関羽は死後が熱い!?「義」の代表が「万能の神」として崇敬されるまで

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
神と崇められた関羽
をクリックお願いします。

 

義の人・関羽 やがて万能の神になる

関羽は物語で活躍するだけではなく、唐時代から神としても祀られていました。

ただ、この時点では三国時代の名将の一人という扱いで、張飛、張遼、周瑜らも同時に祀られています。

三国志・周瑜は正史が激カッコいい! 赤壁で魏を打ち破った智将36年の生涯

続きを見る

それが彼だけ別格になるのは、前述の通り北方異民族の脅威にさらされた北宋以降です。ここでの関羽はあくまで武勇の神であり、なんとなく納得できます。

さらに時代がくだると、関羽は財神にグレードアップします。

彼の出身地・山西は、古来より塩の産地でした。塩は生活に欠かせないものであり、貴重なものです。山西地方は商人が多く、中国商業界において大きな力を持っていました。

彼らが地元の神様として崇拝した関羽は、商人に信仰される過程で、お金を儲けさせてくれる御利益がある「財神」に変貌していったのです。

しかも商人というのは移動しながら商売を広げてゆくものです。彼らが移動した先でも関羽信仰は根付きました。

さらに関羽には治水の効果もつきました。

これは明代、治水担当者が地元の関羽に祈りを捧げたところ、工事が成功したことがきっかけだとか。

武勇も商業も治水もカバー。
もはや彼は万能神へと進化を遂げるのです。

これだけ御利益があったら、誰だって信仰しますよね。

関羽はついに「文」の孔子と並ぶ「武」の神様となり、上は皇帝から下は庶民まで、多くの人々に敬愛される存在となったのでした。

 

世界に広がる「関帝廟」

時代がくだるにつれ、理想と御利益がグレードアップしていった関羽像。近代以降も、そんなものは迷信だと捨てられることもなく、関羽信仰は現代も存在します。

華人が海外に進出すると、その先には関羽が祀られる関帝廟が作られました。

関帝廟はただの信仰の場ではなく、コミュニティの共有財産を所有していました。商売に失敗した人や、親を失った子の学費として利用。華人のたすけあいの象徴として、関帝廟は機能していたのです。

関羽信仰には、各地に積極的に進出し、かつその地に根を下ろし生きてゆく、そんな華人のネットワークが大きく関わっているわけですね。

日本にも横浜中華街をはじめ、多くの場所に関帝廟があります。関羽の一生や人々の信仰心を思いながら、参拝してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

規格外の英雄その名は曹操!乱世の奸雄は66年の生涯で何を夢見ていたか?

続きを見る

司馬懿~ボケ老人のフリして魏を滅ぼす 諸葛亮のライバルが演技派だった理由

続きを見る

「待てあわてるな」日本人は天才軍師・諸葛亮をどんな目で見てきた?

続きを見る

『三国志演義』とは?正史『三国志』と何が違う?呂布は中国で美男子だと!?

続きを見る

絶世の美女・貂蝉とは――董卓と呂布に愛された美女【三国志女性列伝】

続きを見る

三国志女性列伝・鄒氏―そもそも曹操との間にゲスロマンスは成立せず?

続きを見る

文:小檜山青

※『三國志14 TREASURE BOX』同梱のアートブックで全武将の紹介文を書かせていただきました(→amazon)(PS4版はこちら

『三國志14 TREASURE BOX』WIN版 PS版/amazonより引用

【参考】

『関羽: 神になった「三国志」の英雄 (筑摩選書)』(→amazon link

『三国志 (6) 玉璽の行くえ (希望コミックス (24))』(→amazon link

TOPページへ

 



-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.