青天を衝け感想あらすじ

青天を衝け第26回 感想あらすじレビュー「篤太夫、再会する」

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
青天を衝け第26回感想あらすじレビュー
をクリックお願いします。

 

役への理解は大丈夫なのか?

もう秋です。

劇中でも明治です。

それなのに、主演のインタビューを読んでいても不安になるのはなぜでしょうか?

彼の責任ではなく、現場がちゃんと資料を渡していないのでは?

◆モデルプレス - <吉沢亮インタビュー>「青天を衝け」でたどり着いた境地「ただそこに居るだけで栄一になれる」 草なぎ剛への憧れも語る(→link

ここで吉沢さんはこう語っています。

「新政府で働くようになってからは、自分が正しいと思うことに突き進むという意味では一緒でも、そのための手段というか、自分の道理とは外れたことや、何かを切り捨てるようなことをいたしかたなくやる場面も出てきます。それが“大人になる”ということなのかもしれませんが、ちょっと“汚さ”を覚える栄一というのは、自分の中でも意識して演じています」

人間の本質って加齢だけそうそう変わりません。

渋沢は天狗党・薄井龍之の嘆願を握りつぶしています。

妻の千代を裏切るようなことも平気でしています。

小栗忠順が見抜いたように「この前まで攘夷だ、幕府はけしからんだの言っておいて、幕臣になったのか」というのが渋沢の本質。

小栗忠順
渋沢より経済通だった幕臣・小栗忠順(青天を衝け武田真治)が消された理由

続きを見る

そういう裏切りを平然とする渋沢像を知らないのか、それともそういうフリをしているのか?

私の疑問は、次の一文を見て溶けました。

「セリフが難しい!経済の話になってくると本当に何を言ってるのかちんぷんかんぷんなので大変です(笑)」

実は、本作で見ていて漠然と感じている違和感の正体がこれだった気がします。主役が意味を理解せずに言っていると思える場面が頻出していたのです。

彼のみならず、多くの方がそう。そこまで難しいセリフでもないし、初期の頃から比べると難易度も語彙力も落ちていませんか?

「おかしれぇ!」

「胸がぐるぐるする!」

なぜ、こんな安易な言葉(難しい語彙を使わない層の言葉)をしつこく繰り返すのか。

疑問だったのですが、セリフの難易度を落とすことで、感情移入をさせているように見受けられます。

『麒麟がくる』は相当語彙力が高いものでした。例を挙げると、信長の台詞が「天下を取る」ではなく「万乗の君」となっていた時は驚きました。読んだことはあっても聞いたことは初めての言葉だったのです。

「万乗の君」とは、一万台の兵車を指揮する君主ということ。

では兵車とは?

古代中国で用いられた戦闘用馬車で、騎乗にとって代わられました。

ゆえに古代中国史でも知らないとパッと想像つかないようなシロモノですが、その単語を言うときの染谷将太さんは理解して噛み締めながら言うような迫力があったものです。

それに、ここまで言いたくないけれど……染谷さんならば、素直にチンプンカンプンとは言わなかったんじゃないか?と考えてしまいます。

慶喜役が乗馬シーンで愚痴っていたインタビューでも思いましたが、仲間内で話すならばともかく、インタビューでここまで赤裸々に本音を語らなくともよいと思えるのです。

「ディーンさんは前回(=連続テレビ小説『あさが来た』)も同じ役を同じ大森(美香)さんの本でやられているので、やっぱり“染み付いている感”というか、(五代が)ディーンさんご自身でもあるなと。ディーンさんの人柄とすごく共存している感じがして、それがご一緒していて気持ちいいなと思うし、すごく魅力的です」

『あさが来た』からの出演者が多く、それを引きずっている人が多すぎてバランスがおかしくなっておりませんか?

