孫子(カリフォルニア大学所蔵の写本)/photo by vlasta2 wikipediaより引用

週刊武春 三国志

あの曹操が著した孫子の解説書『魏武注孫子』なら世知辛い現代も生き抜ける!

更新日:

読めば、勝利の真髄が身につき、かの武田信玄公も愛したという。
中国の兵法書と言えば?

そうです。
『孫子』ですね。

著者の孫子(孫武)がどんな人物で、その兵法がいかなるものだったか?
それは後日、別記事で記させていただくとして、今回注目したいのは、とある「孫子マニアな人」です。

――数多の戦乱に見舞われた中国大陸。
知られざる名著が消えていく中、『孫子』もまた消失の憂き目に遭ったとしても不思議ではありませんでした。

そんな状況の最中、『孫子』をきっちりとコレクションし、注釈まで加えた文化財保護者がいたのです。

誰あろう、曹操です。

三国志、あるいは横山光輝三国志でお馴染みの存在ですね。

本稿では、曹操の性格と言動を分析して、
「『孫子』の読みすぎには注意しようね」
と、そんなことを考えてみたいと思います。

『孫子』という兵法書に曹操が注釈を入れた書物を『魏武注孫子』と言います。

 

唯一の例外が『魏武注孫子』

『魏武注孫子』とは?
一言で表せば、原書のアップグレード版と言えます。

『孫子』は有名すぎるがゆえに【解説書】も多数ありますが、敢えて言いますと岩波文庫青版で充分。
唯一の例外が『魏武注孫子』であり、決定打とも言える内容を誇ります。

孫子(カリフォルニア大学所蔵の写本)/photo by vlasta2 wikipediaより引用/wikipediaより引用

ではなぜ、曹操は『孫子』にどっぷりハマって、わざわざ注釈まで入れたのか?

ご存知の通り、彼は生涯を戦いに追われ、決してヒマではありません。
注釈が完成したのは「官渡の戦い」の前あたりとされています。

むしろ多忙を極めるこの時期、本を集め、読書をしつつ、注釈まで入れるというのは大変なことです。

しかし。
超合理的な彼だからこそ、役に立つと確信したからこそ、『孫子』をマトメたとも言えます。

 

スポンサーリンク

曹操はナイスガイじゃないよね

『三国志』の中でも曹操は、ナマの性格がとびきりわかりやすい人物であります。

通常、
「『三国志演義』の影響を受けていない、リアルな個性を知りたい」
となれば、正史が唯一のルートとなります。大半の人物はそうです。

仮に、正史以外の書物で探ろうと思っても、成立年代の早い『世説新語』の時点で面白極端エピソードセレクションとなっておりますから、やっぱり探し出すのは厳しい。

その中で数少ない例外が曹操です。
彼は、文人として著作を多く残しており、そのひとつが『魏武注孫子』でした。

後世、
「あの悪党なら、改ざんしているんじゃないの?」
という疑惑にもさらされましたが……それは濡れ衣。

いや、違うのです。
悪党だからこそ『孫子』マニアなのでは?という考え方もできます。

孫子は名声が確立しているから、後世の人間も根性が悪いとは言いにくい。
でも、曹操はそうじゃありません。
叩きやすい。

しかし、この二人はおそらく同じタイプの性格をしております。
だからこそ、曹操は『孫子』を知ってハイテンションになったのではないでしょうか。

「『孫子』の言うこと、わかりみがありすぎる!」

そんな風に思う曹操の性格って?
横山光輝版『三国志』を筆頭として、一般的に描かれる彼のキャラクターは、とにかく極悪非道になりがちですよね。

されど、無意味な残酷さではない。
面白半分で酒池肉林をするタイプではない。

「酷いっていうけど、ここは殺した方が合理的だからな」
そんな風に考えるタイプです。

我を忘れて行動したのは、父・曹嵩の殺害事件ぐらいでしょうか。
これは別に後世の作り話とも言い切れず、ともかくゾッとする話が残されております。

『孫子』のエッセンスをちょっと考えてみましょう。

 

そこに魔法はいない、そして軍師もいない

大昔から存在し、今でも使えるとされる『孫子』。

魔法のような一冊か?
と思えば実際には真逆で、こんなコトが書かれています。

「迷信を信じている暇があるなら、計算しろ! 現実に戻って来い!」

孫子がこの書物をまとめていた紀元前5世紀。
当時はまだ迷信が支配する時代でした。

天に祈ったから。
そういう運勢だったから。
だから勝てる。よーし、今回も祈ろう!

