日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 毛利家

知られざる毛利元就の子供たち 三兄弟以外はダメな子って本当なの!?

更新日:

 

「なくて七癖」というように、本人には自覚がない習慣って誰しもありますよね。

あるいは、親兄弟の類似点もそれと似たようなもので、親から見れば「ダメな息子」でも、他人から見れば「いやいや親御さんに似てすごいじゃないですか!」といったこともあると思います。まぁ、謙遜やお世辞の場合も多いですけども。
本日はとある戦国武将一家のそんなお話です。

慶長二年(1597年)7月9日、毛利元就の四男・穂井田(ほいだ)元清が亡くなりました。

今日の主役はワシの息子!by毛利元就(絵 富永商太)

今日の主役はワシの息子たち(絵 富永商太)

【TOP画像】毛利元就/wikipediaより引用

 

「虫けらのような分別のない子供たち」って!?

穂井田元清とは、元就が三矢の教えの元ネタ・三子教訓状の中で「虫けらのような分別のない子供たち」とボロクソに言っていたうちの一人です。

でも、この書状が書かれたときってその子たちまだ年齢一ケタなんですよね……元服してもアレな感じだったら、けなすのも仕方ないですけども、そんな小さい子を罵るのもどうよ? という気がしなくもありません。

「最初の正室・妙玖の子である毛利隆元・吉川元春・小早川隆景(三本の矢)と、側室や継室の産んだ子供を区別するためだった」といわれていますけれどね。「虫けら」の後には、「もしそれなりの出来になったとしたら、遠方にでも領地をやってくれ」といったことも書いていますし。

こちらは勇将として知られた次男の吉川元春さん/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

三国志・張遼ばりの働き・・・は言い過ぎだけど

しかし、母親が違うとはいえ、稀代の謀将・元就の子がそんなアホなわけはありません。
元清は立派に成長し、元就の後半生から秀吉の時代にかけて、毛利家を陰になり日向になって支えました。

元就が九州に手を出したときには、毛利領の東端・備中(現在の岡山県西部)で宇喜多直家(過去記事:裏切り・暗殺の達人!宇喜多直家が織田家に降伏【その日、歴史が動いた】)に攻め取られた城を奪い返しています。

また、その翌年である永禄十二年(1569年)には九州に同行し、数々の戦いに参加したかと思えば、年の内に備中へ戻っています。忙しいですね。
一旦は負けてしまったのですが、数年後には見事挽回しています。

その後も宇喜多家との戦いに参加していましたが、信長の命で秀吉による中国攻めが始まると、今度は秀吉と戦うことになりました。
このときは、秀吉軍に包囲された味方を、自ら兵を率いて救出。三国志の張遼(※)とまではいきませんが、これ助けてもらったほうは感激したでしょうねえ。

※三国時代の魏の武将。合肥というところで呉と戦い、自ら出陣し、包囲を破り、兵を救出するために再度敵中に飛び込んで三度包囲を破ったといわれている人。
ちなみにこれは「三国志演義」ではなく史書の「三国志」に書かれている。つまりリアル三○無双。

 

スポンサーリンク

息子は慶長の役で総大将!

とはいえ主家であり実家である毛利家が秀吉に従うことになった後は、元清も素直に臣従しています。四国及び九州征伐に参加し、日頃の忠勤を輝元からも評価されて、1万2000石の領地をもらいました。

また、元春や隆景が他の家として毛利家を支える立場であったのに対し、元清は「血縁のある家臣」として毛利家の家老といった立ち位置になっていたようです。
朝鮮の役前半戦・文禄の役では、病身の輝元に代わって毛利軍の総大将を務めるほどですから、やはり日頃から信頼されていたのでしょう。