あの作品でのディーン様は、せいぜいヒロインを助ける便利なイケメンでした。

しかし、本作ではグラバーから銃器を買って販売する死の商人です。

ディーンさんのルーツである福島県には、こうして売られた銃器で命を落とした人の慰霊碑が各地にある。

そういう五代友厚とディーンさんが共存していてよいのか……そう思ってしまいます。

慶喜と慶喜役を重ねる意見もよく見かけますけど、徳川慶喜と人格的に一致する人間なんて、ろくでもないというのが率直なところです。それこそ「豚一」と皮肉られかねない。

そしてこのインタビューでも、所作指導が甘いと明かされている。

◆NHK大河「青天を衝け」12日再開 吉沢亮「ここからが本領発揮」(→link

そろばんも未経験で「今回、初めて触りました。決まった動きをやるだけなので、手順さえ間違えなければOKみたいな感じです」と舞台裏を明かす。

今年は所作がともかくおかしくて、時代劇はもうダメではないかと不安になることばかり。

その一旦が垣間見える言葉です。

しかし、期待はまだされているようです。

◆ NHK大河「青天を衝け」慶喜がナポレオンルックからの謹慎へ 家族と涙の再会…まるで浦島太郎のその後 第26回見どころ(→link

カリスマ経営者たちによる新展開と、視聴率の“V字回復”に期待したい。

カリスマ経営者たちの新展開とは言いますが、残り15回でどこまで描けるのでしょうか。

ただ、数字のケアについては余念がなく、慶喜を引っ張り、五代友厚をクローズアップする。イケメンがやたらと脱ぐ理由も数字狙いでしょう。広告代理店が好きそうな手法を連発しているわけです。

そうやってなんとか底上げして当初こそよい数字を出し、成功作軌道に乗せる戦術はうまくいきましたけど。

ただ、それも最後まで続くのか。

かつての勢いを失った24時間テレビが裏番組にあろうと、戊辰戦争を描いてイケメンを何人もくどいほど長ったらしい演出で死なせた。

私にはあざとすぎて理解できなかった「ネジを口から出した小栗忠順の斬首」も人によっては「神回!」だったそうで……。

本来最も稼げそうな戊辰戦争で、この数字では……。

 

おまけ:無血開城とは?

あまりに色々とすっ飛ばすため、補足記事が出ているようです。

◆ 『青天を衝け』では描かれなかった新選組・近藤勇土方歳三の別れと“再会”(→link

私も便乗しまして、あのシレッとラストに出てきた慶喜がどれだけ情けなかったか、ちょっと説明させていただきます。

歴史に興味のある方は先へお進みください……。

2021年大河ドラマ『青天を衝け』には、勝海舟が出てきませんでした。

◆龍馬に続き勝海舟も登場せず!? 栄一がパリでカルチャーショック! NHK大河「青天を衝け」第22回見どころ(→link

となると、気になることがある。以前の記事にも書いたが、今作では幕末の有名人・坂本龍馬が登場しない方向。では、江戸城の無血開城に貢献した勝海舟はどういう扱いなのか。まだ登場していない。第20回で、慶喜と側近との会話の中で、部下が「勝麟太郎に行かせましょう」と言っていたので、作中にも存在はしているはずだ。

「幕末の有名人」とされていますが、人気タレントを番組に出せば視聴率が取れるとか、そういう話ではありません。

【無血開城】の立案から実現まで、勝が粉骨砕身して尽くしました。

勝海舟抜きの【無血開城】はありえません。勝が出ないということは、誤解を与えかねないのです。

【無血開城】についてまとめておきましょう。

 

勝海舟、突如呼び出される

慶応4年(1868年)正月、勝海舟は氷川の自宅でのんびりと昼寝しておりました。

阿部正弘に登用されて以来、才智を十分に発揮してきたようで、ことはそう単純でもない。

彼が目をかけていた坂本龍馬らの動きをみた幕閣は、勝の管理不行き届きだと責め立て、左遷しました。

慶喜はそんな勝に泥沼となった第二次【長州征討】の戦後処理を押し付けました。そのうえで和睦条件が気に入らないと一方的に免職したのです。

ズケズケと諫言をする家臣を慶喜は嫌います。有能なイエスマン、自分の手足として働く人物しか近づけないのです。耳に痛いことばかりを言う勝とは相性が合いませんでした。

それが突如、急遽まで呼び出されたのです。

こりゃ何事か?