と、なるのも当時の中国が悪いのではなくて、全世界がまだまだそんなものでした。

それをぶった切ったのが孫子です。

孫子といえば、軍師というイメージがあるかもしれません。
しかし、その言葉を読めば読むほど、軍師は実在しないと言うことがわかってきます。

わかりやすいのが『三国志演義』でしょう。
曹操軍配下の軍師は軒並みパッとしないようにも思えます。

荀彧なり郭嘉なり。著名な文人がいないわけではありません。
ただ、正面切って強いというよりも、兵糧管理や裏方をしている官吏タイプの姿が浮かんできます。

では、なぜ、曹操には軍師が必要なかったのか?
というと、曹操が兵法マスターなので、いちいち軍師に頼る必要がなかったんですね。

もちろん軍議で意見は聞きますが、基本は自分の頭の中に戦術があります。

ここが劉備との違いといえます。
劉備は諸葛亮を迎えるまで、根性と度胸はあっても『孫子』をバリバリにこなせるレベルの知将はおりませんでした。

諸葛亮のライバルといえば司馬懿ですが、彼は基本的に武将であり軍師というのはあくまで後付けのイメージでしょう。

そういう、なんだかよくわからないけどスゴイ軍師像とは、真逆のスタンスが『孫子』です。

例えば『三国志演義』における、祈祷で東南の風を呼ぶ諸葛亮をもしも曹操本人が見たら?

「おい、祈祷で風が吹くか! 気象条件を調べろ、検証しろ!」
そう突っ込むのではないでしょうか。

※横山光輝三国志では普段から近辺の気象条件を調べている設定でしたが

※俺を燃やして団結するなぁ〜〜!!

 

スポンサーリンク

曹操は性格が悪い 否定できません

ガタガタ言ってないで合理的に行動しろよ。
そんな視点こそ、曹操が『孫子』にわかりみを感じた理由でしょう。

ついでに言いますと、
「これは嫌われ者になるなぁ……」
という要素もふんだんに流れています。

それを裏付ける逸話を検証してみましょう。

・効率重視、人情軽視

曹操には、お気に入りの歌手がおりました。
しかし、性格は最悪。そこで曹操は歌手を大量に雇い、訓練をします。

そしてその女よりもうまい歌手が出て来ると……。

「おっしゃー、あの性悪女はもういらんわ!」
曹操はノリノリで、性格の悪い歌手を殺しました。
(『世説新語』)

人を情けじゃなくて能力だけで見ているなーッ!

「さすが曹操様、おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」
となるか、いくらなんでもそれはないっしょ……と思うか。

