三善康信

国立国会図書館蔵

源平・鎌倉・室町

史実の三善康信は承久の乱で義時の背中を押し~鎌倉殿の13人小林隆

承久3年(1221年)8月9日は三善康信の命日です。

古くから源頼朝に仕え、最終的には【承久の乱】まで見届けた、鎌倉幕府の生き字引のような人物。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では小林隆さんが演じていますが、正直、畠山重忠のように華のある武将ではなく、本職は文官という地味そのもののタイプです。

しかし、承久の乱に際しては、北条義時と泰時の背中を押すような役目も担っており、ドラマでは最後の最後で見せ場がやってくるかもしれません。

そんな三善康信は史実でどんな人物だったのか?

その生涯を振り返ってみましょう。

 

三善康信の出自は明法家

三善康信は保延六年(1140年)、太政官書記を務める明法家の家に生まれました。

明法家とは「明法道=律令法」を修めた人のこと。

いかにも堅苦しく、とっつきにくい感じがしますかね?

太政官は、司法や行政、立法といった統治の実務機関であり、現代風に言うなら、康信の家は「代々官僚を務めるマジメな一族」でしょうか。

しばらく太政官に務めた後、応保二年(1162年)に正六位上・中宮少属となりました。

この頃の中宮は藤原育子、天皇は二条天皇で、注目は“応保二年”という年。

平治元年(1160年)末に【平治の乱】が起き、平家が急速に政治力を付け始めた時期でした。

平治の乱
源平の合戦というより政争? 平治の乱で勝利を収めた清盛の政治力とは

続きを見る

となると、官僚だった康信にも平家の影響が……と思うところですが、実はそうでもありません。

康信の母の姉が源頼朝の乳母であり、伊豆へ流された後も支援を続け、月に三度も頼朝へ連絡していたといいます。手紙一つ届けるにも日数のかかる時代のことですから、かなりの頻度でしょう。

平清盛は、そんな彼らを見て見ぬ振りをしていたのか、お咎めを受けることもなかったようです。

承安二年(1172年)、清盛の娘・平徳子が中宮になりました。

平賀朝雅
史実の平賀朝雅は将軍職を狙い誅殺された?鎌倉殿の13人山中崇

続きを見る

その翌年、康信の主人である育子が崩御したため、康信は散位(位階は持っているが官職についていない状態)となってしまっています。

決して豊かとはいえない状況で、康信は頼朝への音信は欠かしませんでした。

そして治承四年(1180年)5月、時代が動きます。

以仁王が平家打倒を掲げて挙兵したのです。

清和源氏の源頼政が協力していたこともあり、他の源氏の者たちにも追討令が下されると、康信は頼朝に知らせ、一刻も早く東北へ逃げるように勧めました。

わざわざ自分の弟である三善康清に仮病を使って仕事を休ませ、伊豆への使者として遣わしたとか。

もしかすると、京都が再び戦乱に巻き込まれることを危惧して、弟に血筋を残させようとしていたのかもしれません。

しかし頼朝は逃げず、逆に自ら平家打倒の兵を挙げて【石橋山の戦い】へ。

大事な緒戦で大敗してしまいますが、結果的に関東武士たちの協力を得られることとなり、房総半島をまとめ上げて再起しました。

康信はこの間、京都にとどまっていました。

養和元年(1181年)頃に出家して”中宮大夫属入道善信”と名を改めています。

そのため『吾妻鏡』をはじめとした記録類では”善信”と記載されていることが多いのですが、この記事では”康信”で統一させていただきます。

 

朝廷や寺社との交渉あるいは文書作成など

上総広常千葉常胤など。

有力武士たちの助力を得た頼朝は鎌倉へと進み、その後、【富士川の戦い】で平家に快勝すると、いったん関東の地固めにかかっていました。

その間に平清盛が病死します。

平清盛
史実の平清盛は権力坊主ではなく有能な政治家?鎌倉殿の13人松平健

続きを見る

一応、父の仇討ちを果たしたことになる頼朝が、講和を申し出こともありましたが、平家方が断固拒否。

今際の際に清盛が「頼朝の首を我が墓前に供えよ」と言い残していたといい、依然として京都には不穏な空気が漂っていました。

治承五年(1181年)閏2月、三善康信から頼朝への手紙の中で

「世情が落ち着いてきたら、鎌倉へ参りたいと思います」

と記されています。

康信は、頼朝への連絡を続けながら、慎重に好機を待っていて、同年、治承五年3月の手紙では、

「甲斐源氏の武田信義に、頼朝様への追討が命じられるようです」

と知らせています。

これを受けた頼朝は、信義の真意を問いただすべく鎌倉へ召喚し、直接会ったことで当面の危険はないと判断したのか、この件はすぐに収まりました。

武田信義
史実の武田信義はなぜ頼朝との争いに敗れたか鎌倉殿の13人八嶋智人

続きを見る

頼朝にとって康信の情報は非常に貴重で、かなり信頼していたようです。

京都の情報提供者から、鎌倉での政務担当へ。

頼朝政権で重要なポジションを担う三善康信は、いつ鎌倉へ渡ったのか?