ちなみに、後半戦である慶長の役では、元清の息子・毛利秀元がやはり輝元の代理として総大将をやっています。親子揃って確実に元就の血を引いていることがよくわかります。

ところで、朝鮮の役って休戦期間を含むとだいたい6年くらいやってたんですけども、輝元はいったい何年間闘病してたんでしょうね。もしかして、元清が「生きて帰って来られるかわからないところに輝元様を送るわけにはいかないから、病気ということにして、代わりに私が行きましょう」とか言ってたんでしょうか。
日頃から母や弟たちのことを気遣うやさしい人だったそうなので、いかにもありそうな話です。
……元就は息子より孫の心配をしたほうが良かったんじゃないですかね(ボソッ)

 

清正の虎退治よりも上!? 2頭を見事に生け捕り

元清の話に戻りますと、彼は秀吉の所望により、朝鮮で虎狩りをして見事2頭を生け捕り、日本に送っています。朝鮮で虎の話といえば「加藤清正の虎退治」(※ただし本当は黒田家臣の話)ですが、退治するより生け捕りにするほうが難しいですから、元清の話がもっと広まっても良さそうですよね。
多分、どっちがエライ・すごいというより、本人の知名度の問題なのでしょうけども。

ちなみに、この虎はときの天皇・後陽成天皇の御前にも入れられたそうです。その後どうしたんでしょう。

しかし慣れない土地で戦やら虎の捕獲やらをしていたせいか、帰国後の元清は程なくして床についてしまいます。
ちょうど異母兄・隆景も病がちになっていて、「どちらが先にこの世をお暇するだろうな」なんて話をしていたとか。隆景とは元就存命中から共に兵を動かすことも多かったので、昔語りに花を咲かせることもあったのでしょうね。泣ける。

 

お金の計算については別の兄弟がお得意科目♪

元就の側室の子供の中には、元清の他にも一廉の人物がいます。
二宮就辰(なりとき)という人で、元就の正室が病みついていた頃に生まれたため、しばらくの間毛利の血を引くことを隠されていました。
身分や立ち居地としては元清と同じになるはずが、そうした事情のせいで出生年や誕生日がはっきりしていません。

しかし、能力としてはやはり元就の息子。
特にお金を工面することについては大いに才能を発揮し、広島城築城に際しての資金繰りでは、検地その他あらゆる手段を講じました。
広島城については、秀吉に翻意のないことを示すために、築城予定地にわざと地盤の良くないところを選んだともいわれており、余計お金がかかったという説がありますね。
現場監督は元清と就辰二人でやっていたのですが、これを知っていたからこそ何が何でもお金を集めたのでしょう。多分。

毛利家は現在まで血筋が続いている大名家の一つですが、実は途中から元清の系統になっています。
輝元の子孫が断絶してしまったので、元清の子孫が本家に入って跡を継いだのです。つまり、元就の血が今も確実に残っていることになるわけですね。

今頃、元就はあの世で息子に「毛利の血を残してくれてありがとうよ。虫けらとか書いてごめんな(´・ω・`)」とか言ってるかもしれませんねえ。

長月 七紀・記
【関連記事】
元就さんの75年!→毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか 人生75年の出世ストーリー!
長男の隆元!→毛利元就の長男・毛利隆元は卑屈なれど優秀だった!? 失って初めてわかるその偉大さ
次男の元春!→吉川元春こそ漢の中の漢!「俺の嫁がブスだと? だがそれがいい」
三男の隆景!→毛利三本の矢の一本・小早川隆景とは? 王佐の才は元就にも秀吉にも愛された
他の兄弟たちも注目!→知られざる毛利元就の子供たち 三兄弟以外はダメな子って本当なの!?
元就エピ1→毛利元就 75歳まで長生きできた秘訣は禁酒!
厳島の戦いエピ1→鮮やかすぎる厳島の戦い! 世界遺産を舞台に毛利元就の奇襲作戦が大成功
厳島の戦いエピ2→毛利元就を大大名に押し上げた『厳島の戦い』 勝因は元就の謀略ではなく女性だった!?
お孫さん(輝元じゃないほう)→毛利秀元とは? ホントはすごかった毛利元就の孫

スポンサーリンク

参考:穂井田元清/wikipedia 二宮就辰/wikipedia 山口県史跡かわらばん

 

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-その日、歴史が動いた, 毛利家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.