・まぁ、お前は使えるから許す

「官渡の戦い」を前にして、曹操は激怒しました。
敵である袁紹陣営の文人・陳琳(ちんりん)の檄文があまりに痛烈であったからです。

曹操の出自をバカにする一文を読み、曹操はこいつだけは絶対にぶっ殺すと息巻いておりました。

その一方で、
「これを書いた奴、センスあるな。俺本人ですら、これを読んでいると曹操は最低の奴だと思えてくるわ」
と冷静に評価していました。

そして曹操は袁紹陣営に勝利。
そんな中、陳琳はこれはもう絶対に死んだな……と思いながら、曹操の前に引き出されます。

と、曹操は意外にも彼を許しました。

「お前、文才あるなぁ。でも俺の父と祖父までコケにするのはやりすぎだろ、なんで?」
「いや、だって、引き絞った弓は放たないとダメじゃないですか」

曹操は納得したようです。

まぁ、考えようによっては、陳琳は自分の仕事を適切にこなしたと言えなくもないわけでして。

曹操は許し、仕官させ、陳琳を優遇しました。
のちに陳琳は文人グループ「建安の七子」にまで名を連ねたほどです。

曹操からすれば、
「恨みで降伏した相手を殺すなんて、無駄無駄無駄、非効率だもんな」
といったところでしょうか。

ただ、これは儒教的な価値観からしてもイケてません。
先祖までけなした相手は、絶対に許さない。そのほうが、格好がつくのです。

しかし、曹操の本音はこんなところでしょう。
「儒教で勝てるか? 飯が食えるか?」

・葬式も立派な墓も無駄だ

曹操は、死の間際にこう言い残しました。

「天下はまだ乱れているのだから、葬儀はしきたり通りにはできない。埋葬が終わったら服喪をやめろ。軍団を統率している担当者は部署を離れるなよ。官吏はそれぞれ仕事をしろ。遺体を包むのは平服でよい。金銀財宝を墓の中にはおさめるな」

これも『魏武注孫子』を読むと頷けます。

勝利のためには、ともかく効率効率効率!
そんな風にばかり考えていたら、そりゃこうなるだろうな、と。

曹操の墓はどんな状態で見つかった?最古の「白磁」出土を日本チームが確認

ただ……残された家臣や遺族の気持ちはどうなのよ……と、さすがにツッコミたくなりません?

情けってものがあるでしょ。
そもそもが、儒教社会ですしね。

70代の父と10代の母から生まれた孔子の生涯 『儒教』はいかにして作られた?

曹丕にせよ、家臣にせよ。
曹操の言いつけ通りには動けなかったからこそ、それなりに立派な墓が残されています。

副葬品には、当時極めて貴重である磁器まであり、2019年のビッグニュースになったほどです。

◆特別展「三国志」が東京国立博物館で 関羽の青銅像や曹操の墓の出土品を展示  - ねとらぼ

曹操さん、後世に大事なコトを伝えるために、副葬品は無駄じゃあないんですよ!

・求賢令! 才能さえあればいいから!

曹操は、ともかく効率重視にして人材マニアです。
そこで、こんな命令を出しました。

「才能があれば不倫しても贈収賄するようなクズでも俺は構わない。出世のために奥さんを手に掛けた鬼畜でもいいと思う。ともかく才能さえあればいいから! 才能ある奴、カモンカモン! 役人たちもどんどん推挙して」

これが【唯才是挙(才能さえあればリクルート)】という理屈です。

探す手間が省けるので効率は良い。
しかし素行不良であってもよいものかどうか、そこは引っかかりますよね。

『魏武注孫子』には、
「パワハラをするような上司の元では部下がやる気を失って、反乱を招く。パワハラ上司はすぐクビにしろ」
と書かれています。

これは部下がかわいそうだからという優しさゆえではなく、効率重視の結果ではあります。

・三顧の礼より脅迫だろ!

そんな曹操が仕官を迫った人物が司馬懿です。

ライバル扱いされる諸葛亮が「三顧の礼」で迎えられたのに対し、司馬懿と曹操の場合は全くもって心が温まりません。

「仕官か逮捕か、どっちがいい?」
と迫りますからね。

司馬懿~ボケ老人のフリして魏を滅ぼす 諸葛亮のライバルが演技派だった理由

オイオイオイオイ!

流石にそりゃないでしょ、とツッコミたくなりますが、これも曹操の効率第一主義のあらわれでしょう。

ただ、そういうことをすると恨みを買うわけでして……それが魏王朝の短命につながります。

※司馬懿の王朝簒奪はついにドラマになりました

曹操のこうした逸話から見えてくるものがありませんか?
効率重視で、愛する王の前で斬首した孫子と共通点はありませんか?

 

ラスボスタイプの性格なのだ

曹操は、魅力的ではあり、同時に極めて効率重視なのです。




スポンサーリンク


今の世でも
コスパ!
コスパ!
コスパ!
と言われてウンザリしたことありません?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-, 週刊武春, 三国志

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.