歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

イメージです

中国 週刊武春 三国志

中国史に必ず登場する「宦官」の恐ろしき実態 特に明王朝の腐敗っぷりがヤバイ……

更新日:

中国史の本を読んでいると「宦官」という言葉がしばしば登場します。

三国志ですと後漢の朝廷を支配した「十常侍」、劉禅に寵愛された黄皓が有名でしょう。『水滸伝』の四大姦臣の一人・童貫も宦官です。

彼らの扱いは総じて、主君の寵愛をかさにきて国を滅ぼす原因を作った「獅子身中の虫」というケースがほとんど。
「宦官のせいで国が滅びた!」
なんて、あまりに言われ過ぎるものですから、だったら『なぜ最初から宦官なんて置くんだ? マズイなら排除しておけばよいではないか?』と疑問に思われませんか。宦官のせいで権力をかすめとられた当時の官僚や軍人たちだって、おそらく同じことを考えていたことでしょう。

ただこれが、後宮で寝起きする皇帝自身や妃たちとなると話は別でしょう。
宦官がいなくなったら明日からどう暮らしたらいいのか。そんな風に途方に暮れたはずです。

なんせ彼らの身の回りを世話するのは宦官と宮女。幼い頃から宦官に頼り切り、成長してからも身の回りの世話を任せていた皇帝にとって彼らはもはや、現代人にとっての家電製品のような必需品、というか人ですね。
皇帝の私生活を支える存在として、宦官は20世紀まで存在し続けたのです。
宦官は、皇帝の心の隙につけ込み、甘い言葉をささやき、そして意のままに操りました。

意志薄弱な皇帝と悪意をもった宦官という最悪の組み合わせは、中国史において何度も登場します。

 

「自宮」して人生逆転ホームラン 想像を絶する宦官志願者の群れ

ではなぜ、宦官という人工的に去勢した男性が用いられるようになったのか。

そもそもは後宮で働く男性たちと、妃や宮女たちとの間にあやまちが起きないよう、去勢したのがはじまりです。自発的に去勢をしたがる男性なんてそうはいないでしょうから、最初は戦争で捕虜にした異民族や、死刑に次ぐ刑罰である「宮刑(去勢)」を受けた者が用いられました。李陵の弁護をしたため宮刑にあった司馬遷の悲劇は有名です。

ところが時代が降ると、この状況は変わってきます。自ら去勢し、宦官に志願するものが出てきたのです。

この自宮ブームが頂点に達したのが明代(1368 - 1644)でした。皇帝サイドでは、幾度も禁令を出してはいたのですが、効果が出ないどころかかえって希望者が増える始末。家族を失って途方に暮れた、家が貧しい、博打で大負けした、そんな理由で「自宮(自ら去勢)」に及ぶものが続出したのです。

それにしたって、包丁で指をチョンと切るだけでも痛いのが人というもの。ヤケになったからって大事なあの部分を自分で切るなんてそんなバカな、と現代人なら思うところでしょう。

これには理由があります。
中国で官僚になるためにはあの有名な科挙に合格しなければいけません。この科挙は人類史に残る超難関試験。才能があっても試験官との相性が悪いばかりに落ち続ける人もいたりしますし、ある程度のお金持ちでなければ試験勉強すらできません。

では貧しい庶民には宮廷での出世ルートはまったくないか?というと、そうではありません。

宮廷に潜り込む究極の裏口——自宮して宦官になる道がありました。科挙、従軍、官吏、そして宦官が庶民の出世ルートになったのです。

司馬遷は子供を残さず歴史書「史記」を残す 中国の大歴史家、その生涯

 

スポンサーリンク

赤ん坊のうちに局部を潰す専門の乳母もいた!?

また宦官になると、国が徴発して行う労役が免除されたため、それを目的として自宮する者もいました。

その数、明代で実に十万人とか!?