と、慶喜を乗せた開陽丸が到着する浜離宮に馬で向かいます。そこにいたのは、顔面蒼白、うつむいて誰も話すこともない一団。

縮こまった将軍その人でした。

謡曲で鍛えた喉からほとばしる朗々たる声。明快な弁舌。さしもの勝すら言い負かせない、そんな聡明な姿はそこにはありません。

怯え、カリスマ性が消え去った敗残の将がそこにいました。

しかし、逃亡の顛末を聞き、勝は怒鳴ります。

「なんで大坂城に籠らず、こんなみっともねえ姿で戻ったんですか! あの城に籠ったら、十万に攻められようともったものを……かえすがえすも残念でなりませんな!」

慶喜はしばらく言葉もなかったものの、こうやっと言いました。

「勝、頼れるのはもう、あなた一人しかいないのだ。よろしく頼む」

ちくしょう、なんでぇ……江戸っ子の勝海舟の胸には複雑な気持ちが湧いてきます。

いけすかねえとはいえ、主君は主君だ。それにこうも小さくなられては、放ってもおけねえ!

勝の中で何かが芽生えました。

かくして勝海舟が拾われた一方、捨てられた人物もいます。勘定奉行・陸軍奉行の小栗忠順です。

シャープな知性と深慮遠謀を持つ小栗は、抗戦論を言い切ります。

なまじ有能なだけに、できるかもしれない。それが慶喜からすれば怖かったのでしょう。そのため彼を罷免したのです。

このあと小栗は、罪状もないまま処刑される悲運を味わうこととなるのでした。

そんな小栗にかえて、それまで冷や飯を食わせてきた勝海舟を海軍奉行並に抜擢されたのです。

江戸城総攻撃は3月15日――そう決められています。さあ、それまでにどうすべきか?

 

“腰抜け”将軍を歓迎しない江戸城

和歌山城下で、旗本の竹内重太郎はこう宿の主人にぼやいていました。

「そもそもが、将軍様が健在であれば、俺らはこんな苦労してないと思うんだよな……」

彼は遊撃隊士として逃げる最中でした。

するとひそひそと、宿の主人はこう言ってきたのです。

「ご心配なく。その上様ならお忍びでこの宿に……」

「えっ!」

竹内は唖然としました。確かに何やらそんな気配は察知できました。

こうした慶喜お忍び伝説は複数残されています。それほどまでの電撃逃亡劇が展開されていました。

大坂城から江戸城まで、逃亡の四日間、慶喜は毛布にくるまり、缶入りビスケットで飢えを凌いでいたのです。

勝が目にしたのは、縮こまり、眠れず、飢えていた将軍の姿でした。

慶喜は、もしかすれば江戸城ならばもっとあたたかい歓迎をされるかと甘く見ていたのかもしれません。聡明でありながら見通しが甘い悪癖が彼にはありました。

城内はもう無茶苦茶です。

普段ならば人がいて話声がする広間は、誰もいない。そうかと思えば、あぐらをかいて座り込んでいる奴もいる。怒鳴り出す奴もいる。ブランデーの小瓶を出してクイっとやけ酒をあおっているまでいる。殿中自殺を遂げるものも出てきました。

そんな城に【鳥羽・伏見の戦い】で負傷した会津藩兵が運ばれてきます。

鳥羽・伏見の戦い
鳥羽・伏見の戦いで注目すべきは慶喜の大失態~幕府の敗北 当たり前?

続きを見る

慶喜は自ら見舞いに向かいます。この中にいた島津忠三郎がいきなり慶喜に言いました。

「上様は正真正銘の腰抜けですな。しょせんあてにならない方だ。さっさと国の水戸にでもおかえりなさい。五千の兵でも集めて四境を固めればよいでしょうよ!」

さしもの慶喜も言い返せず、黙り込むしかありません。無礼だと嗜めるものすらいない。誰もが叶わなかった朗々たる弁舌はもはやない。

気づいてみればそれまで自分に向けられていた敬意すらない、冷たく無関心な眼差しが彼に向けられていたのです。

江戸城は針の筵でした。

なにせ、前橋藩家老・山田太郎左衛門らがこう提案していたのです。

「いっそ将軍を禁錮し朝廷に差し出し、徳川家存亡をはかってはいかがか」

それはありだと言いたくもなりますか? いやいや! それは流石にない。

とはいえ、こんなことまで提案されるほど、江戸城は無茶苦茶な状態であったのです。

 

