

ハニートラップにも引っかからず

これに対し、尊氏の息子で鎌倉公方を務めていた足利基氏らは、部下に義興軍の迎撃を命じます。

冒頭に登場した江戸高良は、その部下の一人だったのです。

9歳で初代鎌倉公方となった足利基氏 トラブルの末の不審な最期とは?

続きを見る

戦でなかなか勝てないので、別の人が義興に美人局(つつもたせ・いわゆるハニートラップ)を仕掛けてみたりしたのですが、これもうまくいかず、結果、高良にも話が回ってきたと言います。

高良は一計を案じ、義興一行の十数名を武蔵国・多摩川にあった「矢口の渡し」というところで罠にかけて殺害しました。

『神霊矢口之渡』 /Wikipediaより引用

渡し船に乗っているところで、(船を漕ぐアレ)を落としたと見せかけ、「探しに行く」と偽って船底の栓を抜いたのです。

さらに矢を射かけ、義興は「もはやこれまで」と観念して腹を切った……といわれています。

 

高良への落雷は義興殺害からわずか13日後だったので

そろそろ話の流れが読めてきた方もおられるでしょうか。

そう、658年前の今日この日、高良が落雷に遭ったのは、義興の祟りだといわれているのです。

なんせ義興が謀殺されてからたった13日しか経っていません。当時の人からすれば、恨みの強さが現れている……とみてもおかしくない話です。

義興は、義貞側室の子であり、父からはあまり好かれていませんでした。

しかし後醍醐天皇に認められてやる気を出し、一族再興のため、父の無念を晴らすために挙兵したあたりが、健気でもあり純朴でもあり。それが戦で負けて死ぬのならともかく、謀略で殺されてしまったのですから、恨み骨髄に徹するというものでしょう。

まぁ、計略も戦のうちですけれども、義興には卑怯としか思えなかったのでしょうね。

現在この付近(東京都大田区矢口)にある新田神社は、義興の霊を慰めるために建てられたものです。

神社で祀られるようになってからは、義興の霊も鎮まったようで、地元の人や旅人の守り神になりました。

幽霊や祟りや神様が実在するかどうか――それはまた別の話ですが、恨みを晴らした後にサッと大人しくなるあたりに、何となく人間だった頃の性格がうかがわえる気がしますね。

祟り神を祀る神社は多々ありますけれども、この21世紀になってもバリバリ怨霊な感じの神様もいらっしゃいますすし……くわばらくわばら。

さて、上記の通り義興は次男なわけですが、長男や他の兄弟はどうしていたのでしょうか。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)