欠員補充もそれだけ多くなりました。さらに権力を握った宦官たちは皇帝並かそれ以上の贅沢にふけり、親族までもその恩恵にあずかります。宦官になればあんな贅沢ができる、と真似する者は当然出てくるわけです。

そうはいっても大事なものを切り取ったら、性的な欲求が満たせなくなるのでは、と思うところではあります。
いや、これがむしろ逆なのです。
明代の宦官は宮女と疑似結婚することができました。プラトニックラブで結ばれたカップルもいますが、欠落したものを別の手段で補う者もいたわけです。

皇后が宮女の持ち物検査をしたら、宦官と使ったいかがわしいものが次から次へと出てきて激怒した、なんて話も。宦官になることは、宮女がたむろするハーレムに入り込むチャンスだったのです。そもそも宦官がなぜ去勢したかを考えると皮肉なことではありますが。中にはマザコン気味の皇帝の乳母を籠絡し、権力を握った者もいます。

貧しい家の親は我が子を去勢。
野心にあふれる者や、働きたくない者、科挙に落ちてヤケになった者も自ら去勢。
赤ん坊のうちに局部を潰す専門の乳母が出現するなど、役所や宮殿の外には宦官志願者があふれ出しました。
あまりに多すぎて宦官になれない者は、物乞いになったり、追いはぎになったりして、あふれる去勢者は社会問題として認識されるのですから想像するだけで痛々しい話であります。

こう書くと去勢手術が楽なように思えるかもしれませんよね。
もちろん、そんなことはありません。麻酔なんて当然ありませんから、傷から感染して死ぬ者も当然いました。
専門職の手術でも危険なのに、貧しい人が我が子に施す場合は不潔極まりない環境で施術するわけですから、死亡率はさらに高くなります。やけになってズバッと自宮なんてした人も、どうなったことやら。役所にたどりつく前に死んでしまった人も大勢いたことでしょう。

しかも、念願の宦官になれたとしても、立身出世できるものはほんの一握り。大多数は後宮でただの雑用係となり、望んでいた富貴栄達とは無縁のまま、ひっそりと人生を終えていきました。

 

宦官のせいで暗君とダメ官僚だらけに

明代はなぜ空前の自宮ブームが起こるほど宦官がはびこってしまったのでしょうか。
初代皇帝の洪武帝は歴代王朝における宦官の弊害を知っていましたので、厳しい制限を掛けました。ところが時代がくだると、状況が変わります。

三代目の皇帝である永楽帝は、甥である二代目建文帝を打倒し、皇位を奪いました(1399-1402、靖難の変)。
しかし、燃えさかる宮廷に永楽帝が入った時、そこには建文帝の姿はありません。脱出してどこかに逃れているのではないか? そんな不安に駆られた永楽帝は「東廠」という宦官による秘密警察組織を作り、権力に反する者を監視するようになります。

むろん、永楽帝のような英明な君主ならば宦官をコントロールできましょう。
しかし、その後の皇帝たちはほとんどが宦官に抵抗するどころか、政治を任せるようになってしまいます。
東廠や、臨時で設置された西廠・内行廠。
皇帝の護衛を担当する錦衣衛は宦官以外で組織されていたものの、宦官と協力関係にありました。明代のこうした皇帝に近く権限を持つ組織は、宦官によって牛耳られ、絶大な権力を持つようになっていったのです。

さらに、明代は皇帝の権力が絶大であることも災いしました。例えば洪武帝は政治力や実行力にあふれ、かつ猜疑心が強い性格でした。何が何でも自分で決めたい、建国の功臣すら大勢粛清してしまっていた状況では、皇帝の独裁に近い政治形態になります。

歴代皇帝が、この洪武帝のようにバイタリティと知性にあふれていれば問題なかったのでしょうが、
「なんでもかんでも皇帝である朕が決めるなんて面倒で嫌だ」
と思う者も当然出てくるわけです。そうなると皇帝は宦官に政務を丸投げしてしまいます。宦官にとっては皇帝が愚かであればあるほど、また政務から遠ざければ遠ざけるほど、権力に近づくことができますから、様々な手段を使います。

わざと皇帝が遊んでいるところに政務を持ち込んだり、ハーレムのような美女だらけのいかがわしい施設を作ってそこに皇帝を入り浸りにさせたり、健康によいと騙してあやしい薬を飲ませ中毒にしてしまったり。
明朝の皇帝は、趣味にかまけて政務丸投げ、引きこもり、遊び過ぎて早死に、あやしい宗教にハマる、薬物中毒、薬物を飲んだ途端に頓死など、尋常ではないレベルの暗君揃いです。

しかし、それもこれも幼少期から宦官たちがよってたかって甘やかし、駄目にしてしまったわけですから当然の結果とも言えるでしょう。




スポンサーリンク


こうした皇帝にかわって権力をふるったのが宦官たちだったのです。

次のページへ >



-中国, 週刊武春, 三国志

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.