和宮にすがる慶喜

大奥へ通じる御鈴廊下を将軍が歩き、女たちが伏せている。こうした場面は時代劇の定番です。

しかし逃げ帰った上様には、大奥がそんな殊勝な態度を取ることはありません。

なにせ、大奥は慶喜の父である斉昭のころから彼らを憎んでいます。

大奥女中を無理矢理暴行のうえ妊娠させ、予算削減しろといちいちねじ込んできた斉昭。その子の慶喜なぞ、顔を見ることすらおぞましい。

そもそも京都にいて大奥に足を踏み入れてもいない。そのくせ、予算削減だけはしつこかった!

慶喜に対し、大奥は仕返しをします。布団を欲しいと言った相手にこう言ったのです。

「予算削減で余った夜具なぞありません、毛布で寝てください」

徳川将軍の中でも、毛布に包まって眠る羽目になったのは、それこそ慶喜だけでしょう。

大奥の頂点に立つ天璋院篤姫も激怒でした。

弱腰の慶喜なぞ無視し、彼女は奥羽越列藩同盟に激励の書状を送り、かつのちに徳川家達となる田安亀之助に未来を託していました。

篤姫(天璋院篤姫)
薩摩に生まれ 将軍に嫁ぎ 最後は徳川の女だった 篤姫47年の生涯まとめ

続きを見る

奥羽越列藩同盟
奥羽越列藩同盟とは? 伊達家を中心とした東北31藩が戊辰戦争に敗れる

続きを見る

幻の16代将軍・徳川家達ってどんな人? 新しい徳川家を担った元将軍候補

続きを見る

そしてもう一人、大奥から敬愛されていた人物といえば、家茂の未亡人である和宮がいます。

夫の死後、京都に戻ることもできず、この大異変につきあたったのです。

慶喜が会いたいと熱望した和宮は、夫の死後は剃髪し二の丸で暮らし、静寛院宮と称されています。

彼女に慶喜は泣きつき、朝廷に逆らうつもりはなく行き違いだった、やむを得ないことだったと弁解につとめます。

そのうえで、徳川家存亡を朝廷に頼んで欲しいと訴えたのです。

和宮『静寛院宮日記』には、嫁いだからには徳川家を滅ぼしたくないと書かれており、美談として引用されます。

その一方で、和宮が当時残した書状には本音が書かれていました。

夫であった家茂のために苦労をするならば、わかるけれども。よりにもよって朝敵、慶喜ごときのために身命を捨てるなぞ、父である帝を穢すことになる。残念でなりません――。

ここまで慶喜に冷えきった心はあったとはいえ、和宮は己の役割を果たしました。内心はともかく、朝廷との交渉を引き受けているのです。

慶喜は、天璋院と和宮の慰霊は欠かさなかったとされます。よほどこたえたのでしょう。

このことを聞いた大久保利通は「あほらしさの限りの御座候。」と書きました。

朝敵として討伐されながら、隠退くらいで謝罪になるって? 舐めてんのか? そう苦々しい思いが記録されています。

刀を抜いたらただでは収めない薩摩隼人とすれば、ますます闘争心が掻き立てられたことでしょう。

薩摩藩の面々は、会津藩のようにきっちりと筋目を通した相手は武士として敬愛を示します。敵ながら天晴れ! というわけです。

しかし慶喜についてはハッキリと軽蔑しています。

慶喜の態度はかえって西軍を硬化されたのです。

慶喜は周囲の感情も、情勢も、何も読めていません。【無血開城】に向けてはさしたる役目も何もありません。

かつて慶喜に翻弄された山内容堂、松平春嶽らは朝廷工作に役目を果たしていた証拠があります。言うまでもなく和宮もそう。

しかし、松平春嶽がいつでも優柔不断であると評した慶喜は、己の命を守るべく右往左往するばかりでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-青天を衝け感想あらすじ
-