吾妻鏡では、元暦元年(1184年)4月となっています。

しかし、それより前の養和二年(1182年)2月、頼朝が伊勢神宮へ奉納する願文については、康信が草案を作っています。

もともと10日に一度は連絡をしていた間柄ですから、草案を依頼すること自体は難しくありません。

しかし、余計な手間を考慮しても康信に作らせたというのは、信頼の現れでしょう。

康信の鎌倉到着は、元暦元年(1184年)4月14日とされています。

翌15日、頼朝が鶴岡八幡宮に詣でた後、回廊で康信と対面し、

「この鎌倉に住んで、武家の政治や事務を手伝ってもらいたい」

と依頼され、鎌倉に移り住むことを決めたのだそうです。

これまでの経緯を考えれば、どのような仕事を任されたとしても、康信は鎌倉にとどまったでしょう。

こうして康信は、大江広元らと共に頼朝の政務を補佐するようになります。

大江広元
史実の大江広元も頼朝のブレインを務めていた?鎌倉殿の13人栗原英雄

続きを見る

主に西国や朝廷、寺社に関する交渉・外交に関する場での協議だったり。

文書を作る際の草案・清書をした人物の一人だったり。

いかにも文官という働きをしており、さらには公家出身らしく、縁起を重んじるエピソードや、多芸ぶりがわかる逸話も残されています。

三善康信の人となりがわかるエピソードを2つほど見てみましょう。

 

流行り歌や催馬楽を歌ったことも

文治二年(1186年)11月5日のこと。

頼朝が義経と決裂し、追手をかけていた頃です。

当時、義経に味方した者や、静御前などは捕えたものの、本人は一向に捕まっていませんでした。

頼朝はいらだち始めていたらしく、関東申次(幕府と朝廷の連絡役)を務めていた公家の吉田経房にこんな手紙を送っています。

「公卿や役人たちが鎌倉武士を嫌って、義経に協力しているのではないか? 藤原範季と仁和寺宮守覚法親王にその疑いがある」

藤原範季は藤原南家の人で、後白河法皇の側近の一人。

娘の重子が順徳天皇を産んでいるため、皇室の外戚でもあります。

源氏との接点としては、頼朝の弟・源範頼を養育していた時期があり、以仁王の協力者だった源頼政と従兄弟だったことが挙げられます。

この時期は後白河法皇の命で義経を匿っていたので、頼朝の疑念はもっともでした。

後白河法皇
史実の後白河法皇はどこまで老獪な政治家か?鎌倉殿の13人西田敏行

続きを見る

一方、守覚法親王は後白河法皇の皇子で、嘉応元年(1169年)に仁和寺の門跡となっていた人です。

確たる記録がないので、義経との接点は大々的なものではなかったと思われますが、著書の一つ『左記』で義経を高く評価していました。

日頃の言動に義経びいきなところがあったのでしょうか。

康信は、これらの人々を義経派であると疑う頼朝に対し、次のように諭しています。

「義行という名は、読み替えると『良く行く』になります。だから上手く隠れて捕まらないのでしょう」

突然出てきた“義行”というのが、わかりにくいと思うのですが……。

当時の義経が記録上は”義行”や”義顕”と改名させられたことによります。

ややこしいわ~!

と思ったのは当時の人もそうだったようで、九条兼実が”義経”に戻すよう命じたと言います。

九条兼実
史実の九条兼実はエリート貴族で頼朝の敵味方?鎌倉殿の13人田中直樹

続きを見る

もう一つのエピソードは文治二年(1186年)12月1日、吾妻鏡の記述です。

この日、千葉常胤が下総から鎌倉へやって来たので、宴会が開かれることになりました。

千葉常胤
史実の千葉常胤は頼朝を助け享年84の大往生!鎌倉殿の13人岡本信人

続きを見る

酒が回ってから常胤が舞を披露し、康信が流行り歌や催馬楽を歌ったのだとか。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ではいかにも地味そうなおじさんキャラだけに、意外な芸達者っぷりですよね。

また、当人はかなり記憶力も良かったようで、こんな話も残されています。

文治五年(1189年)3月5日に「平時忠が亡くなった」という知らせが鎌倉に届いたときのこと。

「平家にあらずんば人にあらず」という発言で有名な人ですので、現代ではあまり良いイメージがないかもしれません。

しかし、政治家としてはなかなかの人。

例えば時忠は、壇ノ浦で捕虜となった後、義経に接近して庇護を得るため娘を差し出したり、それを頼朝に見咎められると大人しく配流先の能登に行ったり、”これ以上意地を張るとまずいライン”を見極めて動いていたような印象があります。

頼朝もその知恵者ぶりには一目置いていたらしく「朝廷にとっては惜しむべき人だ」と言っていたそうです。

人が亡くなれば、享年に関する話題もつきもの。

しかし鎌倉の人々は時忠の年齢を知らなかったらしく、康信に尋ねたのだそうです。

康信によれば「62歳のはずです」とのこと。

時忠の生年は現代でも不明のため、享年には60説もありますが、大きく外れてはいませんね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町

×