日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた

雪駄と草履、草鞋の違いは? 身近なようで意外と知らない日本の履物ヒストリー

更新日:

どんな人でも、一つや二つくらい「こだわりの品」というものがあるのではないでしょうか。
身につけるものだったり、日常的に使うものだったり、はたまた家具や家電などの大きなものだったり。
本日はおしゃれにこだわる方々の基本ともいわれる「アレ」と、その仲間たちのお話です。

明治三年(1870年)3月15日は、佐倉藩士・西村勝三が日本初の西洋式靴工場を築地・入船町に創設したとされる日です。

ここでいう「西洋式靴」とは、今日我々が履いているような靴のこと。逆に言えば、この頃までは現在のような靴は日本で作られていなかった、ということになりますね。
本日はその辺を踏まえて、日本人が物理的に歩むために使ってきた履物の歴史をたどってみましょう。

 

衣冠束帯に合わせて貴族が履いたのが浅沓

靴というモノ自体は、紀元前3500年頃に生まれたと考えられています。
しかし、日本では全く別の履物が用いられてきました。そもそも庶民は裸足で過ごしていた時代も長かったですし、履物自体が一定以上の身分の人が使うものだったのです。

公家の用いていた履物には、そういった点が顕著に現れています。
公家の衣装として有名な「衣冠」や「束帯」のときに履かれていた靴の一種が「浅沓(あさぐつ)」です。その名の通り、木製で浅めに作られており、日常的に使われていました。サラリーマンにとっての革靴のようなものですね。
形状としては、スリッポンとサボの中間のような感じでしょうか。もちろん、材質などは違いますが。

公家の衣装で「靴」といった場合には、革製&浅沓よりも深く作られた履物を指します。
他に長靴に近い形状で雨の日に使う「深靴」や、下層役人が使う「草鞋(そうかい)」など、用途や立場によって何種類かの履物がありました。
草鞋(そうかい)は「草鞋(わらじ)」と同じ字ですが、形状はかなり違います。現代でも雪国の冬の行事で使われているような、わらで作った長靴のようなものです。

 

スポンサーリンク

「いざというとき裾をからげて走り、駆けつけるものだ」という江戸の習慣

庶民……というより農民が使っていた履物としては、「田下駄」があります。
文字通り、水田などのぬかるんでいる地形で作業を効率化するために作られたものです。こちらは弥生時代から使われていましたが、牛や馬に犂(すき)を引かせるようになると、あまり使われなくなりました。

「田」がつかないほう、浴衣などでお馴染みの「下駄」は、やはりお偉いさんが用いていたようです。
「草履(ぞうり)」や「草鞋(わらじ)」などは平安時代あたりから下層役人に使われていましたが、武家社会でそういった「鼻緒がついた履物」が常用されるようになってから、下駄とともに一般化していきました。
そもそも「下駄」という表記が一般化したのも江戸時代のことです。

では、なぜ武家や江戸時代の庶民に、鼻緒のついた履物が重宝されたのでしょうか。
これには「いざというとき(家族の急病や火事など)は裾をからげて走り、駆けつけるものだ」という江戸の習慣……というか、社会通念が影響したと思われます。

一昔前「佐川急便のトラックに描かれている飛脚のふんどしに触るといいことがある」というジンクスがありましたよね。飛脚だけでなく、江戸時代の庶民の男性は、何かあったときに着物の裾を大胆にまくり上げ、全速力で走るのが普通だったんだそうです。
飛脚の人たちについてはそもそも急ぐのが前提の仕事なので、ふんどし姿が制服のようなものでもありました。大工や漁師など、「着物の裾が邪魔になる」とされた仕事も同様です。
現代でもたまーに「裸足のほうが早く走れる!」という人がいますが、「本当に急ぐときには履物なんぞいらん!!」という考えも、現代よりは一般的でした。

この辺が組み合わさって、「履物はいざというとき踏ん張れるものがいい」=「鼻緒が不可欠」ということになっていったのでしょう。
その中でも草鞋は、繕いやすく安価なことから、日常生活でも旅のときも使える便利なものとして広まりました。
下駄も少しずつ一般化していきましたが、最初のうちはやはり「雨で道がぬかるんでいるときに履くもの」とみなされていたようです。
現代でいえば、草鞋が普段の革靴やパンプス、下駄がレインブーツや防水加工のされた靴、といった感じでしょうか。
逆に考えると、「公家は全力疾走などしないので、鼻緒のついた履物は必要なかった」ともいえそうです。

 

スポンサーリンク

裏に金具のついた雪駄 茶人によって生み出された!?

他に、江戸時代にあった特徴的な下駄としては、花魁の用いた高下駄があります。三枚歯・二枚歯など形状はいろいろありますが、高さ30cmあるものも珍しくなかったとか。
当時の日本人女性の平均身長が140cm台だといわれていますので、30cmの高下駄を履いたら170cm台。衣装の絢爛さや本人の美貌はもちろん、これだけの高さに顔があれば、花魁道中でさぞ見栄えがしたでしょうね。
こんなに高い下駄を履いていると、自然にゆっくりとした足取りになりますから、これも花魁としての格を見せつけることになりました。
こちらを現代で例えるとすれば、12cmくらいのハイヒールを履いたスーパーモデルといったところですかね。

また、茶人などの間では「雪駄(せった)」も使われました。
現代では男性が和装をする際の正式な履物とされているものですね。成人式で和装をした方は、履いた覚えがあるのではないでしょうか。草履の裏側に革を貼り、かかとに金具をつけることによって、より丈夫で湿気を通しにくくしたものです。
雪駄は、千利休もしくはその知人・丿貫(へちかん)が「水を打った道でも歩きやすいように」「雪が積もったとき歩きやすいように」といった目的で作ったものといわれています。
茶人となれば大名や豪商とのお付き合いが多いですから、足元が悪い中でも速やかに出かけねばなりませんものね。「仕事のために自ら履物を改造した」と見ると、茶人もなかなか大変な仕事だったのだなあ……という気がしてきます。

裏に金具のついた雪駄/wikipediaより引用

こんな感じで「公家は浅沓とその他」「武家と庶民は草鞋・草履・下駄」「茶人は雪駄」といった履物の住み分けがありました。

もう一つ、日本独自の履物として「地下足袋」がありますが、これは意外にも明治時代に生まれています。
そもそも地下足袋の裏につけられているゴムが、明治時代に日本に入ってきたからです。それまでは革足袋や、足袋の裏側に厚手の刺し子生地を縫い付けた刺子足袋が使われていました。
ある意味、西洋靴と地下足袋は同級生みたいなものなんですね。

明治時代の庶民にとっては、西洋靴よりは地下足袋のほうが受け入れられやすかったようです。そもそも築地に西洋靴の工場が作られたのは、軍用の靴を量産するためだったのですけれども、兵には地下足袋のほうがウケがよかったとか。金額や足音の小ささなども、軍用に適しているとされたようです。

現代の一般人が地下足袋を履く……という機会はあまりありませんが、下駄や草鞋については、歩くときに踏ん張るため、足の筋力や健康に良いんだとか。
最近では洋服にも合わせやすいデザインのものもありますし、一足あると便利かもしれませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:日本靴卸団体連合会 靴/wikipedia 浅沓/wikipedia 草履/wikipedia 雪駄/wikipedia 草鞋/wikipedia

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.