日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

トロントスターHPよ

スポンサーリンク

週刊武春 災害・事故

1000人死亡!タイタニック級の惨事なのに忘れられているカナダの100年前の沈没事故

更新日:

関西の新聞業界には「大事件は、次に起きた大事件によって世間から忘れ去られる」という言葉があります。実際、年末の「今年の10大事件」という特集などで「あっ、そういやこんな事件あったよねぇ」と思い出す例は、皆様にもございましょう。

 

今から紹介するのも、そうした記事の1つ。カナダでちょうど100年前の5月29日にエンプレス・オブ・アイルランド号という豪華客船が沈没しています。凄まじい数の死者が出て、同国などで大騒ぎとなったのですが、それから程無く第一次世界大戦が勃発。世間の関心がそちらに向けられ、何時しか事件そのものが忘れ去られてしまったのです。

 

1998年まで忘れられていた100年前の死者1012人の大事故

 

 

報じているのは、カナダのトロント・スター紙(2014年6月1日付け)。

 

事故が起きたのは1914年5月29日の午前1時55分。セントローレンス川の河口のポワント=オー=ベールという所で発生しました。

 

大きな地図で見る
 

エンプレス号はカナディアン・パシフィック所属で、全長170メートルの豪華客船。リバプールとケベックを往復していたのですが、ノルウェーの貨物船、ストータッド号に衝突され、船体に32平方メートルの大きな穴が開き、15分足らずで沈んでしまいます。当時、濃霧が立ちこめていたそうです。乗船していた1477人の内、1012人が亡くなっています。

 

そうした悲劇から100年を経て、遺族の子孫(曾孫に当たるそうです)らが集まり、追悼の音楽演奏などをしています。

 

スポンサーリンク

タイタニック号の2年後 2か月後には第一次世界大戦勃発で忘却

事故がタイタニック号の遭難(犠牲者約1500人)から2年後に発生し、かつ、2ヶ月後に第一次世界大戦が勃発してしまったので、これだけの死者にもかかわらず、今ではすっかり忘れ去られてしまいました。

 

何しろ、「河口に何か沈んでいるぞ」と地元のダイバーが気づいたのが1964年。関連の文献として「忘れ去られたエンプレス」という著書が出たのが1998年という有様。

 

「ともすれば、タイタニックの悲劇の方に関心が向けられ締まっているが、記憶されて然るべきだ」(カナダ歴史博物館のキュレーターを務めるジョン・ウィリス氏)となって、各地で秘話が発掘されているという次第なのだそうです。

 

「忘れ去られたエンプレス」を書いたデビッド・ゼニ氏も、漸く世間の関心が向いた事を喜んでいる1人。御本人も、ダイバーの発見によって、悲劇を知った口だったそうですから、思えば気の毒な船ではあります。

 

なお、船は水深47メートルの海底に横たわっているそうです。

 

この事故で大きな痛手を受けたのが、当時のカナダ救世軍。ロンドンで開催される国際大会に出席するべく、167人が乗船していたからです。死者は128人にも昇りました。アルドリッジという、当時30歳だったメンバーは、救世軍で演奏を担当していましたが、事故直前に乗客に楽しんで貰おうとデッキで音楽を流していたそうです。

 

こうした経緯もあって、追悼式典には救世軍の関係者が多数出席していました。

 

スポンサーリンク

600頁もの事故報告書が残るが今なお不明な原因

 

さて、この事故の原因なのですが、未だに良く分かっていないのだそうです。事故後、ケベックで海難審判が開かれます。この時、英国側からメーシー卿という人物が調査の為に派遣されます。この人は、1912年のタイタニック号遭難の歳にも調査に当たったそうです。

 

事故の25分前(つまり午後1時30分)、シドニーからモントリオールに向かっていたストータッド号はエンプレス号を発見します。双方の距離は、まだ1キロありました。しかし、この直後から霧となります。何しろ、船の端っこが見えなくなるくらいの濃さ。

 

悲劇だったのは、船長のヘンリー・ケンダールがカナディアン・パシフィックのベテランではあったものの、よりによってエンプレス号の操舵をするのは初めてだった事でしょう。

 

審判の席上でメーシー卿は「分別のある船乗りなら減速するなり停船するなり、今まで教わったあらゆる適切な措置を取ろうとは思わなかったのかね。隔壁を閉鎖し、停船信号を出したり、警笛だって鳴らせただろう?」とケンダールを非難したそうです(ゼニ氏による)。

 

一方、ケンダールはストータッド号とエンプレス号には氷山を破砕する為、船首を尖らせた設計となっていましたが、これが仇となり、エンプレス号の右舷に衝突してしまったと証言しています。

 

ところがゼニ氏(この方、アメリカ海軍の退役将校だそうです)によると、どうもこれが怪しいのだとか。

 

600ページに及ぶ事故報告書によると、エンプレス号は隔壁を閉鎖しておらず、当時の天候を考えると適切でない措置だった可能性があります。

 

「濃霧で衝突する危険性があった以上、隔壁を閉鎖して停船するのが筋に思える」とゼニ氏。

 

一方、ウィリス氏は、双方が当初の航路を辿っていなかった事を事故原因に挙げています。警笛を鳴らし合ったのですが、これを聴いた双方が勘違いして進路変更をしていたのですって。

 

「互いが進路変更してくれると思い込み、逆コースを取った。酷いエラーとしか言いようが無い」。なお、タイタニックの教訓から、船には規定通りの数の救命艇が積載されていたものの、余りに早く沈んでしまったので、出す間も無く、1000人を超す死者となってしまいました。

 

また、事故が深夜に発生し、大勢の乗客が寝ていたのも、悲劇を大きくしました。船底の方で寝ていた2等船客や3等船客は、殆ど助からなかったそうです。

 

「気持ち良く床に就いていた午前1時30分頃に、事故が発生した。耳に不快なきしみがあり、何かが起きたと察知した。直後に船が傾き、舷窓から水が入り始めたので、これは危険だと思った。救世軍の150人のメンバーの内、私の両親や妹が亡くなった」と生存者の1人が新聞に語っています。

 

そんな生存者の中で運が良かったのがクラッドという人物。緑色のパジャマ姿という軽装ながら、水で一杯の廊下を泳いで船外に辛うじて脱出できたそうです。幸いな事に、両親と妹も助かりましたが、事故のショックと冷水を泳いだからか暫くは口が利けなかったそうです。

 

地元の博物館が展覧会と情報収集

 

さて、博物館では来年の4月15日まで関連の展覧会を行い、事故原因や乗船客のエピソードの発掘に勤めたいとしています。

 

当時、この船は英国からの移民が利用していた事もあって、子孫からの情報提供があったそうです。

 

また、一連の情報から、新たな事実も発掘できました。一旦は移民したものの、冬の寒さなどに耐えきれなくなった人達が祖国に帰っていたケースが多くあった事が、事故を通じて判明したのだそうです。実際、2等や3等の船室に寝泊まりしていた客の大半がそうした人だったのですって。

 

「当時、移民が一方通行では無かった事を記憶しておきたい。来た人もいれば出ていった人もいたのです」とウィリス氏。なお、8年間で運んだ移民は1万8000人に昇りました。これもこれで、歴史的事実と言えましょうか。

 南如水・記

 

スポンサーリンク

南如水(takosaburou)の記事
「タイタニック号遭難生存者のその後」





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-週刊武春, 災害・事故
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.